南極オキアミ(クリルオイル)から抽出した高機能オイル配合 「南極の宝石」

オキアミに含まれる高品質なオメガ3系脂肪酸配合、クリルオイルのオメガ3カプセル

オキアミ油(クリルオイル)、ヤシのバージンオイル、月見草種子オイルを配合したカプセル状の健康補助食品。

「南極の宝石」に含まれるクリルオイルは、南極オキアミの殻を除く、
ほぼ全体を加工原料としていることから、さまざまな栄養素が含まれる成分複合素材です。
【リン脂質結合型オメガ3脂肪酸】※を主成分に
今注目の海洋性カロテノイドであるアスタキサンチンおよび、ビタミンA、Eなども
微量ながら天然の状態でバランスよく配合されています。

※【脂質結合型オメガ3脂肪酸】
…【必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸】と【生体膜にも高濃度に存在する複合脂質の「リン脂質」】が結合したもの。

こんな方におすすめです

南極の宝石

南極の宝石 ご注文はこちら

内容量:28.5g[475mg(325mg)×60粒] 
1日の目安量:2粒(クリルオイル500mg)

現代人が抱える慢性的な不足栄養素の問題

食生活の変化に伴う慢性的なオメガ3系脂肪酸不足

日本人の食生活は、大きく変化しました。食の欧米化が進み肉類の摂取量は増加する一方、魚介類の摂取量は減少しています。このような食生活の変化は、青魚などに豊富なオメガ3系脂肪酸※の摂取不足を引き起こす大きな原因となっています。オメガ3系脂肪酸は、健康維持に欠かせない栄養素であるにもかかわらず、現代の日本人は、慢性的に不足しているのが現状です。
※オメガ3系脂肪酸…人体内で生合成されないため、食物から摂取しなければならない必須脂肪酸のひとつ。
オメガ3系脂肪酸不足 食生活の変化

厚生労働省が【増やすべき栄養素】と位置付けた「オメガ3系脂肪酸」

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2005年版)」の中で、 「生活習慣病予防に重点を置き、今後摂取量を増やすべき栄養素」のひとつとして 「オメガ3脂肪酸」を挙げ、公表しています。
オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種です。主に魚の油に含まれるDHAやEPA、フラックスシードオイルや菜種油などに含まれるα-リノレン酸などがそれにあたります。DHAやEPAは、「勉強のお供」 、「若々しさのサポート」 として注目されることが多く、これらの成分を配合した多くの製品が流通しています。
厚生労働省が【増やすべき栄養素】のひとつとして「オメガ3脂肪酸」を位置づける

南極の宝石

南極の宝石 ご注文はこちら

内容量:28.5g[475mg(325mg)×60粒] 
1日の目安量:2粒(クリルオイル500mg)

現代の食生活で不足しがちなオメガ3脂肪酸を「南極の宝石」で補おう

「南極の宝石」に含まれる主要な成分

「南極の宝石」に含まれる主要な成分
クリルオイル トコミン 月見草オイル
「南極の宝石」に含まれる主要な成分
1.クリルオイル
クリルオイルは、南極海域に棲息する動物プランクトンの一種である南極オキアミを原料にしています。オキアミを水揚げ後に冷凍することなく船上で速やかに一次加工したのち、独自の“超臨界抽出法”によって抽出されます。南極オキアミに含まれる良質なリン脂質に結合した「オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)」やアスタキサンチンなどをバランスよく含有した高品質なオイルです。
クリルオイル
  • 独自の「原料加水分解」と「超臨界抽出法」により、「リン脂質リッチ」「高純度」「遊離脂肪酸の低減」を実現。
  • EU安全性基準である「ノーベルフードを取得」。
  • 南極オキアミを水揚げ後、新鮮な状態のものを冷凍せずに、専用の船上工場にて原料中間体まで一貫製造。
2.トコミン
トコミンは、パーム果実から得られたバージンオイルのみを原料として、特許製法で抽出、濃縮されています。自然界に存在する全8種のビタミンEを全て含んでいます。
トコミン
3.月見草オイル
月見草オイルは、EPA、DHAと同じ必須脂肪酸のひとつであるγリノレン酸を含有した月見草種子抽出物です。γリノレン酸は母乳や一部の植物、海藻などに含有される貴重な脂肪酸で、必須脂肪酸でありながら普段の食生活からでは摂取が難しい栄養成分です。
月見草オイル

