洗濯槽クリーナー「洗濯槽キラリ」バイオの力で99.9%除菌

洗濯機がキレイになっても環境に悪ければ意味がない。洗濯槽キラリは地球の未来を守ります。

普段見えない洗濯槽の裏側、ちゃんとお手入れしていますか?
きちんと洗濯しているのに、
洗濯物のニオイが気になること、ありませんか?

バイオ(酵素)のチカラで汚れを分解に 99.9%除菌※メーカー調べ 洗濯槽キラリ

▼ご注文はこちら

洗濯槽が汚れていると、洗濯をしても汚れが落ち切らず、嫌なニオイのもとになってしまいます。
そこで活躍するのが洗濯槽クリーナー。
でも、市販の洗濯槽クリーナーって効き目抜群なのはいいけど、環境には悪いんじゃないの?
そう思っておられる方、必見です。
洗濯槽キラリは、洗濯槽の裏側の洗剤カスや水垢が原因の雑菌・黒カビを、
たっぷりの泡ではぎ取ってバイオの力で分解。
環境に配慮し、厳選された生分解性に優れた原料を使っています。
汚れがゴッソリ落ちるのが目に見えて気持ちいい!
2ヶ月に一度のキレイ習慣、ぜひあなたのお宅でも。

洗濯槽には雑菌が繁殖しやすい

洗濯物から嫌なニオイがする…

なんだか洗濯物から嫌なニオイがする…。ニオイが気になるから、香りの強い柔軟剤を使ってごまかしたりしていませんか?
その嫌なニオイ、もしかしたら洗濯槽に生えてしまったカビが原因かもしれません。洗濯槽の裏は、新品の洗濯機でも3か月後にはカビが繁殖していると言われています。それだけ、雑菌が繁殖しやすい場所なのです。

洗濯槽は黒カビや菌たちにとっては優良物件

洗濯槽には雑菌が繁殖しやすい

カビが発生する条件は、栄養・湿度・温度。洗濯槽には洗剤の溶け残りがたまりやすく、それがカビのエサになってしまいます。さらに、洗濯槽は湿気や温度の条件もそろいやすく、まさに黒カビたちが住みやすい環境です。
カビが生えやすい場所としてはお風呂が有名ですが、お風呂は毎日のようにお掃除しますよね。
では洗濯槽はどうでしょう。毎日お掃除するという人はほとんどいないのではないでしょうか。でも、掃除をしないでいればいるほど、カビや雑菌たちは蓄積されていきます。カビも一緒にお洗濯していると思うとぞっとしますね。

洗濯機の汚れやすさチェック
  • 界面活性剤が入った洗濯洗剤を使用している
  • 洗濯石けんを使用している
  • 洗濯物の量が多く、いつも満タンで洗っている
  • 洗濯洗剤の量はきちんと計らず、適当である
  • 洗濯物は洗濯かごに入れずに、直接洗濯機に放り込んでいる
  • お風呂の残り湯で洗濯している
  • 汗や皮脂汚れがついた洗濯物が多い
  • 洗濯機を回したまま、干すのをつい忘れてしまうことが多い
  • 洗濯機のフタがいつも閉まっている
  • 洗濯槽のお掃除は、年に一度程度、あるいはそれより少ない
  • お洗濯は夜にタイマーをセットして、翌朝干している

危険!2つ以上チェックがついた方は、洗濯槽が非常に汚れやすい状態です。日ごろから、黒カビや雑菌が繁殖しにくい環境にすると同時に、定期的に洗濯槽のお手入れをしましょう。

日ごろ注意すべき4つのポイント

では、クロカビや雑菌が繁殖しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
以下の4つのポイントを守ることで、完全にとは言えませんが、カビや菌の繁殖を抑えることができます。

  1. お洗濯の時は、洗剤の使用量を守りましょう。そうすることで、溶け残りを防ぐことができます。
  2. 洗濯が終わったら、ふたを開けて洗濯槽を乾燥させましょう。湿気をこもらせないことが大切です。ただし、あけっぱなしにするとほこりが入って、それがまたカビの栄養源になってしまいます。洗濯槽が乾いたら閉めるのを忘れないように。
  3. 汚れものは洗濯機に投げ込まないで、洗濯かごに入れましょう。脱いだ衣類に含まれた湿気で洗濯槽内の湿度が上がってしまいます。また、汗や皮脂もカビの栄養源になってしまいます。
  4. お洗濯が終わったら、洗濯機に入れっぱなしにしないですぐに干しましょう。そのままにしておくと湿気が溜まって、カビにとっては絶好の環境になってしまいます。

洗濯槽のお手入れをしないとどうなる?

