歴史と伝統のくすり屋さんが作った「純粋カテキン」

健康成分緑茶カテキンを独自技術で抽出精製「高濃度ガレート型カテキン含有」気になる季節も我が家のお守りに。

スッキリに、健康維持に
今こそ「純粋カテキン」の出番だ!

カテキン純度100%「純粋カテキン」

▼ご注文はこちら

食後に緑茶を飲むと
さっぱりとした気分にさせてくれます。
でも、さっぱりさせることだけではないことが
科学でも続々と解明されてきています。

有用な成分「カテキン」は緑茶の渋味成分。 スッキリや世間を騒がす未知の存在にも。

安心できる食品で、不安感からも守っていきしょう。

こんなことにお困りではありませんか?~なぜ今、純粋カテキンなのか~

ポリフェノールは植物の苦味や渋味・色素など、成分の化合物の総称で5000種以上もの種類があります。それぞれのポリフェノールの種類によって期待できる有用性は異なりますが、ポリフェノールが有用であることは多くの方にも認知されてきました。カテキンはポリフェノールの中のフラボノイド系の中に含まれます。カテキンは緑茶成分として有名ですが、リンゴやブラックベリー、ワイン、ブドウ、ソラマメなどにも含まれており、特有の苦味渋味成分の元となっています。他にも、イソフラボンやアントシアニン、フラボノールなど、なじみのある健康に良いとされる成分が実はポリフェノールの中の1つだったということが分かりますね。

ポリフェノールの種類(一部をご紹介しています)
ポリフェノールの種類

高濃度茶カテキンの緑茶

高濃度茶カテキンの商品

気軽に飲める高濃度茶カテキンのペットボトル商品、粉末や粒タイプも数多く見られるようになりました。「特定保健用食品(トクホ)」マークが付いていたりすると、有用性・安全性など科学的根拠を示して国の審査を受け、許可を得たものに、表示ができるもので安心感がありますね。しかし、これらの商品にはやはりカフェインが含まれているのはもちろん、香料や着色料などの添加物が含まれている商品もあり、長期的な飲用は避けたいところです。

カフェインの弊害

コーヒーや紅茶、緑茶、コーラやエナジードリンクなどにもカフェインは含まれています。カフェインは適量摂取することで、リフレッシュしたり、また健康リスクの軽減など様々な良い効果がありますが、摂り過ぎにはやはり注意が必要。極端な量を摂取すると、神経過敏や睡眠障害、顔面硬直、嘔吐、胃腸症状などがあらわれることもあります。

食品安全委員会が国内外の情報をまとめていますので、ご参照ください。
食品安全員会 食品中のカフェイン ファクトシート

純粋カテキンに関する詳しいうんちくについてご希望される方は、 こちらよりお問い合わせください。 担当者より返信させていただきます。

純粋カテキン誕生秘話・時代の要請を受け、純粋カテキンがついに市場デビュー

緑茶

日本人には馴染みの深い、日本茶(緑茶)。普段の日常生活に当たり前のように身近にありますが、この緑茶に含まれる成分が「カテキン」であることは有名になりました。気になるスッキリにと広告されていることが多く、中高年の方には人気の高い成分になっていますが、さらに、近年は別の角度からも注目される成分であることが分かり、2020年6月には自民党内に「カテキン研究会」が発足するなど、俄然注目されているのが現状です。

純粋カテキンはカテキンだけを分離・抽出、カフェインゼロ!