南極の宝石

南極の宝石 ご注文はこちら

内容量:28.5g[475mg(325mg)×60粒] 
1日の目安量:2粒(クリルオイル500mg)

オキアミ油(クリルオイル)についてもっと知りたい

オリンピック社製(ノルウェー)オキアミ油の魅力を掘り下げてご紹介

オリンピック社製(ノルウェー)オキアミ油の魅力を掘り下げてご紹介
安心・安全な原料 バランスのよい栄養食 高い吸収性が期待できる 獲りたて新鮮 アスタキサンチン含有
1 安心・安全な原料
●海自体が綺麗
原料のオキアミが棲息している南極海は地球上でもっとも化学汚染が少ない海域と言われています。

●食物連鎖による生体濃縮の危険性が低い
食物連鎖の中で、南極のオキアミは基礎的な位置づけにあります。植物プランクトンの生み出した太陽光からの第一次生産エネルギーを主栄養素としているため、不純物をため込むサイクル自体が存在しません。 安心・安全な原料

▼ご注文はこちら

2 バランスのよい栄養食
バランスのよい栄養食 ●大型海洋ほ乳類であるヒゲクジラの主食はオキアミ
南極圏全体の食物連鎖の中で、クジラをはじめとする多くの種が南極オキアミに大きく依存しています。オキアミは、南極海の生態系を支える貴重な栄養源です。南極海で夏季に爆発的な増殖をする植物プランクトンを摂食し、タンパク質と必須アミノ酸を蓄えます。体内にはオメガ3脂肪酸を高濃度に含んでいます。

●さまざまな栄養素が含まれる成分複合素材
「南極の宝石」のクリルオイルは南極オキアミの殻を除く、ほぼ全体を加工原料としていることから、さまざまな栄養素が含まれる成分複合素材です。必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸と生体膜にも高濃度に存在する複合「リン脂質」が結合した「リン酸脂質結合型オメガ3脂肪酸」を主成分に、今注目の海洋性カロテノイドであるアスタキサンチン、及びビタミンA・Eなども微量ながら天然の状態でバランスよく複合されています。
オキアミがオメガ3脂肪酸リッチなわけ 南極オキアミ油にオメガ3脂肪酸が豊富なのは、マイナス50度にもなる最極寒の海に棲息していることに起因します。南極オキアミは氷点下の気温でも細胞膜が流体を保ち、機能するために不飽和脂肪酸(EPA,DHA)を多く含んでいるのです。
南極の宝石 クリルオイルの脂肪酸組成
理想的な脂肪酸バランス 理想的な脂肪酸バランス

▼ご注文はこちら

3 高い吸収性が期待できる
●リン脂質結合型のオメガ3脂肪酸を含有
必須脂肪酸のひとつであるオメガ3脂肪酸(DHA・EPA等)は主に魚介類から、一部、しそやえごま、亜麻仁などの植物からα-リノレン酸として単体抽出されます。オメガ3脂肪酸の多くは中性脂肪と結合していますが、南極オキアミ由来のクリルオイルの場合、オメガ3脂肪酸の大部分がリン脂質と結合した状態、すなわち「リン脂質結合型オメガ3脂肪酸」として存在しています。リン脂質は、細胞の中に栄養を取り込み、吸収する細胞膜の基本的な構成要素なので、オメガ3のなかでも、リン脂質結合型の方が体内への吸収性が高くなること期待できます。
リン脂質とは ホスファチジルコリンを含むリン脂質はレシチンとも言われ、体の細胞の中に栄養を取り込み吸収する細胞膜や神経組織の主要成分です。レシチンなどの脂質が不足すると、細胞膜の正常な働きを保つことができなくなったり、血管にコレステロールがたまったりするなど、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病に繋がる可能性があると言われています。

▼ご注文はこちら

4 獲りたて・新鮮
●水揚げから加工まで一貫生産・一次加工は船上で
「南極の宝石」のクリルオイルは、オリンピック社製(ノルウェー)の南極オキアミ油です。オキアミ専用船で南極オキアミの水揚げから加工までを一貫して行っています。南極オキアミは鮮度の低下が早く、自身が持つ消化酵素で身崩れや黒変を起こすため、通常は水揚げ後すぐに冷凍して輸送し加工しますが、オリンピック社製の南極オキアミ油は、水揚げ後、船上にある食品加工工場で一次加工(甲殻除去のため、加水分解・真空乾燥)が行われます。加水分解・真空乾燥は、特許製法であり、殻に含まれる有害なフッ素化合物も除去しています。

