アステリア アマサーラ化粧品

あなたにとって本当に必要なものだけをラインナップ。「守る」発想からうまれたナチュラル化粧品

添加物を蓄積させない毎日のお肌ケアを届けたい・・・
その想いだけが、私たちがこだわり続ける理由です

▼ご注文はこちら

「あの化粧品、かなり効果があるらしい」と耳にすると、
あれもこれも、とにかく使ってみたくなる。
そうすることで、「ちゃんとお手入れしてるのよ」って
安心感が、自分の中に生まれるから。

でもちょっと待って。お肌の声に耳を傾けてみてください。
あなたのお肌は、本当にそれらが必要だと訴えていますか。

紫外線、合成添加物、排気ガス、空気中に含まれる有害物質・・・
昔と違って、様々な刺激が私たちの周りにあふれています。

だから、本当に必要なことは、できるかぎりシンプルなケアで
やさしく「守ってあげる」ことではないでしょうか。

アマサーラは、既存の補填するスキンケアとはまったく異なる
「守る」というコンセプトが育んだ、純正統派の化粧品です。

アステリアの想いは、常にお客様に必要なものだけを届けること

ガンガー・シャンティが聞いてきました!:「足す前に、守る」が、アリステアの出発点。

中川
基礎化粧品のシリーズというと、各種用途に応じたさまざまなアイテムを取りそろえているものが多いですが、アステリアさんのシリーズはとてもシンプルなラインナップですね。


小林社長
アステリアは常にお客様の声にお応えする形で、一品一品、研究に研究を重ねて開発してまいりました。『守る』というコンセプトから派生して、本当に理由があって一品ずつ加えられてきたのが、「アマサーラ・スキンケア」のラインナップです。徹底して添加物を使用せず、常にお客様にとって必要なものだけを選りすぐって配合して生まれたスキンケアシリーズです。


中川
『守る』という点について、少し詳しくお聞かせいただけますか。


小林社長
お肌が荒れたり老化してきたりすると、とにかく何かをプラスしようという発想が主流ですが、私どもが提案するのは、その前にまず、荒れない環境を作っていただきたいということなんです。いくら高価な栄養クリームや美容液があっても、つけて、荒らして、つけて、荒らしてをずっと繰り返すようでは、何の意味も無くなってしまいます。
まずは、荒れない環境を自分で作り、その上でプラスしていくようにすると、不必要なものを足さなくてすむようになります。まずしっかり守ることで、お肌をどの状態にまで持っていけるかをよく観察してみていただきたいと思います。
私たちひとりひとりのお肌には、「本来の自分の肌に戻ろう」という働きが必ずあります。それが様々な環境条件によって阻害されて、お肌が荒れる原因となります。プロテクションクリームは、外的刺激からお肌を『守る』ことによって、「戻ろうとする力」をサポートします。そうして、自分本来の元気な美しい肌を取り戻すのです。

アマサーラ


中川
なるほど、「足す前に、守る」が、アリステアさんの出発点ですね。


小林社長
本来、お肌には保護機能がありますが、お肌の状態が悪いほど、保護機能が低下し、刺激をダイレクトに受けやすく、お肌に必要な保湿成分が蒸散されてしまいます。必要以上に蒸発させている状態ですから、時間が経てば経つほどカサカサと乾燥してきます。あまりに日常的に起こっているので、多くの人達にとってはそれが普通なことで、化粧水の次に乳液、その後にクリームを塗る行程も当たり前のように毎日なさっていると思います。でも、お肌の表面にきちんとした保護膜が出来れば、蒸発すべきところからだけ蒸発し、しっかりと呼吸が出来て、汗をかくべきところからちゃんと汗が出ます。

プロテクションクリームは、外的刺激から肌を保護する効果と、皮膚を荒らさない効果、そして保湿効果があります。従来のスキンケアは、「荒れたらとにかく栄養を足しておけば大丈夫」という発想でしたが、もう、そんな時代ではないと私は考えます。日中、いかに荒らさないようにケアしてあげるかで、肌の健康状態は大きく変わってくると思います。