天然の緑茶茶葉から健康成分「カテキン」を独自技術で抽出精製しました。すでにカテキンに関する商品は様々出回っていますが、そのほとんどが緑茶粉末。しかもカテキン純度100%の商品は現在、存在していません。緑茶粉末や他カテキン商品にはカフェインが含まれているため、お子様や妊婦、ご年配の方や就寝前などは飲めませんが、この「純粋カテキン」はノンカフェインですので、いつでも安心してお飲みいただけます。普通の緑茶で1日480mgのカテキンを摂取しようとしたら、毎日10杯以上飲まなければなりません。しかもカフェインが含まれているため、現実的ではありません。

純粋カテキン 粒タイプ

錠剤

【お召し上がり方】
朝昼晩の1日3回、2粒ずつを目安にお飲みいただくのを推奨します。カテキンを3回に分けて摂ることで、カテキンが1日を通して体に溶け込み、健康に役立ちます。

純粋カテキン 顆粒

顆粒

【お召し上がり方】

1日のカテキン摂取量の目安はティースプーン4分の1です。お好みのドリンクやお茶に顆粒を少しずつ溶かしてお召し上がりください。カテキンは熱に強いので、お料理に使うこともできます。
(※カテキンは渋みがあります。少量ずつお好みの量をお使いください。)

カテキンの健康パワーで体を保護します。

【こんな使い方も】
スプレー容器に顆粒を適宜、水またはお湯に溶かして入れ、外出時、人混みが気になる時にシュッとスプレーすることも。

純粋カテキンはなぜ生まれたか。ニューノーマル時代ににひらめきと確信

「そうだ、今こそカテキンお役立ちの時だ」

画期的技術から生まれた!
鈴木秀雄氏

鈴木秀雄氏
(健康雑誌『はつらつ元気』元創刊編集長・編集人/健康ジャーナリスト)

まずは自己紹介させてください。私は鈴木秀雄と申します。現在62歳(2021年3月現在)。

還暦を迎える前まで、およそ20年にわたり健康雑誌を編集制作してきました。その間、取材を通して多くの医師や研究者の方と知り合うことができました。

はつらつ元気
野中源一郎先生

野中源一郎先生

その一人に、純粋カテキンの「生みの親」である野中源一郎先生がいます。

野中先生は、平田眞知子先生(薬草研究家)が理事をつとめる「九州薬草趣味の会」の学術顧問をされており、同会の取材を通して平田先生、野中先生と知り会うことができたのです。両先生からは薬草や植物の効能に関して多くのことを学び記事にしました。

私が純粋カテキンの存在を知ったのは今から6年前のこと。薬草研究家の平田先生から「野中先生が初めてカテキンの抽出に成功した」と報せを受け、純粋カテキンの原末と粒を送っていただいたのです。

健康のために身を守る必要
平田眞知子先生

平田眞知子先生

とはいえ、雑誌で純粋カテキンを紹介することは控えました。

なぜなら、純粋カテキンの粒はいわゆるサプリメント扱いとなってしまうため、広告料が派生しない限り、雑誌でサプリメントを紹介することはできないという内部規定があったからです。

そうして時は過ぎ、2020年いよいよ騒動が世界を駆け巡るようになりました。日本でもこれまでの当たり前を疑い、個人個人が自分の健康を守るための自衛をはからなければいけない時代に。私は職業柄、どう対処すれば私達の健康が守れるのかを考えます。

環境や季節が変化しても、どうすれば自衛ができるのか、これが発想の原点です。こうして情報を色々探っていたある日のこと、「そうだ、野中先生が開発した純粋カテキンがある」と心に閃いたのです

世界中からカテキンを評価する声

緑茶に含まれるカテキンには、さまざまな有用性があることがわかっています。中でも注目したのが体を守る作用です。

実際、インドのERA大学(医療専門の大学)など、世界中の医療機関から、「有用性が高い」成分として、「緑茶カテキン」の研究報告が続々と上がるようになりました。

先生、純粋カテキンをもっと知ってもらいましょう

こうして閃きは確信へと変わります。早速私は平田先生に連絡をとり、「野中先生のカテキンを世の中に知ってもらう必要があるのではないか」と相談しました。平田先生も同意され、ぜひ広めて欲しいと。

そこで野中先生に連絡を取り、純粋カテキン商品化の提案をさせていただきました。野中先生は、「私が開発した純粋カテキンが世の中のお役に立つなら」とご快諾され、新たに原末から顆粒を製造され、利用しやすくしていただいたのです。

