クライファーの炭シャンプー

クライファーの炭シャンプーも特別価格!格安送料で速攻発送いたします!

炭関連商品 炭石けん「サボンブラック」 / 玉井さんの紀州備長炭「パッション炭シャンプー」
遠赤・消臭効果の備長炭繊維衣料「エアモンテ」 / 高機能炭繊維「炭を着る」
炭・木酢液商品多数掲載! / 当店の看板!最高級木酢液


炭のパワーでヘアケア&ボディケア


クライファー炭シャンプー

▼買い物かご

古くから利用されていた炭のパワーに着目したヘアケア&スキンケア製品
肌や髪自身が本来持っているはずの力を引き出していく
『足し算ではなく引き算のヘアケア、スキンケア』を目指していきます。


必見!天然抗菌竹繊維「クライファー」関連ページ
クライファー炭シャンプー
本来持っているはずの力を引き出していく
クライファーの炭シャンプー
クライファー炭シャンプー
白く弾力のある健康な頭皮に
クライファー吟醸シリーズ
クライファー炭シャンプー
分らないところはこちらから
クライファーシリーズFAQ
クライファー炭シャンプー
クライファーシリーズのご使用方法
クライファーご使用方法
クライファー炭シャンプー
全商品はこのページからどうぞ!
「クライファー」ショッピングページ



炭シャンプー誕生秘話


足し算ではなく引き算のヘアケア、スキンケアを目指して
炭シャンプーが誕生するまで

炭シャンプーを初めて作ったのは美容師になって20年程経った頃でした。

何人ものお客様の髪にじかに触れ、お悩みを聞いてきた20年間は、ヘアスタイルの流行もヘアケアのための製品も変遷しました。10年目くらいからでしょうか、男性ばかりではなく女性からも抜け毛や細毛、うんと若い方からもダメージヘア、頭皮トラブルのお悩みが多くなってきたように感じ始めました。一方美容師である私たちの悩みといえば手荒れです。パーマ液やカラーなどの薬剤は手袋などをして扱う事ができますが、シャンプーを担当する事が多い若いスタッフ程、手は常にシャンプー剤とお湯で洗い流されている状態です。

もちろん抜け毛や頭皮荒れの全てがシャンプー剤をはじめとしたヘアケア製品が原因なのだと言っている訳ではありません。ストレスや食事、生活習慣も大きく影響するはずです。ただ、当時の製品の流れは「もっとしっとり」「もっと便利に」と、香りや色に特徴をもたせた物や、リンスinシャンプーが人気だった頃で、私がほしかった「本当に安心して使い続けられる」ナチュラルな物は見つけられませんでした。

そもそもシャンプーというのは、古い皮脂や角質、生活による汚れなどを取り除き、頭皮と髪を清潔に健やかにに保つためにする事だと思います。そしてその過程で頭皮や髪は刺激や負担はなるべく受けず、余計な物は残留しないのが望ましいと考えています。神経質なようですが、石油由来製品を肌や頭皮に直接つけ続ける事さえも不安を感じておりました。そんな頃、知り合いのお宅で生活に炭を利用されているのを見ました。飲み水に、お風呂のお湯に、炊飯に、冷蔵庫に…。炭を分けていただいて自分の家でも使いはじめ、炭について書かれた本を調べてみたりするうちに、すっかりその自然素材にはまってしまいました。炭はその表面の無数のミクロ孔が汚れや皮脂も吸着するともいわれているそうです。「これをシャンプーに入れたらどうかな…」。


クライファー炭シャンプー:安全かどうか納得するために自分の頭をまるめて原液を塗ってみたりもしました

美容室の仕事のかたわら製造工場をたずね、美容室のお客様が、家族が、そして自分が使うためのシャンプーづくりを始めました。ボディや顔も洗える安全性と髪や頭皮の健康を第一に考え、素材から希望を出し、試作、調合を繰り返しました。炭以外の原料も試してみました。実際に自分が使ってみて洗い上がりを自分の肌と髪で実感し、安全かどうか納得するために自分の頭をまるめて原液を塗ってみたりもしました(※右写真)。

ひとつ問題がありました。シャンプーというのは、洗う時の指通りのためにリンス成分を配合するのが普通だという事です。リンス成分は石油由来系のもの(カチオン)が一般的で、髪の表面をコートして指通りをなめらかにします。しかし私は、汚れを包み込んだまま頭皮にも残留するように思えました。

「リンス成分を抜いた炭シャンプー」を試してみたのはいうまでもありません。当然、濡れている間の指通りはそれまでのシャンプーとは違い、きしみ感さえありました。しかし乾かした時の潔いほどのサラサラ感もまた、それまで自分が使ってきたシャンプーとは全く違うものでした。

こうして1998年8月「クライファー炭シャンプー」が誕生しました。真っ黒で、よい香りがついている訳でもない、しかも指通りの悪いシャンプーであるにもかかわらず、発売当初から大変な話題となり、今でも多くの方々がクライファーシリーズを必要としてくださっています。それはきっとこの製品が「与え、付け足していくばかりのヘアケア、スキンケア」とは異なり、肌や髪自身が本来持っているはずの力を引き出していく『足し算ではなく引き算のヘアケア、スキンケア』を目指しているところに理由があるのではないかと感じています。

株式会社イクスパンド・フィット 代表取締役
清水 秀次


▼買い物かご


炭の力(パワー)