【プレマ株式会社】 代表取締役 中川信男


中川
元々は作業される方々の手荒れを防ぐものとして開発されたと聞きますが、手に限らず、お顔や全身にも使っていただけるそうですね。


小林社長
人それぞれ、荒れやすい箇所ってありますよね。「私は冬になるとひざがガサガサになる」とか、「唇が荒れる」とか、みなさん悩みをお持ちだと思います。まずはそういったところからお試しになって、様子を見ていただき、守るということがいかに大切かを体感いただければと思います。
このプロテクションクリームをきっかけに、余分なものを使わずに済むようになるはずですし、本当にお肌にとって必要なものだけを選んでいただけるようになればうれしいです。


中川
みなさん、不必要なものを使いすぎていることが更なるトラブルの原因になっているのでしょうね。


小林社長
皮膚の角質層には、天然保湿因子が存在します。自分で自分自身を保湿させようとする保湿因子です。そんなすばらしいものを私たちは持っているというのに、たくさんの添加物を与えているせいで、それらが全然活躍できない状況を作り上げてしまっているのです。その結果として、毎日洗顔したら、化粧水、乳液そしてクリームをたっぷりとつけなければいけないコンディションに陥ってしまっています。本来、スキンケアは毎日つけなければいけないものではないのです。
昔の人達は余計な添加物を肌につけなかったので、保湿因子がきちんと働いていたと思います。現在は、その機能がだめになってしまっているので、添加物が一切入っていないエキスで、お肌と同時にご自身の保湿因子も元気になっていただきたいという願いがあります。
面白いことに、弊社のアイテムをずっと使い続けますと、ご自分でお肌に合わないもの、大丈夫なもの、合うものが分かりやすくなってくるんです。まずは添加物フリーで元気を取り戻していただき、その先はご自身が備えている「元気に保とうとする力」を鍛えていただきたいものですね。

【アステリア化粧品】 代表取締役 小林真理子


中川
それは口にする食べ物についても言えることですね。なにか、使い方で気をつけるべきことはありますか?

小林社長
プロテクションクリームは、先に塗ったものを封じ込めて、外からの刺激をしっかりガードする仕様です。ご使用前には必ず手を肌をきれいな状態にしてお使い下さい。

河原
そこをご理解いただいたうえでお使いいただかないといけませんね。


小林社長
そうですね。河原さんにもこれ使っていただいてますよね。


河原
使わせていただきました。私、すごく面倒くさがりなので、いろんなものをつけるのがいやなんです。


小林社長
じゃあ、1本ですむので楽ですよね。


河原
そうなんです!いつもそういうものを選ぶんですが、乾燥したり、もの足り無さを感じたりしていたんです。ところが、プロテクションクリームは、これだけでまるで美容液や栄養クリームを塗ったほどのしっとり感。すごいです。
クレンジングを使った後に、このプロテクションクリームを使ったら、もう本当にすごい!お肌がきしまないんですよ。


中川
そうそう!クレンジングも、ほんとビックリするよね。


小林社長
クレンジングに求めるられるのは、やっぱりスッキリ感なんです。弊社のナチュラルクレンジングをご愛用のお客様は、ほかのものでクレンジングすると、何となくまだお化粧が残っているような違和感を覚えられます。
中川社長は体にとって本当に良いものだけをずっと追求されている方なので、認めていただけてとても嬉しいです。


中川
使用感がいいですよね。男性の私でもわかる良さなので。さっぱりするけど、全然カサカサにならないんですよ。


小林社長
男性やお化粧をされてない方は、酸化した皮脂汚れをお顔に張り付けたまま一日過ごされることになります。さらに、空気中のホコリとか、排気ガスだとかもお顔にべったりと付着した状態です。お化粧される方と大差ないほどお顔が汚れているにも関わらず洗顔に対する配慮が甘いと、「私、何も付けていないのよ」という方も、汚れがキチンと取れていないせいで、すごくくすんでらっしゃることが多いんです。
メイクする人もしない人も、男性の方も、それぞれ使用量を調整して使っていただければと思います。

