→左メニューを表示

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・
エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

びんちょうたんコム【トップへ】

狂牛病・・・肉食の問題は狂牛病だけではない

肉食は私たちをどこに導くのか?

もともと肉食ではなかった日本人。この先私たちはどこへ行くのか


各種情報 合成防虫剤の恐怖! / 電磁波と上手につきあう方法
マーガリン・精製油の恐怖 / 牛乳を飲むと骨が弱くなる?!
合成洗剤の使用を減らそう! / 見て分かる「ありがとう」の凄さ!
書籍リンク 中川絶賛・腸の権威、新谷医師の養生本


狂牛病・・・
日本人には縁遠いこととしてあまり注目を集めなかった
この脳がスカスカになってしまうという牛の病が遂にこの国の牛にも発見されました。

以前よりよくいただくご質問に
「店長は穀菜食を勧めるが、当然お肉も食べないと体に悪いですよね・・」
というものです。

社会的現象として「狂牛病が怖いから牛肉や牛乳を避ける」
ということがスタンダードにはなってきますが、
日本人が戦後信仰してきた「肉食こそ文明的」というそもそもの前提に、
狂牛病だけが問題ではないことを知っていただきたく
この記事を転載させていただきます。

中川信男




肉食がつくる「食糧危機」と「環境破壊」



1999年5月号 正食協会刊 『正食』より抜粋
フリージャーナリスト:片山 明彦

六歳の息子がいいます。「七歳の誕生日にはマクドナルドに行きたい」と。以前は家族でミスタードーナッツに行くこともありましたが、穀物菜食中心の食生活となってからは、ファーストフードとよばれるものにはすっかり縁遠くなっていました。
ハンバーガーなどには食指も動きませんが、食べたことにない息子にとっては「禁断の味」として魅力的に映るのでしょう。なるほど、家庭でいくら正食を実践していても、一度外に出ればそこはファーストフードのオンパレード。お金さえあれば宝飾ワールドが満面の笑みで歓迎してくれます。

今回は飲食業の中でトップを占めるハンバーガーをはじめとした肉食に焦点をあて、改めて現代社会の中で正食のもつ意義について考えたいと思います。



一頭の牛が食卓を変えた

1999年1月から始まったテレビ番組「世紀を超えて」シリーズが話題になりました。特に第一回の放送「一頭の牛が食卓を変えた」は肉食の拡大が食糧危機をもたらすというショッキングな内容でした。なぜそれほど肉食が大きな問題となっているのか、放送の内容を肉付けしながら最初に報告します。

古代、たくましい牛は崇拝の対象でした。それが、家畜を意味する英語の「キャトル」と資本の「キャピタル」が同じ語源ということからもわかるとおり、家畜を代表する牛は、神への供物からの富の象徴へと変化していきました。財産の一つとして世俗化した牛は、次には単なる商品にすぎなくなりました。

こうした変化の背景には遊牧民による牧畜文化の普及があります。牧畜文化の発達したヨーロッパでは、それはやがて傷んだ食肉の臭みを消すために香料をもとめ、さらに広大な牧草地を確保するために植民地主義を産みました。

牛はもともと草食動物です(雑食、広食といわれる人間も実はそうです)。高カロリーの穀物を大量に摂取しようとすると、反すう胃の消化物の正常な作用を妨げ、消化器系の病気を引き起こすといいます。その一方で、穀物飼料を食べた牛の肉は脂肪を多く含み、柔らかくなります。いわゆる霜降り肉です。

19世紀初め、牛肉への愛着の強いイギリスの貴族や地主階級が霜降り肉を好むようになり、牛に穀物肥料を与える肥育方法が広がっていきます。それは新大陸アメリカで顕著でした。

新大陸では、アメリカインディアンが「グレートスピリット(大精霊)」とあがめるバッファローが絶滅寸前まで殺され、インディアンから奪った土地に次々と牛が放牧されていました。また「コーンベルト」と呼ばれる地帯ではトウモロコシ栽培も盛んになり、牛と穀物が結びつけられてきました。そして今やどんな状態になっているかと言いますと、ある文明批評家の言葉を借りれば「牛が人間を食っている」といってもいいほどになっているのです。

