プレマシャンティ試食会レポート おやつ編

プレマシャンティのお菓子を通して、おやつの食べ方、取り入れ方をご提案

プレマシャンティ試食会

プレマルシェ・スタジオ中目黒 マネージャーの十二村(ジュウニムラ)です。
3回目となりましたプレマシャンティ試食会。
今回のテーマは【おやつ】でした。
実は今回の試食会は、私のリクエストで実現しました。
京都にいったスタッフが、お土産にと持ち帰ったお菓子を食べたのがきっかけでした。4種類程食べて、美味しいだけでなく食感や後味、何より一枚一口食べていてお腹が満たされ、身体から満足した感覚があったのです。ちょうどお盆帰省を控えた時期だったので、今年の帰省土産はプレマシャンティのお菓子にしよう!と決めた瞬間でした。
それと同時に、もっと皆さんに食べてもらいたい、試して頂くきっかけをつくりたくて実現させました。

試食会は、商品を紹介し開発者しか知らない裏話をお伝えし、試食いただく。
当初はそのようにイメージしておりましたが、それに留まらない濃い内容、そしてお腹いっぱいの試食会となりました。

有機デーツ

プレマシャンティ 有機デーツ

プレマシャンティ 有機デーツ

ワクワクで始まった試食会。
まず最初はデーツです。
中東イスラム諸国では、ラマダン明けにデーツが食べられており、断食開けに血糖値を上げてから食事を始めるという習慣があります。 現地では裕福な人が無料でデーツを振舞ったりする事もあるそうです。これは【ユナニ医学】というアユルベーダや中医学の大元である伝統医学に基づいています。
食事の最初だけでなく、ダイエット中のおやつにデーツをゆっくり噛んで摂るのもオススメです。

デーツを食べて準備が整ったところでおやつのオンパレードのスタートです!

プレマシャンティおこめさくさく〜ミックス〜

プレマシャンティおこめさくさく〜ミックス〜

プレマシャンティおこめさくさく〜ミックス〜

材料はなんとお米だけ。
塩も油も使わないお米に圧力をかけただけのスナック菓子。
サクサクと優しい食感で、おやつとしてはもちろん、お湯を入れてお子様離乳食や、介護食にも使えます。体調のすぐれない時の食事代わりにも。
三種のお米は、熊本県天草諸島の豊かな自然と美しい海に面した地域で、あるがままの自然に沿って育てられています。
白米、黒米、赤米の違いも楽しめますね。
その時の体調で欲する色が異なるんだとか...
白米 軽さが必要な人
赤米 今がちょうどよい人
黒米 もう少しエネルギーが欲しいひと人
皆さん何色だったでしょうか?

子どもの食事にも、少しふれました。
3歳頃までは、精製されたお砂糖は控えたほうが良いという考え方があるのだそう。
子どもの頃の食事が、大人になってからの体調に影響する可能性があるというのですが、食がからだに及ぼす影響は大きいですね。

プレマシャンティ京あられ (白たまり、本たまり)

プレマシャンティ京あられ

プレマシャンティ京あられ

「京あられ」は、精米から焼き上げまで、一貫した伝統製法を守り続けつくられるものだけに許された特別な名称です。
職人さんがもち米を杵でついて、自然乾燥させて、焼き上げます。
丁寧に作られたあられの味は、お米の香りとたまりの香りがイキイキしていて、一枚の満足感はすごいです。
この京あられは、京都七条の『幸栄堂』さんで作られています。お店の周りはお餅やたまりのいい香りがするんでしょうね〜

味付けは、大豆だけのたまり醤油と、小麦だけの白「醤油」をつかっています。ですが小麦だけの白「醤油」は、白醤油ではなく「白たまり」と書かれています。
【醤油】と称するには、大豆が1粒でも入っていないといけないと、JAS法で決まっているからです。以前、白醤油として販売していた時に、改善命令を受けたことがあり、名称の変更か、大豆を入れるかの選択を迫られたそう。その時に、お客様から「名称よりも味」と強い支持があり、製法変えないと決めた職人たちは今も小麦だけの醸造調味料「白たまり」を作り続けています。

プレマシャンティにほんのクッキー

プレマシャンティにほんのクッキー

プレマシャンティにほんのクッキー

日本に、昔からお米と大豆があるように、世界中どの国も、穀物と豆が存在します。
にほんのクッキーは、日本ならではの穀物と豆、米・大豆でクッキーを作ったらどうなるか?という試みで生まれました。小麦粉は使っていませんが、、グルテンフリーは目的ではありません。牛乳の代わりに豆乳を、バターの代わりに菜種油を使い、動物性原料は使わないのに「クッキー」特有の風味をだしています。優しい甘さで、1枚でも満足感があり、朝食の代わりやおやつにピッタリです。
味は、プレーン、黒蜜きな粉、ココナッツ、カフェ、ショコラの5種類。

開発中のおやつ

朝ごはんを食べない子供が増えていて、必要なタンパク質が不足しがち。プレマシャンティでは、作り手と一緒になって、手軽に食べられて高タンパクな豆を主に使ったクッキーを企画中です。今回は特別に、まだ世に出ていない子たちが登場しました。
にほんのクッキーより、硬め。咀嚼していくうちに、お豆の甘みが出てきて食べ応え抜群です。ダイエットの見方になるとか!? 詳細はここまで、ご紹介開始をお楽しみに!!