中川
なるほど、使用量を加減すれば家族全員で使えるわけですね。

アマサーラ


小林社長
弊社のアイテムはすべて、ご自分に必要なものだけを、必要な状態の時に、選んで使っていただくというもの。お肌の状態に合わせたオーダーメイドといいますか、自分のお肌に向き合って量を決めていただくことが出来ることが、一般向け化粧品会社さんと異なる点です。
乾燥している人は若干多めにローションをつけるとか、美白エッセンスの量も気になり具合に合わせて増やしたり、少量にしたり。今日はしっかりパックまでしようとか、今日は化粧してないから少量で泡立てとか。

化粧品漬けにされてしまっている方が多いのが、すごく怖いことだなと思っているんです。女性って、精神的な恐怖感もあって、「あなたのお肌だったら、この化粧水と、この乳液と、このクリームを毎日朝晩ね」と言われると、それを使わないと、もうダメなんじゃないかって思ってしまうんですよね。
例えばある化粧水を毎日使っていると、ローション自体の潤いを感じて、「あ、すごく良い」と錯覚してしまい、その潤い感が切れてしまうと、「あ、また、つけなきゃ!」という風に・・・。その商品をつけていないと潤いが切れるという感覚は怖いなあって思います。

アマサーラシリーズには、クレンジング、ローション、美容液、そしてクリームがあるので、これらをすべて、この順番で毎日使ってくださいという案内は絶対にしません。使う方ご自身のお肌の状態に合わせて、何がどれだけ必要かをピックアップして使っていただきます。そして例えば、「毎日ローションを使っていたけれど、この頃は一日おきで大丈夫になのよ」というところまで元気になっていただけることを願っています。
それがアステリアの願いであり、そこまでのサポートをさせていただきたいという想いでいっぱいです。

河原
私自身が実感したことなのですが、アステリアさんのその想いは、使ってもらえば分かるって感じがするんですよ。


小林
ありがとうございます。十分な説明が必要なアイテムばかりではありますが、弊社の商品というのは非常にリピート率の高い商品ですので、ご理解いただいて使ってみていただければ、本当に気に入っていただけると思いますので、これからもずっと、お客様のお声と共に、お客様に必要なものだけを作り続けて行きたいと思います。


中川
よく分からないまま使ってしまうと、違う結果が出てしまうようですね。では、この先は小林社長に、それぞれの商品についてじっくり個別にご説明いただくことにしましょう。

そのお肌、赤ちゃんがkissしても大丈夫?

アマサーラは8つの無添加にこだわり、「有害添加物の蓄積ゼロ!」を目指しました。つけた後でも安心してかわいい子どもたちに頬ずりできるから、子どもたちの肌に何度も触れるママにも嬉しいスキンケアシリーズです。

添加物を蓄積させない毎日のお肌ケアを目指したい・・・

アマサーラ

優しさを追求し、添加物を蓄積させない肌作りをするために、徹底的に無添加にこだわりました。
さらに自然由来成分をたっぷり配合することにより、
実感できる、続けたい無添加スキンケアを目指したシリーズです。

安心8つの無添加処方

アマサーラ基礎化粧品は下記にある8つ以上の成分が無添加。
特別ケア商品(プロテクションクリーム)は6つの成分の無添加です。

添加物 基礎化粧品 特別ケア商品
アマサーラ ナチュラル
シーローション
アマサーラ ナチュラル
ホワイトエッセンス
アマサーラ ナチュラル
クレンジング
アマサーラ ナチュラル
プロテクションクリーム
香料 × × × ×
着色料 × × × ×
防腐剤 × × × ×
界面活性剤 × × × ×
動物由来成分 × × × ×
紫外線吸着剤 × × × ×
増粘剤 × × - -
アルコール × × × ○ 
合成油 × × × ○ 
発泡剤 - - × -
※アマサーラ ナチュラルプロテクションクリームに配合されているアルコール・合成油は植物由来成分のものを使用しております。
アマサーラ ナチュラルトゥリークレンジング
メイク落とし、洗顔料
アマサーラ  ナチュラルトゥリークレンジング

内容量200ml

木々の恵みと無添加で洗う気持ち良さを感じていただける、クレンジング洗顔料です。
メイクや毛穴・皮脂汚れをすっきり落とし、キメをキューッと整えます。 
キラキラ輝くつややかなお肌にしてくれるヒノキや白樺のエキスがたっぷり入っています。洗った後のお顔を鏡で見るのも楽しみになってくるはず。
手や顔が濡れていても使えるので、お風呂の中でもお使いになれます。
洗った後のスッキリ感とキシまない保湿が自慢の一品です。