穀物飼料を減らせば世界の飢餓救える

NHKの番組によると、世界のトウモロコシ年間生産量約六億トンのうち、約四億トンまでが穀物飼料に使われています。その穀物飼料の一割でも人の食用に回せば、世界から餓えはなくなるというのです。もしそうした場合、肉の生産量は減りますが、それは米国人と日本人が五回に一回、肉料理を減らすだけでしかありません。

富める国が貧しい国の食卓を奪っているのです。

牛を一キロ太らせるには八キロもの穀物が必要です。世界中に一三億頭ともいわれる牛の全体重は、地球上の五八億人の人類の体重の合計よりも重いのです。それだけでも気の遠くなるほどの量の穀物が必要だということがおわかりでしょう。

日本では、肉を口にすることは長らくタブーでした。明治五年(1872年)に明治天皇が宮中での肉食禁止令を解除してからも、国民の蛋白源といえば魚が主でした。それなのに、日本マクドナルドが1982年以来国内の飲食業で売上高一位を独走し続けるほど、急速に肉食化が進んだのはなぜでしょう。

そして「マック」はやって来た ―アメリカの余剰農産物戦略に乗り―

60年代初め、自国の農業育成を掲げてヨーロッパの国々が市場を閉ざし、アメリカは穀物の余剰在庫を抱えました。そこで高度経済成長時代に入っていた日本に余った穀物を売りつけようとしたのです。50年代半ば、アメリカの余剰農産物であった小麦と脱脂粉乳が、日本で学校給食のパンとミルクに使われた例を思い出しますね。ついでに言えば、アルマイト食器の底にどろどろとたまったあの脱脂粉乳のまずさも。

そうした前例もあり、アメリカの目論見はまんまと当たりました。当時、まだ欧米の10分の1以下だった肉の消費量はぐんぐんと伸び、畜産農家は競って穀物飼料による近代経営へと参入していたったのです。

企業と一体となったアメリカの戦略は巧みでした。最初は安い卵や鶏肉から始め、肉の消費量を拡大していきました。「アメリカ政府が主催するフードショーには大きなファーストチェーンを必ず参加させた。私たちは世界の人々の食生活を変えようとした。穀物を輸出するためだったらどんなことでもやった」と、番組のインタビューで当時の米国農務省次官補は証言しています。

1971年という年は、日本人の食生活をまさに大きく変えた年として記憶されるち思います。マクドナルドの上陸とカップラーメンの発売です。

ハンバーガーは今や日本の味、おふくろの味?

ハンバーガーは1880年代、米国テキサス州で生まれたといわれます。1948年にマクドナルド兄弟がロサンゼルス郊外で始めたハンバーガー店に目をつけたレイ・クロックがチェーン化に成功。今では全米に1万2000店余り、世界では111の国と地域に2万3000を越える店を展開しています。年商4兆円というのは日本の防衛費に匹敵する額です(数字はいずれも97年度)

90年ごろの調査ですが、アメリカの7歳以下の子供は平均して1週間に1.7個のハンバーガーを食べます。7〜13歳は6.2個(ほぼ1日に1個!)。13〜30歳が5.2個とやや減少するのは、ステーキやロースとビーフを食べるからです。全米の牛肉消費量の約四割はハンバーガーにはさまれるひき肉(パテ)であり、米国人は平均すると一生のうちに体重500キロの牛七頭分を胃に収めるのです。

日本マクドナルドによると、1999年2月1日現在で店舗数は2848。さらに年間450店の出店を目標にしており、一日一店以上。ということは今日も日本のどこかでマクドナルドの店がオープンしているわけです。ハンバーガー販売個数は97年度6億7400万個で、国民一人当たりにすると5.4個。これにモスバーガーやロッテリアなどを加えると、かなりアメリカ人に似た数字になるのではないかとも想像されます。

まだ450店舗だった84年当時、「2000年には1250店に」と言っていた日本マクドナルドの藤田田社長でしたが、2000年を待たずして目標の二倍もの店舗数をやすやすと突破してしまいました。アメリカが肉食拡大の切り札として送り込んだハンバーガーは、増殖といっていいほどのすさまじい勢いで日本人の食卓を席巻し、今もとどまることろを知りません。

結局、日本人の牛肉消費量は、30年前に比べて一人当たり年間7.7キロと七倍にも増えました。

12歳までの子供に刷り込まれる味覚

番組中、新宿の高層街を見下ろすビルの一室で、藤田社長は、人間は12歳までに覚えた味が“おふくろの味”になる、という持論を展開します。「12歳までの子供にハンバーガーを食べていただければ、(その子は)死ぬまで食べていく」。いわゆる味覚の刷り込み(インプリンティング)です。