洗濯槽の汚れ、特に裏側は目に見えないので、ついついお掃除を先延ばしにしてしまいがちです。ですが、汚れたままにしておくと、いろんな問題を引き起こします。

嫌なニオイのもとに。

服に雑菌がつくと、嫌なニオイのもとに。

アレルギーやアトピー、喘息、肌荒れの原因になることも。

雑菌や洗剤カスはアレルギーやアトピー、喘息、肌荒れの原因になることも。

洗濯槽からも嫌なニオイがする。

洗濯槽からも嫌なニオイがする。

息を吸うたびに菌を体内に取り入れていることに。

部屋干しのご家庭では、洗濯物の水分に含まれた雑菌やカビが部屋の壁やカーテン・畳などに吸収されてしまい、息を吸うたびに菌を体内に取り入れていることに。

洗濯槽は定期的にお掃除を

日ごろから上にあげた4つのポイントを守っていても、洗濯機の役割やその構造上、カビを完全に防ぐことはできません。また、「我が家の洗濯槽はステンレスだから大丈夫!」という方も安心はできません。ステンレスは確かにカビにくく、もしカビがついても取れやすいのですが、絶対にカビないというわけではありません。洗剤のカスや、洗濯の時に出たゴミに雑菌がついてカビになり、洗濯槽についてしまうことは十分にあり得ます。汚れたままの時間が長ければ長いほど、お掃除も大変になってしまいますので、定期的なお手入れを心がけましょう。お手入れの時に活躍するのが洗濯槽クリーナーです。

洗濯槽クリーナーの種類

近所のドラッグストアなどでも、たくさんの種類が並んでいる洗濯槽クリーナー。実際、何が違うの?どれを選べばいいの?と悩んでいませんか?
洗濯槽クリーナーは、大きく分けて2種類。酸素系漂白剤と塩素系漂白剤です。では、どこが違うのかをみていきましょう。

  酸素系漂白剤 塩素系漂白剤
主要成分 過炭酸ナトリウム 次亜塩素酸ナトリウム
効果 発泡の力でカビをはがして浮かせる カビを分解して溶かす
満足感 汚れが落ちたのがよくわかる カビは分解されるので、落ちたかどうかがわかりにくい
臭い ほとんど感じない 独特のニオイ
殺菌力 弱い 強い
使いやすさ ぬるま湯を使う方が効果的 水でもカビを分解できるのでお手軽
危険性 生分解性が高く、人体にも環境にもやさしい 「混ぜるな危険!」の文字どおり、間違った使い方をすると有害物質が発生。排水は環境汚染にもつながる
肌への刺激 非常にやさしい 強い
洗濯槽への影響 非常にやさしい 痛めやすい

このように、塩素系漂白剤の方が殺菌力には優れていますが、その分、人体や環境への悪影響は避けられないものになっています。

コラム 次亜塩素酸ナトリウムの毒性

次亜塩素酸ナトリウムが主成分である塩素系漂白剤は、数百倍に薄めても、直接触ってしまうと皮膚がただれてしまうこともあります。誤って飲んでしまった場合、口内の粘膜組織を荒らすだけでなく、吐き気や嘔吐をすることも。濃度が高いものが目に入ると、失明する危険性もあります。また、酢やクエン酸など、酸性の強い物質と一緒に使うと、有毒な塩素ガスが発生し、死に至る可能性もあります。

ちりも積もれば山となる

次亜塩素酸ナトリウムは、人体にも環境に悪い。でも、一般家庭で発生する量で環境汚染というのは少し大げさじゃない?下水処理場もあるんだから…。という方も多いと思います。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは生物分解性が悪く、下水処理場での完全除去は困難です。
また、ひとつの家庭で発生する量が微量でも、日本中、世界中の家庭で発生するとしたらどうでしょう。地球の未来を守るために私たちができることは何か、今一度考えてみるべきではないでしょうか。

「洗濯槽キラリ」の特長

洗濯槽クリーナー 「洗濯槽キラリ」 400g×2袋

洗濯槽キラリは、酸素系の洗濯槽クリーナーです。汚れを漂白成分の泡ではぎ取り、バイオ(酵素)の力で分解します。再汚染防止剤・オレンジオイル・酵素を配合し、これまでにない洗浄プロセスで洗濯槽を清潔に保ちます。

非塩素系成分(酸素系)を使用で環境負荷を軽減

地球にやさしい

洗濯槽キラリは、過炭酸ナトリウムを使用しています。過炭酸ナトリウムは、効果発現後は、酸素と炭酸ナトリウム(温泉成分)に分解されるので、環境にとてもやさしいのです。石油由来の界面活性剤も使用していません。「洗濯槽がキレイになっても、環境に負荷をかけては意味がない」という開発者の想いがこめられています。

パワフルな洗浄力と除菌力

人体にも環境にもやさしいのに、洗浄力は驚くほどパワフルです。過炭酸ナトリウムが効果を発現すると、酸素が大量に発生し、その酸素が除菌効果をもたらします。その除菌効果は実に99.9%以上!(メーカー調べ)
洗濯槽のニオイの発生源である菌類を除菌します。

