中川の突撃レポート!オーブスさん訪問記

思わず、「肌をつまみ続けてしまう」謎に迫る!!

思わず「肌をつまみ続けてしまう」謎に迫る!!

肌本来の美しさ、うるおう力を甦らせるものを追求すると 限りなく「水」になりました
オーブスのスキンケアのご購入はこちら

中川の突撃レポート!オーブスさん訪問記

水のスキン+生活ケアのオーブスさんに遂にやってきました!


白馬三山の前でパチリ

信州は白馬!
京都から電車を乗り継ぐこと約6時間、白馬駅に到着です。
駅から出るといきなり白馬三山が視界に飛び込んできます。

オーブスの商品に惚れ込んで、取り扱いは開始したものの、私自身はこの2年間くらい家族と会社の関係で時間がとれず、ここまでやってくることができずにいました。

オーブスの阪神大震災と「人体実験」の歴史

岸社長が「世界一の水がここにある」ということで、阪神大震災をきっかけに神戸で創業された会社を思い切ってこの素晴らしい水のある場所に移動して約10年ちょっと。 現在の社屋は約6年前にオリンピック道路の最高の景色が楽しめる場所に建設されたものです。


オーブスの社屋の屋根裏

社屋に入ると、ほぼ全ての壁面が構造用合板で出来ています。
ご存じ、シックハウス症候群の原因となる各種の有害物質が大量に放出される一つの大きな原因健在です。
オーブスさんが世間に知られるようになったのは今のようなスキンケア商品を通じてではなく、もともと建築士だった岸社長が水の力でシックハウス症候群の原因物質を解決する技術を通じてでした。
多くの同種の商品が実験室上のデータだけで説明され、販売されている中で、オーブスのシックハウス対策商品は常に実際の建築物での効果を確認し、国をはじめとする公的団体にその効果を認められたものばかりです。

今の社屋はまさに壮大な「人体実験用」に作られたもので、 あれだけの合板が丸出しになっていれば入った人は化学臭や体の変調を感じるはずですが、逆に空気はとても快適で、磁場は整った印象、オーブスの水の世界は「快適さ」という形で体で感じることが出来る場所になっています。

私たちの会社も最近は有害電磁波を家ごとアースしてしまう「オールアース住宅」や土地の磁場調整「炭素埋設」、そして従来からの住宅用備長炭や竹炭の供給の関係で施主さんや建築会社の皆さんと関係が深くなりつつあり、遠くない将来オーブスのVOC対策商品を広く扱いたいと改めて思うことになります。

油を完全に溶かす技術が常識を覆す


夢水肌(夢水肌)の説明に聞き入る中川

そして今回の主目的は、従来の水だけを設計して作られたプリスティンシリーズをさらに進化させた「夢水肌(ゆめみはだ)」についてお話をお伺いするためです。

多くのお客様が手にとって、その不思議な力を絶賛されてきたオーブスの水シリーズですが、なにぶん水だけが入っていて何となく不足感を感じていた方もいらっしゃることは事実です。 特に乾燥が激しい季節になると、オーブスできちんと潤うのですが、何となく不安になりがち。

そんな中、生活ケア用として昨年発売開始された「ユーカリプタススプレー」は絶対に水には完全熔解しないはずのユーカリ精油をまさに「オーブスの純水」だけで完全に、しかも安定した状態で溶解させることに成功した画期的な製品です。 ユーカリとオーブスの相乗効果で素晴らしい汚れ落とし効果、消臭除菌効果、環境浄化効果がすべて公的データで確認されている確かな製品となり、弊社でも爆発的に売れてきました。

その「水で油を完全に溶かす技術」の延長にこの「夢水肌」はイメージされていました。

岸社長は云います。

世間で良い水として売られている浄水器や飲み水のたぐいは、素晴らしいものもたくさんありますが、すべてが水に何らかのミネラルやエネルギー、情報などを加えた”水溶液”だと云えます。

