ご家庭で簡単洗浄!「スイスイクリーン エアコン内部クリーナー」

水を電気分解して作られる電解アルカリ洗浄水で作られた、安心のエアコンクリーナーです。

アルカリ電解水の力で、簡単にエアコンの内部をクリーニング。
界面活性剤などの有害物質を含まないエアコンクリーナー。

エアコン内部クリーナーのトップイメージ

▼ご注文はこちら

エアコンから嫌なにおいがした経験はありませんか?
エアコン内部にあるアルミフィンは汚れている場合があります。
汚れは少しずつ蓄積し、パワーも低下していきます。

「スイスイクリーン エアコン内部クリーナー」は、高機能のアルカリ電解水と
ジェットノズルによって、アルミフィンの奥にある汚れに届き、
ホコリカビをキレイに取り除きます。
また、除菌+消臭も一緒にできるクリーナーです。

環境に優しく、エアコンを傷めないクリーナー

見た目にはわかりにくいですが、エアコン内部は、使い始めて2〜3年もすると、カビや雑菌、ハウスダストなどが付着し、徐々にたまっていきます。
そうすると、「冷暖房の効きが悪くなる」「電気代が余計にかかる」「不快な音がする」「嫌な臭いがする」などの現象が起こってきます。
定期的にエアコン内部をお掃除して、エアコン効率をUPさせましょう。
「スイスイクリーン エアコン内部クリーナー」があれば、専門業者に依頼しなくても、ご家庭で簡単にクリーニングできます。

「スイスイクリーン エアコン内部クリーナー」の特徴

スイスイクリーン エアコン内部クリーナー の使用方法

基本的にドレンホース(排水ホース)がついているエアコンに使用できます。
「スイスイクリーン エアコン内部クリーナー」一本でエアコン1台分です。
短時間に、簡単にクリーニングできます。

電源を切りコンセントを抜きます。
(1)電源を切りコンセントを抜きます。
エアコンのカバーを開けます。
(2)エアコンのカバーを開けます。
エアコンフィルターを取り外し、冷却フィンを露出させます。
(3)エアコンフィルターを取り外し、冷却フィンを露出させます。
※ご使用時には電装部はビニールなどで保護し、洗浄液がかからないようにして下さい。
フィンのホコリは掃除機などで吸い取って下さい。
(4)フィンのホコリは掃除機などで吸い取って下さい。
スイスイクリーン エアコン内部クリーナーの缶をよく振ります。
(5)スイスイクリーン エアコン内部クリーナーの缶をよく振ります。
エアコンから5cmほど離してフィンの向きに沿ってスプレーします。
(6)エアコンから5cmほど離してフィンの向きに沿ってスプレーします。
※スプレー噴出口の青いストッパーを外してからご使用下さい。
※液ダレの心配はありませんが、念のため新聞紙などをしいておくと安心です。

エアコン内部クリーナー(6)霧吹きなどで軽く水で洗い流します。
※基本的には水洗いはしなくても問題はありませんが、ガスの臭いが気になる場合は霧吹きなどで軽く洗い流して下さい。
※有害物質は使用しておりませんので汚水を排水口に流しても安全ですが、道路などを汚さないように排水ホースの口にビニール袋を付けておくと良いでしょう。

(7)約10分ほど自然乾燥させ、フィルターとエアコンの外枠を取り付け、お掃除終了です。
※洗浄後、すぐに使用すると、洗浄液が出てくる事があります。
また、においの原因になる場合もありますので、十分乾燥させてください。

いつまでもエアコンをクリーンに保つために、定期的にクリーニングしてください。
目安は2年に一度です。

株式会社ケミコート
「スイスイクリーン エアコン内部クリーナー」
MG0386

スイスイクリーンエアコン内部クリーナー

420ml

本体価格 1,200

(税込価格 1,296 円)

注文数
スイスイクリーン エアコン内部クリーナー
スイスイクリーン
エアコン内部クリーナー

界面活性剤などの有害物質を使わないエアコンクリーナー

主原料は、水を電気分解して作られる電解アルカリ洗浄水です。界面活性剤は含まないので、人体に無害で、環境にやさしいクリーナーです。1本使い切りタイプです。

内容量: 420ml
成分: 電解アルカリ洗浄水、ケイ酸、DMEガス
消費期限: 開封前2年
使用上の注意:
・エアコンクリーナー1本でエアコン1台の洗浄となります。
・基本的にドレンホース(排水ホース)がついているエアコンに使用できます。ドレンホースがついていないエアコンは使用不可です。 (例:カーエアコン、室外機など)
・エアコンの外枠が外せないタイプには、使用しないでください。
・ウインドファンや天井埋め込み式のエアコン、フィルター自動洗浄機能付きのエアコンには、使用しないでください。
・高温にすると破裂の危険性が有るため、直射日光の当たる所やストーブ・ファンヒーターの近く等、温度が40℃以上となる所に置かないようにし下さい。
・エアコンのアルミフィン専用クリーナーとなります。その他の場所に吹きかけますと故障の原因となります。
・故障の原因となりますので電装部にはかけないで下さい。