体にいい成分のみを安心して摂れる

野中先生は九州大学薬学部の助教授をしておられた1980年代に、緑茶からカテキンのみを抽出する技術を確立され論文発表されていました。

これは世界初の技術であり、実に画期的なものです。例えて言うなら、赤ワインには赤い色素のポリフェノールがありますが、野中先生の技術は赤ワインからポリフェノールのみを抽出したのと同じこと。

そのため、アルコールを嫌う方でも赤ワインのポリフェノールが摂れる。負の側面を取り除いているのです。

では、緑茶の場合はどうでしょう。私は健康雑誌を長く編集する中で緑茶の効果を特集したことがあります。

当時は主に緑茶のスッキリ感や健康維持の働きに焦点を当てましたが、そうした健康効果を得るには一日10杯近い緑茶を飲まなければなりません。正直、これはなかりきつい修行のようなもので、トイレに何度も行かなくてはなりませんし、何より緑茶に含まれるカフェインを摂取することになります。

そのため「緑茶はなるべく飲みたくない」というお年寄りがたくさんいます。純粋カテキンは、そうした緑茶の「負の側面」を解消して、健康成分のみを安心して摂取することができるのです。

「健康を保つ」体になる

当時、野中先生は緑茶から抽出した純粋カテキンを長崎大学などの医療機関の研究用として提供していたため市場には出ていませんでした。しかし、時代は変わりました。今は世界中の方たちが、自衛しながら生活しなくてはいけない時代。体のコンディションを高めることが大切となります。もちろん、私もその一人です。

今回、プレマ様とご縁をいただき、野中先生の純粋カテキンが皆さまの手に渡ることを大変嬉しく思います。私も毎日カテキン粒を飲み、仕事から帰宅後はカテキン顆粒を溶かした水溶液を飲む。おかげで健康を維持できている体となりました。

薬草研究家の平田眞知子先生の名言にこんな言葉があります。それは「健康不安を怖がるのではなく、健康を保つ体を作りましょう」という言葉です。私はこの言葉は、健康法の核心をつくものだと思います。

純粋カテキンを毎日摂取することで、健康を保つ体作りができる…これは私達が日々暮らす上で安心感にもつながるものです。健康雑誌を作ってきた立場から言えば、野中先生のカテキンは

  1. お年寄りやお子様
  2. 健康に自信のない人
  3. スッキリしたい人
  4. 体のリズムが気になる人

こうした方たちにとても役立つものです。

カテキンが我が家の「お守り」に

カフェインを気にせず、緑茶の健康成分の核となるカテキンを丸々摂ることができる。これは体の中から身を守る最良の自衛策であると同時に、純粋カテキンの摂取で日々の健康増進が叶います。

カテキンの健康維持作用に関しては、ネットでその研究報告がザクザク掘り出すことができるので、もっと知りたい方は一度調べてみるとよいかも知れません。

緑茶から抽出されるカテキンは、飲み始める前と後では、体のイキイキした感じが変わってきます。体が健やかになることも実感されることでしょう。

ニューノーマルの時代の今だからこそカテキンの出番が来たと強く感じております。こうして純粋カテキンの商品が誕生しました。

純粋カテキンに関する詳しいうんちくについてご希望される方は、 こちらよりお問い合わせください。 担当者より返信させていただきます。

ウサイエン製薬の歴史(野中烏犀圓)

創業1626年(寛永3年)

漢方

純粋カテキンの製造元であるウサイエン製薬は、約400年続き、天然素材、特にさまざまな薬用植物、健康素材に関する知識・情報並びにそれらの有用成分の分離・分析法のノウハウを熟知した製薬会社です。社名「ウサイエン」は徳川家康の秘薬といわれる「烏犀圓ウサイエン」の調合、製造を現在も継承していることに由来。家康自らが調合していたと言われる秘薬ウサイエンは、数種の生薬を調合したもので、江戸時代は各藩で調合が行われていたようです。しかし、徐々にウサイエンを調合する製薬所が減り、現在ではウサイエン製薬のみが、13種の和漢薬を使い、製法を守り伝統を継承。同社から発売される。「野中烏犀圓」は滋養強壮(虚弱体質・肉体疲労・胃腸虚弱・病中病後・食欲不振)の生薬としての長い伝統があり、定評があります。