銀座第一号店の出店から四半世紀以上が過ぎ、「ゴールデンアーチ」と呼ばれるマクドナルドのポールサインがすっかり日本の日常風景に溶け込んだ今、ハンバーガーがおふくろの味になったとしてもおかしくない状況は既にあるのです。訪米した日本のボーイスカウトの一行が、シカゴで地元紙記者の取材に対して「アメリカにもマクドナルドがあるとは知らなかった」と答えたと報じられたのは、もう10年も前のことなのですから。

緑や動物が犠牲に 病み餓える世紀へ

牛の放牧地をつくるために、日々膨大な面積の緑が失われています。中南米で飼育された牛から100グラムのハンバーガー1個を作るのに、20〜30種の植物、約1000種の昆虫、何十種類もの鳥類、哺乳類、爬虫類など、およそ75キロもの生物が犠牲になっているといいます。途上国の熱帯雨林を焼き払って肥育すると、企業にとってはコストの節約になります。「安いハンバーガー」は、取り返しのつかない高価な代償に支えられているのです。

肉食の代償=環境破壊はほかにもあります。列挙してみましょう。

まず砂漠化。世界中で毎年、四国と九州を合わせた面積が不毛の地と化しています。気候の変化のほか人為的要因として多くの人が指摘するのが、過放牧です。過放牧とは、草地の再生能力を超えて家畜を放牧することで、植生がはぎ取られた裸の土地は風と水に浸食されやすくなります。もちろん放牧のために森林を伐採、焼き払うのも、直接、砂漠化につながります。

砂漠化は、人間のすみかや耕作地を奪い、動植物の生存を危うくします。

次の温暖化。畜産などから発生するメタンは、二酸化炭素の二五倍もの温室効果 があります。牛は、地上から放出されるメタンの12%を排出しています。温暖化は気候を変化させ、砂漠化の原因にもなります。

さらに特にアメリカでは地下水の枯渇と汚染が深刻です。全米の水総消費量のほぼ半分は家畜飼料の栽培に使われているといわれるほどです。また牛一頭につき1日21キロという大量の排泄物は、アンモニアと硝酸塩による汚染を広げています。

そしてこうした環境破壊の上に、前述した食糧危機への不安があります。

今アメリカ政府と巨大穀物商社ファーストフードチェーンは中国を狙っています。
中国のマクドナルドは97年末で184店。アジアでは日本、台湾についで多く、牛肉の消費が急増しています。穀物商社も中国に拠点を設け、将来予想されるトウモロコシの輸入自由化をにらんで、穀物飼料の需要拡大に向けた布石を打っています。

しかし、もし中国が日本をしのぐほどの穀物輸入大国になったとしたら、アメリカのコーンベルトの穀物供給能力はパンクし、一気に食糧危機が現実のものとなる可能性が高いのです。

こうして急速な肉食化のツケは、私たちにブーメランのように返ってきます。食卓に、私たちの体に、そして子孫に。

次に肉食が健康に与える影響についてリポートします。

肉食化が進むと“糖尿病天国”
― 広島大学医学部が日米で比較研究 ―

鶏卵を含む食肉中の飽和脂肪酸とコレステロールの過剰摂取は、動脈硬化の原因になります。動脈硬化は、心臓病、脳梗塞などを引き起こします。また、糖尿病の三代合併症の一つである糖尿病性腎症が進行すると、動脈硬化につながる高脂結晶になりやすくなります。

日本の例をあげるまでもなく、経済成長と肉食の拡大は、ワンセットといっていいほど密接な関係にあります。さらにライフスタイルの欧米化は生活をスピードアップさせ、ハンバーガーをはじめとした、「いつでも、どこでも、同じものが、手早く食べられる」ファーストフードがもてはやされるようになりました。それを支えたのがクルマ社会の発達です。

適度な運動は、ストレスを解消し、内蔵の動きを高め、糖代謝を改善するなどのほか、善玉 コレステロール(HDL)を増やして動脈硬化を防ぎます。しかしクルマ社会に慣れると、どうしても運動不足になりがちです。