常温でも使用可能

一般的な酸素系クリーナーは、40~50℃のお湯を使用するのが効果的ですが、洗濯槽キラリは、低温でも溶けやすい過炭酸ナトリウムを使用しており、30℃程度の水でも効果を発揮します。

厳選された原材料

洗濯槽クリーナー 「洗濯槽キラリ」 400g×2袋
脂肪酸ナトリウム
生分解性の高い植物性の石鹸を使用。発泡を助けます。
酵素
トリプル酵素配合で、3種類(タンパク質・セルロース・脂質)の汚れを分解除去します。
クエン酸
水中のミネラル成分を無害化して汚れ落ちを助けます。
再汚染防止剤
一度とれた汚れが再び洗濯槽に付着するのを防ぎます。
焼成カルシウム
焼成ホタテ貝カルシウムを使用。アルカリ性をあげることで汚れの分解を促進します。
オレンジオイル
洗濯槽にこびりついた油系の汚れを取るのに有効です。ほのかなオレンジの香りもうれしい。

ドラム式洗濯機にも対応

ドラム式洗濯機にも使えます

過炭酸ナトリウムと脂肪酸ナトリウムを使用した洗濯槽クリーナーは、泡の量がコントロールできないため、槽洗浄中に泡が大量に出てしまう心配がありましたが、洗濯槽キラリは、泡がたくさん出ないようにコントロールされているので、ドラム式洗濯機でもお使いいただけます。(槽洗浄プログラムを必ずお使いください。)

洗濯槽キラリの使い方

洗濯槽キラリ1袋をいれます。

1 最高水位まで注水し、洗濯槽キラリ1袋を全部いれます。※最適水温:30~40℃

5分間運転して泡立て

2 5分間運転して泡立てます。

3時間ほど放置

3 フタを閉めて3時間ほど放置します。

※12時間以上の放置は故障の原因になりますのでお気を付けください。

汚水を排水し、最高水位で1・2回通常運転

4 汚水を排水し、最高水位で1・2回通常運転をしてください。

※不要になったタオルなどを入れておくと、ゴミが簡単に除去できます。

キレイになりました!
洗濯槽の内側も裏側もキレイになりました!

スタッフが使ってみました

前回、洗濯槽をお掃除したのは、たしか3ヶ月ほど前だったと思います。その時はあまり深く考えずに、ドラッグストアで買った塩素系クリーナーを使いました。でもその後も、洗濯物に黒いものが付着していたり、時にはニオイが気になったりすることも…。
そんな時、洗濯槽キラリのサンプルをいただいたので、早速使ってみました。そこまで長期間ほったらかしってわけでもないですし、汚れていると言ってもちょっとかなと思っていたのですが、洗濯槽キラリを入れて5分運転後、みるみるうちに泡の中に黒いワカメのようなものが!そのままじーっと見ていると、もう、出るわ出るわ。15分ほどでワカメだらけになってしまいました。

15分ほどでワカメだらけに…

ここまで落ちると、何というか清々しいですね。こんな状態の洗濯槽でお洗濯していたのかと思うと、本当に恐ろしいです。
今まで使っていたクリーナーは、プールの消毒のようなニオイが苦手だったのですが、洗濯槽キラリはほのかにオレンジの香りがして、気持ちよくお掃除ができました。これからは、定期的に洗濯槽キラリでお手入れしようと思います。

プロモーションセクション 上ヶ谷友理

株式会社 エコプラッツ
洗濯槽クリーナー「洗濯槽キラリ」

洗濯槽クリーナー 「洗濯槽キラリ」 400g×2袋

洗濯槽クリーナー 「洗濯槽キラリ」 400g×2袋

洗濯槽クリーナー
「洗濯槽キラリ」

400g×2袋

価格 1,296 円(税込)

注文数
カゴに入れる
お気に入りに登録
品番
00701207
JAN
4580241602134

洗濯槽の洗剤カス・水垢・除菌などのお悩みに、バイオの力でパワフル洗浄

汚れを漂白成分の泡ではぎ取り、バイオの力で分解し、99.9%除菌します。(メーカー調べ)
再汚染防止剤・オレンジオイル・酵素配合で、今までにない洗浄プロセスで、洗濯槽を清潔に保ちます。
生分解性に優れた原材料を厳選し、人体にも環境にもやさしい酸素系の洗濯槽クリーナーです。

■品名:洗濯槽用洗浄剤
■用途:全自動洗濯機・2槽式洗濯機・ドラム式洗濯機洗浄(ステンレス槽・プラスチック槽共用)
※使用については、ご家庭の洗濯機の説明書をご確認ください。
■特性:弱アルカリ
■成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)・脂肪酸ナトリウム・酵素・クエン酸・再汚染防止剤・焼成カルシウム・オレンジオイル
■生産国:日本