烏犀圓屋内

ウサイエン製薬の建屋は江戸時代(1796年/寛政8年)から続く伝統的建屋。佐賀の観光名所の1つで佐賀県の登録有形文化財に指定されています。またウサイエン製薬の蔵には、杉田玄白の「解体新書」の原本が所蔵されており、学芸員等による文化財の研究が行われています。

日本のカテキン研究の権威 野中源一郎先生のプロフィール

野中源一郎先生

・ウサイエン製薬 第13代目当主、代表取締役
・薬学博士
・九州大学薬学部元助教授
・熊本大学客員教授
・長崎大学大学院非常勤講師
・佐賀大学非常勤講師
・佐賀県衛生薬業センター顧問
・中国科学院広西植物研究所客員教授
・中国科学院昆明植物研究所客員教授

1626年(寛永3年)から続く佐賀の伝統製薬所ウサイエン製薬株式会社の代表取締役であり薬学博士。九州大学薬学部元助教授。熊本大学客員教授。長崎大学大学院非常勤講師。佐賀大学非常勤講師。日本における生薬研究の権威の一人。植物ポリフェノールの研究がこれまでの主テーマとなっていて、その中でも緑茶の渋み成分に着目し、九州大学薬学部助教授の頃、1980年に世界で初めて緑茶からカテキン成分の分離・抽出に成功している。
論文 PDF

純粋カテキンに関する詳しいうんちくについてご希望される方は、 こちらよりお問い合わせください。 担当者より返信させていただきます。

高濃度「純粋カテキン」についての野中先生に伺いました Q&A

その原料(技術)は唯一無二のもので、野中先生にしか出来ないものですか?
カテキン抽出の製造方法については1980年代に論文を出しています(九州大学薬学部助教授の頃)ので可能な設備と技術があれば出来ると思いますが、分離抽出は難解で100%原末は特に難しいと思います。
唯一無二だとしたら、それはどんな技術ですか?
今では分離、精製方法は唯一無二では無くなりました。私の論文を参考にしています。
他社でも真似をして同じような100%高濃度カテキン原末(商品)をつくることが可能ですか?
高度の設備と技術があれば可能です。但し、製造コストが問題です。
カテキンに関して論文データなどはありますか?ウサイエン製薬独自のエビデンスデータを持っていますか?
1980年代に膨大な研究論文を発表しています(Chem.Pharm.Bull. & Chem.Biol.Bull.など)。詳細を知りたいのであれば私の名前で検索してください。但し、この論文は専門的すぎて理解が出来ないかと思います。また、論文はすべて英文です。
ウサイエン製薬のカテキンは世の中に出回っていませんか?
カテキン原末は出回っておりません。
ウサイエン製薬でも高濃度カテキン商品を販売する予定はありますか?
現在、ウサイエン製薬からカテキン商品を販売する予定はありません。
そもそもカテキン商品の需要性(ニーズ)がありますか?
体を守る防御策への需要が高まっている。
*カテキンは体を内側から守る作用があるため。主に飲用によって、防御に役立つ。
また、カテキンが身体中に溶けることにより、全身を巡り、健康を支える。
*以上の作用から、カテキンは身体の弱い高齢者や小さなお子さん、体調が気になる方において飲用を勧めることができる。
そもそも一般的にカテキンのサプリメントはありますか?
現在、市場に出回っている高濃度カテキン関連の商品は、すべて緑茶におけるカテキン濃度を高めたもの。
そのため、成分中にカフェインが残留しており、カフェインを回避したい高齢者や幼児・妊婦には不向き。夜飲用すれば、カフェインの作用から眠れなくなるお年寄りは、緑茶は飲みたがらない現実がある。
1日のカテキン摂取量の目安が480mg(顆粒/ティースプーン4分の1、粒タイプ/6粒)なのはなぜですか?
様々な生活習慣の改善できる推奨量だからです。

