波動とは?

現代科学がその存在に気づかないために、まだ科学的に認知されていない微弱なエネルギー

波動というものは、一般 的には音波や電磁波や光のことを指しますが、ここでいう波動は、『現代科学がその存在に気づかないために、まだ科学的に認知されていない微弱なエネルギー』(深野一幸博士による)のことを指しています。

最近、一般的に認められるようになった気功の『気』のエネルギーも、波動の一種です。また、風水は、生活環境の『気』の流れを読み取り、コントロールする方法ですが、風水の『気』の測定に波動機器を導入し、風水波動科学を提唱し、実践する人も出現しています。

波動関係の機器(波動測定機・波動転写機など)は、この微弱なエネルギーを、現代科学では説明できない原理で測定・転写する機器ですが、現在、波動機器はさまざまな分野で着実に広がり、かなり定着しつつあります。

波動機器で作った波動水(情報水)で、現代(西洋)医学では容易に治せない難病や慢性病を、その症状によっては、回復させたり、改善したりできる場合があります。

たとえば、西洋医学で見放された末期ガンの患者が、波動水を飲むことにより奇跡的に回復したり、重度のアトピー性皮膚炎の患者が、同じようにしてアトピーを改善したりするなどの実例が現実に起きています。

これは西洋医学では基本的に難病や慢性病は症状にのみ働きかけ、真の原因にまで踏み込めないため完治されることは難しく、そのような難病や慢性病を、波動水(情報水)を使って改善できる可能性があることを示しています。

また、実際に医療の現場では西洋医学の医師だけでなく、歯科医師の中にも、波動機器を取りいれる先生が少しずつ増えています。波動水を摂取するだけでかみ合わせが改善されたり、姿勢が正しくなったりという事例には事欠きません。皮膚科領域でも心ある先生方が波動転写を治療に取り入れ、脱ステロイドに力を注いでおられます。

波動分析の結果、病気になった人達のかなりの割合の人が、体によくない食品や水の摂取が原因で病気になっているばあいもあれば、否定的な感情などを常に持つことにより、不健康な波動を体内で生み出し、体調を損なっている場合も数多く見うけられます。

体によくない食品というのは、農薬が残留した米や野菜や、科学合成の食品添加物が多く含まれる食品のことであり、体によくない水というのは、塩素や各種科学物質などの不純物が多く含まれる水のことす。

このような食品や水は、波動測定をすると、病気を引き起こす可能性のある数値を示します。

我々一般消費者は、できるだけ波動の高い食品や水を摂取するようにしたほうが、病気になりにくいですし、また波動は転写 装置を利用することにより転写が可能なため、免疫力を高める波動を移しこんだものを使用すれば素晴らしい作用を期待できます。

最近は、供給する側も、波動測定の価値と重要性に気づき、波動測定を導入して、波動の高い食品や水を供給しようとする動きが活発になってきています。