オーブスの技術がそれらと本質的に異なっているのは、いったんこの素晴らしい白馬の水を一切何も含まない”純水”として全ての成分を取り去り、完全なる水だけの状態としたものです。 その完全なる水だけの状態の水の”密度”を高めたものであることです。 オーブスの飲料水などを希釈してお飲み頂けると感じて頂けるのですが、水がすごく濃密になったというか、まったりと濃くなったような印象をお持ちになります。これが私たちのいう”密度の高い状態”なんですね。

このオーブスしか作り出すことのできない”密度の高い水”に精油などを溶かし込みますと、ただ溶解するだけではなくて、すごく微量でその精油などの効果を最大限に発揮させることが出来るようになります。

高名な水を研究する先生がたにもたくさんお会いしていろいろなアイディアをいままで頂いて来ましたが、このお話をすると本当に皆さん驚かれます。 何より、あり得ないはずの水に油が溶けている状態をお見せすると、皆さん言葉を失われます」


ユーカリプタススプレーについて語る岸社長

世の中に油を溶かす水という詠われ方をしている商品はたくさんあります。

それらの水で油を溶かすと確かにいったんは解けるのですが、必ず白濁し、数時間経つと分離が始まります。確かに溶けてはいるのですが、全体として溶け込み方は粗く、安定した状態になっていないので、白濁したり分離が始まったりします。
それに対してオーブスの純水加工技術を用いて溶かしたものは、白濁することはなく、いつまで経っても安定して溶け込んだままの状態になるのです。 下の図でイメージ出来るとおり、水の密度が高く安定した状態であれば、白濁も分離も起きずに油を溶かすことは可能になるという理屈です。 それが実際に世の中に存在している、それがユーカリプタススプレーです。


【左図】粒子が細かく、スムーズに吸収・崩れない 【右図】粒子が粗く、吸収されない・崩れやすい

油と水が溶け合うと、『赤ちゃんの肌』をつまみたくなる

そしてその技術はスキンケアの領域に入り込んできます。

岸社長が続けます。 「従来のオーブスの水のスキンケアで物足りなさを感じていた人にも、そして満足はしているけどもっと素晴らしい状態を望んでいる人にも間違いなくご満足頂けるであろうものが出来ました。

「この夢水肌は、オーブスの開発史を塗り替え、会社としても大きくステップアップするきっかけになる商品だと思っています。」

早速、その夢水肌が机の上に出される。
2つのボトルで構成されているようだ。

「こちらの透明のスプレーを、スキンベースウォーターと名付けています。 まず、こちらを最初に肌にスプレーして頂きます。」

このスキンベースウォーターだけでも充分にしっとりと潤う。 もうすでに何もいらない感じかもしれない。 それが乾燥するのをしばし待つ。

「そして、この青いボトルのパーフェクトエッセンスを塗ってみて下さい。」

「いいですか、それが乾いてから、ちょっと塗った方と塗っていない方の腕の皮膚の柔らかさの違いを感じてみて下さい」

云われた通り、乾くのを待つこと数分。
隣にいた佐々田が叫び出したのです。


肌をつまんでパワーを実感!

『え~!!なにこれ、赤ちゃんの肌じゃないですかぁ!!!』

『左腕だけ、自分の肌とは思えないです!!』

あまりに興奮しているの、で私もつまんで比べてみる。

確かに全然違う、塗った方はおじさんの腕なのに、感覚は子どものそれのよう。

塗っていない方は、今日36歳になったばかりの、まさに自分のそれそのもの。

なんというか、皮膚表面の伸びが違うというか、繊細な弾力を持っている健全さを感じるというか・・・

岸社長は
「いま、確かに柔らかさの違いを感じて頂けると思います。多くのテストに参加頂いたお客様が”10歳以上肌が若返った”と絶賛頂いて、商品になっていないのに今すぐ買いたいからいくらか、と云われて困りました(笑)」
「でも、お風呂に入ったりしたら水だから取れてしまって効果が消えるのでは、と心配されるかと思うのですが、その心配は全くいりませんよ。実際、明日確認してみて下さい」
「ただ、軟らかくなっているだけではなくて、その両腕を見比べて見て下さい。光にあてると、透明感というか、白さが全く違うでしょう。奥深くの透明感が変わっていることがすぐにわかると思いますよ。」