日本人男性の糖尿病死亡率、脂肪摂取量、自家用車の登録台数の三つの増加曲線は重なり合うそうです。食生活の欧米化と身体活動の低下が糖尿病を増やしたのではないか、というわけです。

有病率の高い日系人 広島県民の倍以上

広島大学医学部チームは、30年余りも前にいち早く欧米化の進展を予期し、在米日系人との比較研究から将来の日本人の健康状態を占おうと考えました。

ハワイで共通の日本語と言えば広島弁だったほど、広島出身の日系人が多かったことが幸いしました。調査は、広島県内とハワイで三親等までの近親者のグループ100組を選び、健康状態を比較する方法で行われました。

ハワイでは1970年から2〜4年おきに計10回、78年からはロサンゼルスでも始まり、7回行われました。うちハワイで5回、ロスで4回の調査の結果をまとめたのが表です。(省略)

それによると、ハワイ在住の日系人の糖尿病発生率は20.3人(40歳以上の人口1000人あたりの年間発生者数、以下同)、ロスは同じく13.6人、両日系人では17.2人でした。年齢が高くなるほど、また女性より男性の方が糖尿病にかかりやすいこともわかります。

こうした結果から、広島大学医学部は、在米日系人は広島県人より約2〜3倍の高率で糖尿病になっていることを突き止めました。また一般のアメリカ市と広島県外の地域住民に比べても在米日系人の糖尿病有病率が高いこともわかりました。これは、ハワイ公衆衛生局の死亡統計からでも、ハワイに住む日系人の糖尿病有病率が同州の白人に比べて約二倍だったことが裏付けられています。

どうしてアメリカの日系人には糖尿病が非常に多いのか。いろいろ調べたところ、「食べ物しかない」(山木戸道郎・広島大学医学部第二内科教授)とう結論に達しました。

ファーストフード 脂肪分多く濃厚な味 食べる瞬間の「快楽」求める

山木戸教授によると、一日の食事で摂取するエネルギーは、県民も日系人も1700〜1900キロカロリーとほとんど変わりませんでした。しかしその中身は、県民が米や麦などの炭水化物が目立ったのに対し、日系人になると動物性蛋白質が増え、摂取量の多い脂肪もその三分の二は動物性で占められていました。糖分をたくさん取っていたのも日系人の特徴でした。

日系人と似たような結果は、アメリカンインディアンのピマインディアンにも見られました。彼らは伝統的にあまり病気にならなかったとされますが、現在では80〜90%の高率で大人の糖尿病が発生しているそうです。

あまりに急速な肉食化は糖尿病の増加を招くのです。それは日本人の場合、男性より女性の方が強く影響される可能性も指摘されており、こちらも気になります。

食事全体に占める脂質のエネルギー比率が25%を超えると、生活習慣病(成人病)の点で心配だとされますが、各チェーンの主なハンバーガーはその比率を軽くオーバーしています。

また、ファーストフードは塩分や糖分が高く、味覚を速やかにマヒさせます。マヒした舌は高脂肪で濃厚な味を求め続け、食べる瞬間をおいしくさえできたらと、栄養価や安全性を犠牲にしていきます。「快楽の巻き返し」と呼ばれる現象です。「舌を馴らされて生涯食べ続けるとしたら、ハンバーガーは問題」と、山木戸教授も警鐘を鳴らしています。

味覚に関連していえば、練り製品をはじめとしたほとんどの加工食品に使われている食品添加物には、体内から亜鉛を奪う作用があります。亜鉛欠乏症になると、味覚やにおいがわからなくなります。専門家によると、味覚異常を訴える人は増えています。

「(遺伝のほか)食事によって糖尿病が起こることはしっかりわかった。次は(糖尿病予防のための)理想食といったものを打ち出したい。それは日本食が中心になると思う」と山木戸教授。今後の研究にぜひ期待したいものです。

★☆ おまけ ☆★

2001.9.12 『朝日新聞』天声人語

人間界にも、食べ物のタブー(禁忌)というのがある。たとえば、イスラム教徒はコーランの教えに従って豚肉を食べない。こんな俗説を聞いたことがある。豚肉はしっかり火を通さないと食中毒になりやすい。その危険を避けるための知恵だった、と。俗説ではあるが、なるほど、と思わせるところはある。