こんなにスゴい!炭パワー
炭のパワーをクライファー・シリーズに
クライファー炭シャンプー:炭

炭。
ここ数年そのよさが見直され大変なブームとなっています。そもそも炭は生活燃料として太古の時代から利用されていました。そして先人たちの知恵はそれに留まらず、宝物をおさめる建造物の床下に埋めたり、日常生活の中でもあらゆる場面で炭のパワーを活用してきました。

また、炭を焼く過程で採取される「木酢液」にも数々の利用法があり、炭同様あらゆる分野での研究・開発が進んでいます。そこで、この炭の可能性に着目。自然素材の恩恵とパワーを『クライファー・シリーズ』に活かしています。

炭の主な利用例
飲料水の清浄 水道水を麦茶用ポットなどに汲んで、炭(洗って煮沸後陰干ししたもの)を入れて一晩おきます。これは炭のミクロ孔の吸着作用だけでなく、炭のミネラルが水に溶け出る事、水道水の塩素と炭の炭素との化学反応も利用しています。水1リットルにつき直径2~3cm、長さ10cm位の備長炭を1本が目安。
置き炭 冷蔵庫からクローゼット、下駄箱等に入れるばかりでなく、インテリアとしても楽しめます。また、床下に炭を敷き詰めたり、炭を利用した建材も開発されているようです。湿度調整を期待する場合は6帖間なら10~15kgくらい必要。
料理 備長炭で焼いた焼き鳥、うなぎ、バーベキュー…。独特の香ばしさと味わいが人気です。ご飯を炊く時に炊飯器に炭(5cm位の小さな備長炭でOK)を入れるというのもよく知られています。天ぷらを揚げる時に油(加熱前)に入れたり、煮物やぬか床に入れたり、ウイスキーやコーヒーを飲む時にも使われています。
お風呂 お風呂に入れる場合には炭の粉が溶け出さないように、アルカリ性で硬質の備長炭などの「白炭」がよいでしょう。浴槽の大きさや家族数により、400g~1kgの炭を水道水で水洗いしホコリや汚れを落としたらネットや布袋に入れて浴槽へ。水を入れて沸かすか給湯します。入浴後は水を切り乾燥させておくと繰り返し使えます。1月に1度くらい天日乾燥すると長く使用できます。残り湯での洗濯もお試しください。
切り花を生ける時にひとかけの炭を一緒に入れておくという方法もあります。
園芸 農業や園芸では、使い込んだ炭を砕いて土に入れる方法がとられています。園芸ショップで土に混ぜるだけの炭や木酢液を使った商品も見かけますが、料理やお風呂、置き炭として使った炭を小さく砕けば最後まで働いてくれます。木酢液(炭焼きの過程で採取される液を精製したもの)も広く使われています。ガーデニングでは埋めるだけでなくテラコッタや流木などと組み合わせて粋な演出を。
埋め炭/敷き炭 住宅などの床下に炭を敷きつめたり、炭を使った建材が開発されたりと、建築の現場でも炭が利用されています。料理や室内で使い込んだ炭を利用するのもよいでしょう。
だからクライファーは炭に着目しました!
クライファー炭シャンプー:炭の顕微鏡写真
クライファー炭シャンプー:汚れた状態
クライファー炭シャンプー:汚れのない状態

■ 吸着作用
炭の表面にある無数のミクロ孔が、余分な皮脂や毛穴の汚れ、老廃物、臭いを吸着すると言われています。

■ マイナスイオン
滝の近くや森林などに多く存在するマイナスイオン。炭はマイナスイオンを放出するとも言われています(その程度や量について科学的な立証はされていないようです)。汚れや老廃物はプラスイオンを帯びているそうです。

■ 天然ミネラル成分
肌に直接触れる物だから、自然素材のミネラルを!

炭のパワーと可能性。それを信じたベテラン美容師がいました。
お客様への毎日のシャンプーにも安心して使えるような、そしてお客様が、自分の家族が、本当の意味で美しく健康的になるために、素材選びから携わり自分の肌に塗り込み確かめながら試作をくり返し開発したヘアケア・スキンケア製品。
それが“元祖”と言われる炭コスメ、『クライファー・シリーズ』です。

炭パワー・・・その秘密は無数の『ミクロ孔』
多孔質である炭。炭には表面にも内部にも、縦にも横にも、無数の「ミクロ孔」がびっしりとあります。ミクロ孔は大きなもので直径100~200ミクロン、小さなものにいたっては直径1~10ミクロン。たった1グラムの炭でも、そのミクロ孔の内面の総面積は200~300平方メートルにもなります。汚れや臭い、不純物は、この無数のミクロ孔の中に吸着されるといわれています。(左上写真参照)
クライファーは余分な皮脂や老廃物、毛穴につまった汚れを『できるだけ肌に負担をかけずに』取り除くために、炭のもつ自然の力に着目しました。


▼買い物かご

必見!天然抗菌竹繊維「クライファー」関連ページ
クライファー炭シャンプー
本来持っているはずの力を引き出していく
クライファーの炭シャンプー
クライファー炭シャンプー
白く弾力のある健康な頭皮に
クライファー吟醸シリーズ
クライファー炭シャンプー
分らないところはこちらから
クライファーシリーズFAQ
クライファー炭シャンプー
クライファーシリーズのご使用方法
クライファーご使用方法
クライファー炭シャンプー
全商品はこのページからどうぞ!
「クライファー」ショッピングページ