●超臨界抽出法で「リン脂質・アスタキサンチン豊富」
船上で新鮮なまま迅速に加工された南極オキアミは、低温真空状態でニュージーランドへ輸送されます。その後、「超臨界抽出法」によってクリルオイルを抽出します。この方法により抽出されたクリルオイルは、リン脂質・アスタキサンチンを天然の状態で豊富に含んでいます。中性脂肪化されやすい遊離脂肪酸が少ないことも特徴です。 南極オキアミ
超臨界抽出とは 二酸化炭素を媒体にして温度と圧力を加えていくと、液体と気体、両方の性質を持つ状態になります(液体は容易に溶解する、気体は拡散速度がアップする)。その後減圧して二酸化炭素を取り除き、必要な成分のみ抽出する方法です。
《メリット》
・低温抽出のため、高温状況下では劣化しやすい成分に影響が出にくい⇒高品質
・二酸化炭素溶媒のため、不安な溶媒が抽出物に混入しない⇒高純度

▼ご注文はこちら

5 アスタキサンチン含有
●還元力に優れた素材
アスタキサンチンはオキアミの赤い部分にあります。この成分は、トマトのリコピンやニンジンのベータカロチンと同じカロチノイドの仲間で、還元力が高いことで知られています。このアスタキサンチンが注目される理由は、還元力がベータカロチンの約40倍、ビタミンEの約1000倍という実験結果もあると言われているためです。 アスタキサンチン含有

▼ご注文はこちら

甲陽ケミカル株式会社
南極の宝石

南極の宝石 クリルオイル(南極オキアミ油) 28.5g(1粒325mg×60粒)

南極の宝石 クリルオイル(南極オキアミ油)

28.5g(1粒325mg×60粒)

8%OFF

希望小売価格5,123

価格 4,743 円(税込)

※2016年12月よりパッケージ順次変更予定(内容変更はありません)
注文数
カゴに入れる
お気に入りに登録
品番
00700180
JAN
4939118006221

新素材【南極オキアミ油】をリッチに配合。現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸が豊富。

「南極の宝石」は、オキアミ油(クリルオイル)、ヤシのバージンオイル、月見草種子オイルを配合したカプセル状の健康補助食品です。クリルオイルは南極オキアミの殻を除く、ほぼ全体を加工原料としていることから、さまざまな栄養素が含まれる成分複合素材です。【リン脂質結合型オメガ3脂肪酸】を主成分に、今注目の海洋性カロテノイドであるアスタキサンチンおよび、ビタミンA,Eなども微量ながら天然の状態でバランスよく配合されています。

内容量:28.5g(1粒325mg×60粒)

原材料:
クリルオイル(南極オキアミ油)、γ-リノレン酸含有月見草種子油、ゼラチン、グリセリン、トコトリエノー

お召し上がりの目安:1日あたり2~4粒を目安にお召し上がりください。

栄養成分表示:2粒950mgあたり
・熱量・・・・・6.1kcal
・タンパク質・・0.3g
・脂質・・・・・・・0.5g
・炭水化物・・・0.1g
・ナトリウム・・・0.7mg
・V.E・・・・・・・・2.13mg
・DHA・・・・・・31mg
・EPA・・・・・・57.5mg
・リン脂質・・・249mg
・クリルオイル・・・・・・500mg
・トコミン・・・・・・・・・・ 25mg
・月見草オイル・・・・・125mg
(γーリノレン酸)10mg

保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保管してください。

その他特記事項:
・過剰摂取は控えてください。
・原材料の特性上、特有のにおいがすること及び色調が異なることがありますが、品質に問題ありません。
・製品の品質上、粒同士が付着することがありますが、品質には問題ありません。
・開封後はお早めにお召し上がりください。
・お子様の手の届かないところで保管してください。
・体質に合わない場合は、使用を中止してください。また、食品アレルギーのある方、医師にかかっている方、妊娠・授乳中の方は、医師、または薬剤師にご相談の上、お召し上がりください。