純粋カテキンに関する詳しいうんちくについてご希望される方は、 こちらよりお問い合わせください。 担当者より返信させていただきます。

●お客様へ重要なお知らせ
ご承知のように、COVID-19リスクに対応する食料品や衛生品のまとめ買いや、催告のないテレビ放映などで、突然数千件の注文が押し寄せることもあります。弊社で販売する品の大半は、丁寧に心を込めて目と手で作られた希少性の高い作品です。そのため、「在庫あり」表示や「受注承認メール」配信後に入手不可能であることが判明する場合があります。この場合、ご用意できない品は弊社の判断にてキャンセル扱いとさせていただき、在庫が確保した品のみを可能なかぎり早くお送りしますので、ご理解をどうぞよろしくお願いいたします。

ウサイエン製薬
高濃度「純粋カテキン」

予約 定期購入対象商品

純粋カテキン(粒タイプ) 180粒入

純粋カテキン(粒タイプ) 180粒入

ご予約注文:9月下旬入荷予定

純粋カテキン(粒タイプ)

180粒入

価格 8,900 円 (税込)

現在ご予約受付中です。次回入荷は9月下旬の予定です。入荷次第、ご予約順にお届け致します。 なお、同時にご注文の商品もまとめての発送となりますことご了承ください。

注文数
予約する
お気に入りに登録

速攻発送

品番
00401592
JAN
4573357400411
SB区分
Q

ノンカフェイン!純粋な茶カテキンがあなたとご家族を守ります。

高濃度ガレート型カテキンを含有。
気になる生活習慣や健康維持に、パワーを発揮します。
ノンカフェインなので、お子さんや妊婦、年配の方にもおすすめです。
飲みやすく続けやすい粒タイプです。

■原材料:乳糖、緑茶カテキン原末、ビタミンC
■賞味期限:2年
■保存方法: 高温多湿、直射日光を避け、保存してください。

【お召し上がり方】
朝昼晩の1日3回、2粒ずつを目安にお飲みいただくのを推奨します。カテキンを3回に分けて摂ることで、カテキンが1日を通して体に溶け込み、健康に役立ちます。
予約 定期購入対象商品

純粋カテキン(顆粒タイプ) 100g

純粋カテキン(顆粒タイプ) 100g

ご予約注文:9月下旬入荷予定

純粋カテキン(顆粒タイプ)

100g

価格 9,900 円 (税込)

現在ご予約受付中です。次回入荷は9月下旬の予定です。入荷次第、ご予約順にお届け致します。 なお、同時にご注文の商品もまとめての発送となりますことご了承ください。

注文数
予約する
お気に入りに登録

速攻発送

品番
00401593
JAN
4573357400428
SB区分
Q

顆粒もノンカフェイン!水にサッと溶けて使い方色々。

高濃度ガレート型カテキンを含有。
気になる生活習慣や健康維持に、パワーを発揮します。
ノンカフェインなので、お子さんや妊婦、年配の方にもおすすめです。
お好みのドリンクやお茶に、またお料理に加えても。

■原材料:緑茶カテキン原末、乳糖、ビタミンC
■賞味期限:2年
■保存方法: 高温多湿、直射日光を避け、保存してください。

【お召し上がり方】
1日のカテキン摂取量の目安はティースプーン4分の1です。お好みのドリンクやお茶に顆粒を少しずつ溶かしてお召し上がりください。カテキンは熱に強いので、お料理に使うこともできます。
(※カテキンは渋みがあります。少量ずつお好みの量をお使いください。)

カテキンの健康パワーで体を保護します。