狂牛病については、飼料原因説が有力だ。死んだ家畜などを粉にして混ぜ合わせる肉骨粉が牛の世界にあの病気をもたらしたというのだ。考えてみれば、牛はそもそも草食動物である。それに、同類の牛も含めた「肉や骨」を食べさせて育てる。これを「近代畜産が生み出した強制的共食い」という専門家もいる。どうやら人間が勝手に自然界のタブーを破ってしまった。

その病気が、さらに「人畜」の境界を越えて人間界に侵入する。犠牲者にはたまったものではないが、不遜な人間への罰であるという見方もできるかもしれない。しかも病原体はウイルスでも細菌でもなく、プリオンといわれるたんぱくの一種らしい。研究は始まったばかりといっていい。治療法はまだ見つかっていない。

この「文明病」が日本に上陸した恐れがある。いや、あまり大げさな言い方はしない方がいいのかもしれない。それでなくても、この病気は必要以上に恐怖心をあおる可能性がある。正確な情報に基づいた的確な行動、これが肝要である。その情報を管理する役所の責任は重い。そんなとき米国の事件が飛び込んだ。これがテロだとすると、最悪の「「文明病」だ。人間の病は深い。


中川信男のおすすめの本

「ファーストフードが世界を食いつくす」 エリック・シュローサー著
草思社刊 1600円+消費税
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479421071X/ref=sr_aps_d_1_1/249-9993907-0293966



日本最大級の「炭・エコ・自然療法・自然食品」のサイト びんちょうたんコム

●検索

セール情報お申し込みフォーム
セール情報のみ。月1回程度で乱発はしません!お得な無料メールマガジンの購読をどうぞ。
メールアドレスをご記入下さい

RSS
お客様がお使いのRSSリーダに登録してください。最新情報をチェックできます!簡単・便利!
RSSとは?>>
『売れる商品』のバイヤーが存在しない会社です!
「売れる商品」が必ずしもほんまもんの価値を備えているとは限りません。私たちは「売れる商品を売る」ことよりも、「良い商品」が私たちの行動によって徐々に評価されていくことを非常に大切だと考えています。 また、一見立派で、実際にはザルのような科学的っぽい基準を振りかざして商品選定の正当性を強調するよりも、私たちは人間の可能性に着目し、直感と感性をよりどころにしています。 この姿勢を端的に表す言葉として「愛」と「叡智」を掲げており、その広がりのなかで世界が「弥栄(いやさか)」してゆくことを確信しています。
プレマとつきあう人への5箇条
  1. ・自分に勝る名医なし 感性と直感、自分の潜在意識を信じてみよう
  2. ・ありがとうございますは魔法のことば 言葉の力はすさまじい よくもわるくも
  3. ・完璧を目指すより、よりよくを目指そう 完璧主義は自分も人も追いつめる
  4. ・健康食品への期待はほどほどに食と生活習慣、こころのあり方をまんなかに
  5. ・迷ったら買わないようにしよう 無理な決断はお金の無駄遣い、素直に行こう
約99%の商品で消費税分還元中!
メールで消費税増税にも負けない、おトクな割引クーポンをお送りいたします。 ぜひご登録ください。
ご登録はこちらから>>

送料は、商品代金合計(税込)1万円以上で国内は無料(北海道、沖縄県除く)です。 1万円(税込)未満の場合は、600円(税込)をご負担いただきます。
北海道、沖縄についてはこちら >>
豊富な在庫で在庫品で欠品ない限り即日速攻発送! 期限の短い食品は、自社便で毎日仕入に出向いています。
海外発送も大歓迎。詳しくはこちら>>
豊富な在庫で即日速攻発送!期限の短い食品は速攻で都度仕入手配!
大阪府堺市・鳳の弊社物流センターより私たちが心をこめてお送りいたします! 正午12時までに受注分は、弊社物流センターより基本即日発送しております(日祝・GW・年末年始・盆休・臨時休業日を除く)。生もの、賞味期限の短い食品などは在庫を控えて都度仕入手配していますが、大半の商品が即日発送可能です。テレビ放映などご注文集中時はご容赦下さい。
速攻納期と到着予定の詳細はこちら >>
2千円、2万円、5万円以上お買い上げの方にプレゼント!
商品代金2千円以上お買い上げの方に梅干(無添加・無着色)、あぶらとり紙、竹炭などをプレゼント!買い物かごよりいずれかをお選びいただけます。
さらに選べる、2万円以上、5万円以上ご購入プレゼントもございます。
  • 2千円以上ご購入プレゼント
  • 2万円以上ご購入プレゼント
  • 5万円以上ご購入プレゼント
お問い合わせ返信日
赤色が定休日です。ご注文は24時間365日OK!
各種決済対応!安心通販!
各種決済対応