【ご使用方法】


1本で2種類の洗い方でのメイク落としと洗顔ができます。
オイルクレンジング 適量を手にとり、お肌になじませるようにつけた後、 水またはお湯で流してください。
泡立て洗い 水で手を濡らし、軽く手で泡立ててからお肌になじませ、 水またはぬるま湯で洗い流してください。

一日2回の洗顔で2ヶ月程度使用できます。

※ 自然由来成分使用・無添加ゆえに木のエキスのおりが出ることがありますが、 品質には問題ありませ ん。果実のエキスをそのまま目に入れたら痛いのと同様に、高濃度の植物エキスが目に入るとしみますのでご注意ください。

アマサーラ  ナチュラルシーローション: アマサーラ ナチュラルシーローション グランデ
化粧水、美容液、マッサージ、ローション、コットンパック
アマサーラ  ナチュラルシーローション
内容量100ml

アマサーラ  ナチュラルシーローション グランデ
詰替用 300ml

お肌への優しさを一番に考え、「元気で健康なお肌を作っていただきたい」という思いから、徹底的に無添加にこだわった結果、8つの成分の無添加を実現しました。
化粧水から美容液までこれ一本。コットンにふくませてパックとしてもお使いいただけます。また、とろとろのテクスチャーなので、マッサージローションとして使用するのもおすすめです。
松・アロエ・ヨモギ・クワなどの植物エキスがお肌に潤いを与え、お肌をソフトに、みずみずしく整えます。
これ一本しか使ってないというお客様の多い、少量でも潤う嬉しい一品です。

【ご使用方法】
高濃度エキスだからこれ一本で、化粧水、美容液、栄養クリーム、マッサージローション、コットンパックとしてもお使いになれます。
化粧水として朝晩2回のご使用で、2ヶ月~3ヶ月程度の使用が可能です。

※ 自然由来成分使用・無添加・高濃度ゆえにボトルの下に沈殿物があります。
ご使用になる前にボトルを逆さにしてよく振ってください。全てが溶けきらなくてもOKです。

間違いだらけのケアはもう卒業!


アステリア小林社長VSカリスマメイクアップアーティスト冨田氏
赤裸々!今どきのスキンケア対談
冨田泰三

冨田泰三
のべ10万人以上を美しくしてきた
25年の実績を持つメイクアップアー
ティスト。 サロン経営、ヘアメイク、
毛髪診断士、美容コンサルタントとして、
メディアを含め幅広く活躍。

小林 ここ数年で人の肌にたいする意識って変ってきてると思いますか?

冨田 以前よりずっと意識は高くなってきたと思うんだけど、方向性がね……。

小林 具体的にはどんな方向性でしょうか?

冨田 なんでもいいから顔につけてると安心っていう、いいと言われるものは何種類も使うタイプ、もしくは顔の肌状態が悪くてもメイクでカバーしてキレイに見えさえすればいいというタイプ、使ったらその場で瞬時にシワがなくなったとか多少の副作用がでても、プチ整形なみの劇的な変化を求めるタイプっていう感じが多く、みんなその場だけよければいいという傾向にある気がするんだよね。

小林 つまり、◎多種類依存型、 ◎現状隠ぺい型、◎一時的矯正型の3種が主流だという感じでしょうか?

冨田 そうだね。その3種のタイプの人は今すぐの改善が必要だと思う。

小林 多種類を使用して、必要のないものまでお肌につけてるというのは、お肌にとってそれもまた負担なんですよね。

冨田 イメージとしては、植木に水や肥料をあげすぎてダメにするって感じだね。
栄養ってあげすぎると、人間の自分本来の機能というか力がパワーダウンしていくんだよね。

小林 まさにその通りです。
あと、肌状態が悪いのにいろいろなものでカバーしてしまうのも問題ですね。

冨田 メイクって荒れてる人ほどいっぱい塗ってしまうという習性があるんだよね。
荒れてるところにベタベタ塗ると、結局時間が経った時に何もしてないときより肌は汚くなってしまうし、肌荒れが目立つし、肌の状態もますますひどくなってしまう。

小林 肌が汚い時ほど隠そうとする女性心理は痛いほどよく分ります。

冨田 あとつけただけで劇的な変化?。これは素晴らしいけど、危険だね。
だってつけてその場で変るなんて、元から変るわけじゃないんだから、どういう負担が潜んでるのか考えて使ってほしいところ。

小林 なにが負担がかかってるかってなかなか考えにくくて、肌にどーん! と何かトラブルがでてから、どうしよう? って思うものなんですよね。

冨田 その時は遅いよね?