もうひとつは、バナナとパイナップルをそのまま天日乾燥させただけのドライフルーツ。 果物そのものが活きていて、濃い味わい、しっかりとした食感でした。他にも何種か一緒にご紹介予定です。
バナナのお菓子といえばバナナチップが多いですが、熟したバナナは糖度が高く、砂糖は不要。ココナッツオイルで揚げる必要もありません。

試食会では、食感がしっかりしたおやつを多く紹介しています。
プレマシャンティシリーズにも、噛んで美味しく食べられるものが多いです。
子どもの頃から、しっかりと咀嚼する習慣づけができるように、またおとなも噛む大切さを思い出せるようにという意図からです。

現代、柔らかい食べ物、しっかりと咀嚼せず食べられるものが増えてきて、年齢に関係なく噛む力が低下していると聞きます。人間が噛まなくなってきたことで、身体の内側も変わっています。それがきっかけで、不調を訴える方も増えているし、運動能力にも影響が出ていると云われています。
よく考えると、昔ながらの食材、玄米や乾物、豆類、干物などは、しっかり噛まないと食べられないものが多いです。伝統食を守る事は私たちの健康にも繋がるんだなあと..噛むことの大切さから再認識。
ご参加の皆さんより、『ひよこ豆のクッキーは硬くてお年寄りには無理かもね』とのお声があり、私もそう思ってしまいました。
既に顎が弱っている証拠ですね(汗)

おにぎり

プレマシャンティ イタリアンちりめん

プレマシャンティ イタリアンちりめん

おやつの最大の提案として出されたのが、おにぎりです。二口サイズの小さな玄米おにぎりを用意しました。ご飯をおやつに??と思いましたが、食事の合間の小腹が空いたときに、腹持ちがいいのです。また、食事の間を空け過ぎず、適度にお腹に入れる事で、食事の糖質をゆっくりと吸収してくれて、食べ過ぎも防げます。
バリエーションを増やし、飽きずに楽しめるおにぎりのお供として、ふりかけ3種類と、ちりめんジャコの佃煮をご紹介。
佃煮は、オリーブオイル、バジル、松の実でつくられた一見洋風ですが、ご飯にピッタリ。甘さのあるものを合わせることで疲れが取れ、おやつタイムのおにぎりに最適です。

おやつ=お菓子である必要は無いのですね。

モンゴル産松の実

プレマシャンティ モンゴル産松の実

プレマシャンティ モンゴル産松の実

食用の松の実です。
調理用と混同しがちですが、実は全く味が違ってとっても美味しいです。
そのままで美味しい食用の松の実に出会っていない方には、是非試していただきたいです。
松の実は、酸化しやすく味が変わりやすいので、10g食べきりパックになっています。少量で満足出来ます。この松の実、おにぎりにも合うのです。握って持ち運ぶと味が変わるので、小袋を持って行って、食べる時におにぎりに添えるのがポイントですね。

こんにゃくチップ

プレマシャンティ モンゴル産松の実

こんにゃくチップ

お待ちかねのスナック菓子。
個人的なお気に入りおやつNO.1です。
こんにゃくとじゃがいもでんぷんを使い、サクッと焼き上げた軽い食感で、おやつに、ビールのお供にもピッタリです。ついつい手が伸びてしまいますが、油で揚げてないので、気になるカロリーは100キロカロリー弱と嬉しい限りです。
帰省土産で用意したのですが、誘惑に負けて開けてしまったいう程魅力的なスナックです。

「スナック」というと、日本ではポテトチップスのような揚げ菓子をイメージしますが、外国では、摘まめるものを意味し、おつまみや、スペインの「ピンチョス」、中国の「点心」などもこの仲間になります。だから小さいおにぎりも「スナック」!。発想の転換ですね。

カロリー、添加物、合成保存料を気にせず食べれる、究極のスナックこんにゃくチップは、わかめ、シイタケ、小エビの3種類。 作り手は、冬には雪で煙突しか見えなくなってしまう豪雪地帯にあるとの事。
大雪になると休業せざるを得ないこともあるので、商品がお休みになったら、雪景色の中に佇む工場の煙突を思い出浮かべようと思います。

ビスコッティ風堅焼きクッキー オリジナル

プレマシャンティ ビスコッティ風堅焼きクッキー オリジナル

ビスコッティ風堅焼きクッキー

出すタイミングを見計らっていた、ビスコッティ。
なぜなら食べ応えがあり、腹持ちが良いので、他が食べられなくなるかもしれないからです。
材料は小麦とクルミ、重曹。糖分には、発芽玄米を麦芽で発酵し糖化した世界初の一物全体の甘味料“マクロシュガー(R)を加えています。 しっかりとした歯ごたえで、噛むほどに優しい甘さと、クルミの風味が広がり、朝食やおやつ、コーヒーのお供にも合わせたい堅焼きクッキーです。