代金引換ほか、後払いのコンビニ決済・郵便振替・銀行振り込み・インターネットバンク、クレジットカードなど各種決済に対応しています。
ご注文方法の詳細はこちら>>

モバイルサイトのご案内
携帯・スマートフォンからのお買い物は
エコ・ナチュラルでわたしケア「マイプレマ」
マイプレマ
びんちょうたんコム(プレマ株式会社) 代表取締役 中川信男
プレマ株式会社紹介サイト
プレマ株式会社紹介サイトへ>>
京都オフィス
〒604-8331
京都市中京区三条通猪熊西入御供町308
プレマヴィレッジ京都三条
プレマ株式会社
ショールーム/創業地
〒616-8125
京都市右京区太秦組石町10-1
嵐電・嵐山線「太秦広隆寺」駅内
定休日:日曜・祝日・年末年始、その他は都度トップページにて告知しております

ご注文専用フリーダイヤル

0120-8-41828(∞無限大〜よいわ通販!)

受付時間: 月〜金(祝祭日、特定日除く)
10:00〜12:00 13:30〜18:00

※ ご質問は下のお問い合わせフォームまたはメールにて承っております

ご注文専用フリーファックス

0120-6-41828(無料〜よいわ通販)

ファックスは24時間いつでもご注文を承っております。
こちらのご注文書式を印刷してご利用ください。

お問い合わせフォーム

お電話ではご注文のみ承っております。弊社商品は9,000品目を超え、専門性の高い品々で安易なお答えは出来ませんので、ご質問はこちらからお寄せ下さい。

お問い合わせメールアドレス

info@prema.co.jp

お友達/あなたの大切な方をご紹介下さい!
弊社をお気に召して頂けましたら>>ぜひお知り合いやご友人に是非弊社のサイトをご紹介下さい。
一般の通販会社に比べ広告費は10分の1以下に抑え、粗利益率も半分〜3分の1程度としてお客様に最大のメリットをご提供できるよう努力を続けております。
『ほんとうの時代が始まったから。 まじめに、さらにユニークに。』
をモットーに、来るべき支え合いの母性愛が開花する素晴らしい時代を切り開くパイオニアでありたいと願い、まじめに、ユニークにお客様とともに笑いあいたいとお客様をハグする(抱きしめる)気持ちでエネルギーを発し続けます。

お客様のお力添えと相互愛だけが私たちの原動力です!

お勧めします!弊社看板商品たち
電磁波除去装置エルマクリーン電磁波測定器竹布マザータッチフォーリア洗剤バジャン/ママプレマピリカレいのちかがやく調和のミネラル(グレイトミネラル)カリカセラピキパワーソルトさらりすらり茶かえる印のナチュラルかとり線香光触媒蚊取り機ブラックホールグリーンパワージューサーネイチャーズデザインの機能性グラス禅チェアかえる印のとろける愛情バーユオーブスサンラメラ天照ル(あまてる)ヘアケアシリーズ知恵まっとミラクルサウンドBOX新林の滝アディオイフ・・・ほか、圧倒的な厳選ほんまもん商品9,400品目以上の全貌は・・・いますぐクリック!
【ご注意】
弊社では医薬品(いわゆる「お薬」)は一切取り扱っておりません。弊社でご案内しております商品の一部に健康食品がございますが、これは医薬品とは全く別のものです。健康食品は健康に役立つ場合もありますが、そうでない場合もあります。過剰な期待は絶対厳禁です。あくまでも補助であり、本筋ではありません。
弊社の事務所や倉庫には、商品のエネルギーを高めるための工夫を重ねています。それはそこに存在するものの抗酸化力(還元力)、癒しの力を高めるためのものです。
αジーニアス森修焼のアーススタビライザープロッシュファインの滝アポロフィールダー、パープルプレート、ネイチャーズデザインを配置し、さらに常にゼッテン116の音楽を聴かせています。考えられるエネルギーを高めるための施策を多重に施して、最高の状態でお届けやサポートができるように宇宙の摂理と「場」を高め続け、お客様の人生をさらによいものに変えられるよう、「見えない力」と強い想いを載せて今日もガンバリます。是非弊社の「ほんまもんたち」を手に取って頂き、「見えない違い」=ポジティブエナジーを脳の右側で、そして全身の細胞で感じてみて下さい!