こばやし・まりこ

こばやし・まりこ

化粧品製造会社や美容総合卸商社で様々なスキンケアに携わってきた経験を活かして、本当にお客様にすすめたいケアを考え、2002年に会社を設立。
必需品的スキンケア商品をプロデュース。テレビショッピングで5年以上の販売実績を持つ。

小林 ケアである程度戻せたとしても、そのトラブルを経験する前の肌には100%完全には戻れないんですよ。
画用紙に線を引いて、消しゴムで消したら、線は消えたとしても、それはもう新しい画用紙じゃないですよね。
ただ気付いた時にもう遅いからと何もしないのはもっとダメです。

冨田 気付いた時からケアを始めた人としない人はやっぱり差がでるよね。

小林 冨田さん、現場で見る肌のきれいな人ってどんなタイプの人ですか?

冨田 きっちりと正しいケアをしてる人と全くケアをしてない人。

小林 それって一見真逆な感じがしますね。

冨田 きちんと正しくケアをすれば、するだけじんわりと結果はでてくる。ただ間違いだらけのケアをしてるくらいなら、何もしない人の方がきれいだということ。

小林 なるほど。
冨田さんの考える正しいケアとはどんなものでしょうか?

冨田 優しくスッキリと洗う、優しくたっぷり潤す、そしてしっかりお肌を守る、この3点ですね。まさに小林さんがやってる「アマサーラ」そのものだと思う。

小林 ありがとうございます。
アマサーラは優しくて安全・安心をモットーに、8つの無添加を実現させて作りました。
優しくて、力強い、そんな頼れるスキンケアなんです。こういうパートナーって理想ですよね。自分が掲げた理想が高すぎて、しかも全く妥協ができず、開発には数年、私の青春をかけました。余談な話ですみません。つい商品の話になると熱くなってしまうんです。

冨田 それだけ自分の商品に熱くなれるのはいいことです。
僕はサロンの経営もしてるので、毎日いろんな業者の人からすごい数のサンプルがくるんだけど、これだっていう商品がなかなかないんだよね。
”なんでだろうっ“て傾向を見てると、やはり添加物が多かったり、動物性のものを使ってたりするんだよね。

小林 世の中で動物性が好きという人もいるかもしれないけど、私は動物のものを食べたり、飲んだり、顔に塗ったりするのにすごく抵抗があるんです。
極端な例ですが、顔がカサカサするからと動物から抽出した内臓のエキスを顔に塗るのってどうですか? 私にはちょっとしたホラーです。

冨田 皆、新しい珍しい成分や新商品に飛びつきすぎだなあって常日頃思うんだけど、結構大半は動物性の原料のものが主流だよね。豚の〇〇、牛の〇〇、鳥の〇〇っていうように、なんでも動物性のものが入ってるよね。人間も動物だから、他の動物のもので補うっていう発想じゃなくて、植物をしっかり与えて長期的に元気で健康な肌を育てる感覚を持ってほしいんだよね。

小林 お肌にもマクロビを実践していただきたいですね。

冨田 今ロハスとかスローフードとか新しい言葉で急に流行りだしたけど、これって元々あるマクロビのことだって思った。
今なぜこれが注目されてるのか……。答えは単純、必要な時代だってことだよね。
先見の目がある人はもっと前から実践してたと思うけど、気付いた人は早速今から!

小林 冨田さんは、マクロビを意識し始めてから、何かプロとして変ったことってありますか?