その話の間も、隣の佐々田は腕をつまみ続けてうっとりしている。
つまんでは、白くなっているのを確認して、つまんでは、見て・・・
翌日になっても、しつこく体中の皮膚をつまみ続けているとはさすがにそのときは想像しなかったのです。

夢水肌はどうして赤ちゃんの肌を作り出すのか

岸社長に、なぜ夢水肌の2つを使うと、つまみ続けたくなってしまう肌が一瞬にしてできあがるのかについて説明をお願いすることにしました。


スキンベースウォーター

最初に使った透明のボトル。

「細胞浸透化粧水夢水肌スキンベースウォーター」と名付けました。
詳しくは資料を覧て頂くとして、こちらは従来の私たちの”密度の高い水”を使って、皮膚の一番深い組織・基底層に届くまで浸透させる技術を磨き上げて完成させたものです。
極微細で、極微量の有効成分が無理なく皮膚に浸透して、皮膚の再生を促進すると同時に、潤いを与えるものになっています。」

となると、今までのプリスティンあとぴったりウォーターとどう違うのという質問が出てきそうですね?

「確かにそのご質問は頂きます。いままでのプリスティンのケアなどで充分ですよとおっしゃる方はそれで充分だと思います、ただ一度このスキンベースウォーターを試して頂く価値はあると思います、特に肌の再生力を高めることを主力に設計しています。会社や家事のあいまに乾燥しないように何度もケアして頂くのには肌にかゆみのあるアトピー肌の方には、あとぴったりウォーターを使ってかゆみ対策をしてからスキンベースウォーター、そのあとにパーフェクトエッセンスというステップでお使いになるといいでしょう。」


パーフェクトエッセンス

次に使う青の美しいボトル。

こちらが先ほどお話しした、油を水で溶かす技術を使っています。
精油が入っている量は、ユーカリオイルがたった0.025%、オーレンエキスもわずかな量でふくまれています。
その他の成分も同じように微量入っていますが、この微量な成分が私どもの密度が高い水に溶け込みますと、その作用は全く落とさないまま、逆に成分がきわめて薄く広大な表面積をもって広がっていることになりますので良さを引き出すことが出来るわけです。
これが先ほど皮膚の奥深くまで入り込んだ水を確実に皮膚の中に閉じこめるのです。

もちろんユーカリプタスの抗菌、清浄といったような作用や、オーレンエキスの細胞修復の働き、他の配合成分にもそれぞれの役割があって、そして透明感を引き出し、肌を柔らかく健全化してくれるんです。

ほとんどの皮膚のトラブルは加齢や紫外線、食生活、ストレスなどのいろいろの要因で硬くなってしまうことから起きます。皮膚がしっかりと水分を含んでいて、柔軟性を取り戻してゆくと、本当に肌は透明感をもってみずみずしく、美しく内側から光を放つようになります。
美白という言葉は普通シミなどを薄くすることを言いますが、この2ステップで得られる透明感と柔らかさを感じされると今までは何だったのだろうと思われるのではないでしょうか。」

確かに、お話を聞いている間も皮膚はどんどんみずみずしさを増し、オーブスではじめて夢水肌を手にしてから1週間経つ今も、毎日使っていることで日増し皮膚の柔らかさを増すようで、皆に思わず顔をつまませ続けていることからもはっきりしてきたようです。

わずか2ステップ!驚きのシンプルスキンケア「夢水肌(ゆめみはだ)」

まず、スキンベースウォーターを肌にスプレー。

次に、パーフェクトエッセンス。

たったこれだけで、肌が潤うんです!