なちゅらるクッキー〜野菜ミックス〜

プレマシャンティ なちゅらるクッキー〜野菜ミックス〜

なちゅらるクッキー〜野菜ミックス〜

カボチャ・人参・玉葱
お昼ご飯、お子様にオススメで、バター不使用ですが美味しいクッキーの触感があり、ちゃんと野菜の味がします。一番少ない材料の玉ねぎの味も感じて、改めて玉ねぎのパワーを認識しました。旅、出張の時など忙しい時にホットするおやつです。

金ごまクランチ~塩麴~

プレマシャンティ 金ごまクランチ~塩麴~

金ごまクランチ~塩麴~

金ごまを塩麹を糖で固めた板型のおやつ。
甘さが強くなりがちなごまのお菓子ですが、塩麹の程よい塩気でやみつきになります。
人間の体には、油は必須です。取り入れるときに食用油よりナッツや穀物など、食物から取り入れたほうが、必要な分を自分の体で吸収しやすくなります。
これから冬にかけて、ごまの油分がたくさん摂れる金ごまクランチはおすすめ。
お好きな方のまとめ買いが多い人気商品です。

発芽炒り玄米〜塩〜

プレマシャンティ発芽炒り玄米〜塩〜

発芽炒り玄米〜塩〜

発芽玄米を炒って塩を絡めただけのシンプルなおやつ。
これも咀嚼が必要なので、腹持ちがよく、 ポリポリ、ガリガリと噛むときの触感が、ちょっとしたストレス発散や気分転換にもいい。日持ちがして、軽くて、潰れないので、ご家庭や非常用に持っておくと、もしもの時に役立ちます。
かばんに入れた炒り玄米は、水筒のお湯でふやかすとおかゆにもなります。

その他にも、玄米ぽんせん、皮付き干し芋、ドライフルーツ酵素☆だもの、ケールチップス。
開発中の炒りひよこ豆、スパイスを使ったおかき。
食事の代わりなるものとして、朝、昼、晩、おやつ、4つのタイミング別につくられたバーなど。
気付けば用意したおやつが20種以上!
例の如く大盤振る舞いで、テーブルがおやつでいっぱいになりました。

【おやつ】というテーマから

【おやつ】というテーマから

お菓子とおやつの違い、おやつのオススメの摂り方とタイミング、子供のおやつの与え方、世界のおやつと文化、噛む事と人間の退化、日本の伝統食、ダイエットや体重のコントロール、非常食保持、など....
一つ一つの商品紹介から話題が広がり、様々な発見と学びがありました。

日本に出回るお菓子は、保存料、化学調味料、アミノ酸が含まれているものが多く、当たり前のように入っています。消費者も大量生産され格安に購入出来る大手スーパーに足が向き、伝統的な昔ながらのお店は減る一方です。
子供にとっておやつの時間はとても楽しみで、足りない栄養を補給する大切な時間です。
またそこで何を食べるかによって、日本の伝統や文化を伝えるツールの一つになると考えます。
素材や生産者の事、どこで、どんな風に作られているのかが分かるお菓子であれば、会話は広がりさらに楽しい時間になると思います。 大人でも参加者の皆さんが仰ったように、補食、ストレス解消、縛り少ない食事、摂りきれない栄養補給、仕事の息抜きなど、合間にエネルギー補給するとその後の活動、仕事の原動力になります。

【おやつ】は、生産者と消費者を繋げ、人と人のコミュニケーションをより良いものとし、食事と食事の間を持たせてくれる、大きな可能性を見出すきっかけとなりました。
プレマシャンティのお菓子を通して、おやつの食べ方、取り入れ方を提案していく事で、生産者さんや伝統を守り、皆さんの健康維持の手助けに繋がって欲しいです。

プレマシャンティのお菓子シリーズはコンセプトづくりから開発に至るまで、お客様から様々なご要望をいただいてきました。 子供に安心して食べさせられるもの、 食べて体が重くならないもの、 アレルギーに対応しているもの、 小麦・卵・砂糖不使用のもの..等

また、自然食品をより手軽に手に取れるものとして大切にしています。
今年で7年目になり、既にたくさんの作り手と、数多くの商品を手がけてきましたが、これからも皆さまと一緒に育てていきたいと思っております。試食会も定期的に開催し、味を体感していただきながら、ご意見、ご感想、こんな商品作って欲しい..などのご要望もお聞かせいただく会にしていきます。私たちにとって貴重な機会です。
是非ふるってご参加ください。

試食会のエピソードを皆様にシェアすべくまとめたつもりですが、いつの間にか長文になっておりました。
少しでもお役に立てれば幸いです。
中目黒スタジオでお待ちしております!

プレマルシェ・スタジオ 中目黒 十二村