冨田 メイクアップアーティストって、その場でその人を最大限キレイにしてあげるという仕事なんだけど、ここ数年、人の肌につけるものはなるべく肌にいいものをつけてあげたいというふうに思ってる。

小林 私がスキンケアをプロデュースしたきっかけも、そんな理由からなんですよね。同志ですね。

冨田 肌に直接つけるものは、食べ物を選ぶのと同じように本当に気をつけてほしい。

小林 これからも人をきれいにするお手伝い、マクロビ精神で一緒に頑張っていきましょう! お話伺えて勉強になりました。ありがとうございました。

 皮膚から食べるということ。  【アステリア化粧品】 代表取締役 小林真理子

【アステリア化粧品】 代表取締役 小林真理子 本当におしゃれな人かどうかは足元をみればわかる、といわれますね。すぐに視界に飛び込んでくる上着ではなく、靴のセンスが良いか、キレイに磨かれているかどうか。

この言葉は思いのほか含蓄があるものだと思うのです。そのまま”健康“の問題に置き換えることが出来るからです。

さまざまな健康法がマスコミで取沙汰されるようになって久しいですが、マクロビオティックの意味を理解し、実践なさっている皆様においては、例えば”食“に対する考え方もより洗練されていると思います。

保存料、着色料、無添加、無農薬、有機、栄養価など……。食に関するさまざまなキーワードは、どれも古き良き原点回帰を指すものばかりです。近所の小川で水がすくって飲めた時代の食文化。素材の無毒性や新鮮さなどは、残念ながら現代では、どんどん入手困難になりつつあります。私たち人間が引き起こした環境破壊がすべての原因であることは否めません。

むしろ体に良く効く食材が稀少なものになっていく危機感から、私たちは一昔前より何倍も、”食“に対して敏感になっていきました。あらゆる食に含まれる功罪が明らかになっていくにつれて、私たちはより自然な”食“に憧れていくようになりました。人間自身で招いた自業自得な問題とはいえ、食に対する警戒と注意は、今後もより一層、欠くことのできない重要なものです。

食に続いて、経皮毒についても世の中の関心はどんどん高まっていきました。シャンプーやボディーソープはこぞって弱酸性を打ち出し、植物とか自然といったキーワードにこだわった商品が次々と発売されています。本当に”自然“なのか? 本当に”植物“なのかといった議論はまたの機会にしますが、これもまた人々の飽くなき健康への憧れでしょう。

経皮毒とは、読んで字の如く皮膚を通して体内に取り込む毒のことです。日常生活でいえば、皮膚に触れる商品、つまりシャンプー、ボディーソープ、化粧品などです。それらに含まれる成分が体に与える影響。これを考えることが経皮毒を考えることとイコールだといっていいかと思います。
先ほど「食に関して人は敏感だ」とごく当たり前のことを申し上げました。そしてここでもうひとつ申し上げたいのは、「人は口からだけではなく、皮膚からも食べる」ということです。
怖い言い方になりますが、例えば成分的によろしくないシャンプーが一本あるとします。それを一気に飲み干すとどうなるでしょうか? 書くまでもありません。では何ヶ月かかけて使い続け、一本使い切ったらどうでしょう。頭皮の毛穴は皮膚のそれよりも大きいものです。一気に飲み干すと危険な成分を、その毛穴からゆっくりゆっくり取り込んでいるのです。

例えば化粧品です。生まれたての赤ちゃんに、ファンデーションをつけ、口紅を引きたいと普通は思いません。それは皆さんが、多くの一般的な化粧品が、決して肌にとって良くはないものだと本能的に知っているからです。皮膚呼吸を止めてしまうんじゃないか、悪い成分が毛穴から入ってしまうのではないか、と。
赤ちゃんの持つ輝きは、健康の輝きと言い換えていいと思います。絶対に汚したくない、無垢な憧れです。では、人はどうして自分の体に対しても、同じように思いやることが出来ないのでしょうか? あれだけ”食“にうるさいあなたが、です。