面白いのは、スタッフにも同じように2つのステップを腕で体験させてみると、皆一様におもしろがって皮膚をつまみ続けるのです・・・

プレマスタッフも夢水肌のパワーを体験!

スキンベースウォーターをシュシュ!!

パーフェクトエッセンスをなじませて…

おぉ!?なんかぷにぷに?

お~、やわらか。(私のうでをさわって!!)

数週間後、うちのスタッフはどんなに美しくなってしまっているのでしょうか!

オーブスの過去・現在・未来

岸社長はここまで堅実に研究一本槍で進んでこられました。

「営業とか販売とかはとても苦手で、逆に研究に入り込むと本当に何日も研究室から出てこなくなってしまって、社員を心配させたことも多々ありました。

いまも、あらゆる企業、食品メーカー、建材メーカー、スキンケアメーカーなどからも続々原材料としての機能水の開発依頼や共同研究のお話が入ってきます。もちろん以前と同じように、政府系機関からもです。

ただ、いままで10年間ほど研究に没頭してきて、このユーカリプタススプレーや夢水肌のような高い完成度の商品が出来てきて、嬉しいことにたくさんのかたに絶大な評価をいただくようになってきました。

またこの状況で研究室に入り込むと出てこられなくなってしまいますので(笑)
研究の時間は当面少なくして、オーブスの水の世界を皆さんに知って頂けるよう全国を飛び回りたいと思っています。」

実際、弊社でも岸社長にお話を頂くセミナーを行っていて、毎回参加された方からは
「これほどわかりやすく、合理的に水のお話をされる方ははじめて!」と絶賛を頂いています。

「私、もともと建築士ですから、どうしても理屈でつながっていないと自分が自分で納得が出来ないんですよね、だからついつい、男性的な話し方になってしまい ます。
もうちょっと気の利いた、営業的な話も出来るといいのですが、どうも、そっちのほうは苦手で・・・・」

なるほどぉ、でもそういうところが、お客様もお好きなんだと思いますよ。

「明日も、息子が行っている小学校に講演にいくんです、テーマは”正しいけんかの仕方”なんて話で、子どもたちにいろんなことを話すのが好きなんですね(笑)」


オーブス社専務取締役の平松さん

といってはにかみながら笑う岸社長。
そしてお隣にはいつも専務取締役の平松さんが座っていて、社長の話をフォローされています。

研究室も見せて頂きましたが(奥は極秘でまず見せないそうです)、精妙な水の世界をかいま見る気がしました。
並んでいるのは大量の機能水。このベース水を様々にブレンドすることで、オーブスの商品はできあがってきます。

「10年もやっていると、どれとどれをどうやって組み合わせると得たい結果が得られるかと云うことは簡単に分かるようになってきました。」

と、本当に楽しみなる自信。
いったい、水の世界はどこまで広がるのでしょうか。

化学物質を消してしまったり、閉じこめてしまったり、油を水で溶かしたり、体や肌に機能をもつ水ができてしまったり。
岸社長の今後の大発見にずっとついていきたいと思いながら、美しい白馬の土地を離れました。


オーブス社のスタッフ大江さんと共に…

余談:オーブスのスタッフ、大江さんはなんとプレマのヘビーなお客様でした!
「ずっとお会いしたかったんです」なんて云われて赤面してしまいました。
その記念写真?が左の写真です。


岸社長と中川のツーショット

大江さん、お仕事中も時折オーブスの水を顔全体にスプレーされていて、本当にツヤツヤ、ぴかぴかでいらっしゃいました。 全国津々浦々で、悪いことはできないなあと改めて思ったのです・・・

オーブスの皆様、お忙しいところ、快く取材に応じてくださり、ありがとうございました!!