皮膚にまつわる話は尽きることがありません。痒みや痛み、湿疹など皮膚の上に現れる症状は、内臓疾患のシグナルになっていることも少なくありません。いえ、逆にいえば何らかの問題があるからこそ、皮膚上にそれが現れるといえるのです。長生きをしていらっしゃる方々の特徴を考えてみてください。姿勢がいい。歯が丈夫。いろいろありますが、肌が綺麗な方が多いのは、紛れもない事実です。健康だからこそ、肌が綺麗。肌が綺麗だからこそ健康。冒頭のおしゃれの話に戻りますが、皮膚を気遣うことの出来る人は、真の意味で、健康を気遣うことの出来る人だといえるのです。無農薬野菜の野菜を食べた後で、界面活性剤たっぷりのシャンプーを使うことの矛盾。おなかが少し痛くなったらすぐに病院に行くのに、湿疹が出たら軟膏をつけて知らんぷりでいることの矛盾。よく考えていただきたいと思います。

”食“に比べて、まだまだ皮膚が軽視されている現状は憂うべきものです。皮膚を考えることは、すなわち健康を考えることとイコールです。ただでさえ大気汚染の悪化、紫外線の増加といった不可避な外敵と戦う皮膚に、それ以上の負担を掛けてはいけません。かといって、シャンプーもボディーソープも怖くて使えない、化粧もしない、というわけにはいきません。 ”食“にこだわる人がみんな農園を持つわけにいかないのと同じです。大切なのは、何をどう使うか。正しい選択であり、判断する目です。そして、洗浄、保湿といった日々のケアも欠かせません。間違った方法では、かえって皮膚を痛めつけてしまいます。

皮膚にとって正しい、優しいことをしてあげてください。体にスペアがないように、体中を覆うこの皮膚もまた、かけがえのない一生モノなのです。
皮膚は人間の内面的な疾患を予兆してくれるバローメータの役割を持っています。そして皮膚は口と同じように、”食“ます。
皮膚を考えることは、健康を考えることなのです。

アステリア株式会社 小林社長にインタビュー!

みんなの笑顔が、自分の幸せ

小林社長

お世話になっている美容業界にご恩返ししたいというお父様に共感し、学生の頃から事業を手伝ってきたアステリア小林社長。お父様の背を見て学び、独立して初めて気づいたこととは何だったのでしょうか。

美容業界の人々のために、さらには手を酷使される方々のために役に立ちたいという想いを胸に、メーカー各社から絶対不可能と言い切られた合成添加物フリーの保護クリームを完成させた時は、スタッフ一同大喜びでした。お客様も喜んでくださって、父もとても幸せそうでした。

大学卒業後は、父と違う業界で事務、秘書などを経て営業職にも携わりました。営業職時代は、本当にいい物なのか分からない商品を販売したこともありました。自分の納得いかない物を販売するのは私にとっては辛いことでした。売れれば売れるほど、会社のためにはなっても、自分自身は罪悪感に駆られます。

自信が持てるものを売る商売でなければ、私にはできないと痛感しました。

独立して会社を起業し、会社と利益のためにそんなことは言ってられないという経営者の立場も理解できるようになりましたが、私はこれからも理念を変えず、そんな考えとは無縁でやっていきたいです。

自社の商品を販売していて、日々嬉しく思うのはお客様のお喜びの声を聞かせていただけることです。

子供がハイネックセーターもチクチクせずに着られるようになったとか、半ズボンで外出できるようになったと、お母さんが泣いて喜ばれます。そういった声を聞くたびに、この仕事に携われて本当に有り難いと思います。もっと喜んでいただきたいし、もっと役に立ちたいですね。

とはいえ、父の仕事を手伝うという考えからスタートした私には、親孝行したいとか、両親のために働いているんだという奢りがあったことも事実です。「忙しい思いをしているのは、親のためだ」と。ところがある日、両親から、「この先は自分のために働いたらいい」と言われ、実際に自分のために働いてみたら、それがどれだけ大変なことかを身をもって知るはめになりました。いざ自分のためとなると、原動力が湧いて来ないのです。先が不安で、つらくて、ストレスだらけ。今もしも親からオファーがあったら、ぜひ親のために働かせてくださいとお願いしたいくらいですよ(笑)。

親のため、妻子のためになど、誰かのために頑張るのは実はすごく楽なことなんです。頑張っているようでいて、精神的に甘えている状態だからです。

だから、もしそんな愚痴をこぼしている人がいたら、ぜひ教えてあげたいですね。誰かのせいにできるのは有り難い話だと。人間は、人のためならいくらでも頑張れるのだと。すべてが自己責任になったら、とても苦しいはずですよ。

「人のために働く=人に甘えながら仕事させてもらってる」
「人の役に立ちたい=人から喜びをいただいてる」

これを履き違えたらいけないと心から思います。

今は毎日、「これでよかったか?」と、自分と対話しています。自分の至らない点も浮き彫りになるし、いろんなことに気づかされます。アステリアの商品が好きで集まってくれたスタッフに支えられながら、これからも気づきを自分の反省とエネルギーに変えて、自信を持ってお客様に商品をお届けしていきたいです。

アステリア株式会社
アマサーラシリーズ

定期購入対象商品

アマサーラ ナチュラル トゥリークレンジング 200ml

価格 5,280 円 (税込)

注文数
カゴに入れる
お気に入りに登録

1〜2営業日以内に発送

品番
MB2709
JAN
4996383000217
SB区分
Q

木々の恵みと無添加で洗う気持ち良さを感じていただける、クレンジング洗顔料です。

メイクや毛穴・皮脂汚れをすっきり落とし、キメをキューッと整えます。
キラキラ輝くつややかなお肌にしてくれるヒノキや白樺のエキスがたっぷり入っています。洗った後のお顔を鏡で見るのも楽しみになってくるはず。
手や顔が濡れていても使えるので、お風呂の中でもお使いになれます。
洗った後のスッキリ感とキシまない保湿が自慢の一品です。

製造国: 日本
原材料: 水、ヤシ脂肪酸K、オリーブ油、BG、グリセリン、水酸化K、シラカバ樹皮エキス、マツエキス、ヒノキ水、フユボダイジュ花エキス、ホホバ葉エキス、レモン果皮油、クエン酸、酢酸トコフェロール
製造日からの開封前使用期間/ 常温で3年

一日2回の洗顔で2ヶ月程度使用できます。

※ 自然由来成分使用・無添加ゆえに木のエキスのおりが出ることがありますが、 品質には問題ありません。果実のエキスをそのまま目に入れたら痛いのと同様に、高濃度の植物エキスが目に入るとしみますのでご注意ください。

使用方法: 1本で2種類の洗い方でのメイク落としと洗顔ができます。

オイルクレンジング 適量を手にとり、お肌になじませるようにつけた後、水またはお湯で流してください。
泡立て洗い 水で手を濡らし、軽く手で泡立ててからお肌になじませ、 水またはぬるま湯で洗い流してください。
定期購入対象商品

アマサーラ ナチュラルシーローション 100ml

価格 5,280 円 (税込)

注文数
カゴに入れる
お気に入りに登録

1〜2営業日以内に発送

品番
MB0010133
JAN
4996383002082
SB区分
Q

徹底的に無添加にこだわった結果、8つの成分の無添加を実現しました。

化粧水から美容液までこれ一本。コットンにふくませてパックとしてもお使いいただけます。また、とろとろのテクスチャーなので、マッサージローションとして使用するのもおすすめです。
松・アロエ・ヨモギ・クワなどの植物エキスがお肌に潤いを与え、お肌をソフトに、みずみずしく整えます。
これ一本しか使ってないというお客様の多い、少量でも潤う嬉しい一品です。

製造国: 日本
原材料: 水、BG、グリセリン、ペタイン、ベンチレングリコール、アロエベラエキス-1、ソウハクヒエキス、カワラヨモギエキス、プロパンジオール、テトラヘイシルデカン酸アスコルビル、パルチミン酸、アスコルビルリンNa、エチルヘキシルグリセリン、リン酸アスコルビルMg、キサンタンガム、マツエキス
製造日からの開封前使用期間/ 常温で3年
使用方法:
高濃度エキスだからこれ一本で、化粧水、美容液、栄養クリーム、マッサージローション、コットンパックとしてもお使いになれます。
化粧水として朝晩2回のご使用で、2ヶ月〜3ヶ月程度の使用が可能です。 ※ 自然由来成分使用・無添加・高濃度ゆえにボトルの下に沈殿物があります。 ご使用になる前にボトルを逆さにしてよく振ってください。全てが溶けきらなくてもOKです。