プレマとつきあう人への五箇条』の、下の2つを再度ご案内します。

健康食品への期待はほどほどに
 食と生活習慣、こころのあり方をまんなかに

迷ったら買わないようにしよう
 無理な決断はお金の無駄遣い、素直に行こう

『愛する人に心から与えられるものを』
『子どもたちに生き続けられる未来を』
『かけがえのない、あなた自身に力を』

そんな願いが私たちの提供する全てに息づいています!

皆様のおかげです!

中川信男 中川信男
←このメニューを隠す

びんちょうたんコムトップ

買い物かごを見る

●検索

会員登録しなくてもお買い物可能です
商品カテゴリー
トップへ戻る
自然食品・特選食品
一覧ページへ
トップへ戻る
お酒
一覧ページへ
トップへ戻る
健康情報
一覧ページへ
トップへ戻る
健康・機能性食品
一覧ページへ
トップへ戻る
自然食器具・食器

【調理器具】

あなたにぴったりなジューサーはどれ?ジューサー比較

コールドプレス・低速回転圧搾式「グリーンパワージューサー」

低速圧縮搾り「ヒューロムスロージューサー」

生きた酵素を搾汁!ステンレスのクリーンジューサー

電源いらず「ヘルシーハンドジューサー」

豆乳メーカーお試し隊が行く!

NEWグランシェフ

遠赤外線スーパーラジエントヒーター

Bosch(ボッシュ)コンパクトキッチンマシン

BOSCH(ボッシュ) コードレス・ハンディブレンダー

トライベスト パーソナルブレンダー

フードプロセッサー「あじのさと」

クックマスター旬彩

野菜を楽しむ!カンタン本格『スープリーズ』

なんでも丸ごと粉砕!「ひきっ粉」

玄米・自然食調理器具各種

美と健康づくりのための炊飯器「NEWなでしこ玄米生活」

陰陽ライフの玄米飯炊釜

最も古くて最も新しい鍋『マスタークック』

圧力鍋比較表

玄米炊飯圧力鍋 「平和マジックブラウン圧力鍋」

シラルガンの圧力鍋と鍋「シコマチック」

フィスラー社の圧力鍋

大王の圧力なべ「ニューキング」

家庭用栄養破壊しない精米器各種

自然食材を粉砕!「よめっこさん」

自宅でスプラウトを栽培!「ミラクルスプラウター」

ローフード・リビングフード【調理器具・書籍ほか】

一覧ページへ
トップへ戻る
スキンケア

【スキンケア・化粧品シリーズ】

希少性の高い黄金の繭ゴールデンシルクのスキンケア(あまてる)

Hirara(ひらら)ナチュラル&スピリチュアルスキンケア

オーブスの水ケア「夢水肌(ゆめみはだ)」

お肌に本物のうるおい「オーブスの記憶水」

ドクター石井開発の「MD化粧品」

pH2.7の天然強酸性水で髪や肌に使えるマルチウォーター

ゆの里由来化粧品

愛で包み込むスキンケア「ラビフル」

敏感肌の求める自然派化粧品 リマナチュラル

ナチュラピュリファイ 24h cosme(24時間コスメ)

肌刺激を抑えてメイク!「綺羅化粧品」

ベル・クール研究所スキンケア

アステリア アマサーラ化粧品

「あーびゃーんもーゆ琉球月桃」の田島理容室コスメシリーズ

素肌からいろどるオーガニックフルーツコスメ「アクアアクア」

ねんどのスキンケア「ボディクレイ」

クマ笹エキスで危機一髪!「オレノデ・バン」

ジョンティ・オム化粧品 EM還元「ランフィニシリーズ」

天然原料+自然製法のスキンケア「ジザニア」

アロマティークのアロマバスケア&ベビーケア

花抽出成分でうるおうクリーム「ポーレンシップ」

モロッコの大地のエッセンス「アルガン・クリーム」

ゆでたまご美肌「クリアファインジェル」

エコリュクス クレンジングシート

天然由来成分で作られた「プロヴィダ オーガニック ネイル」

高ミネラル「華にがりクリーム&華リキッド」

ビワの葉効果のマッサージジェル

紫外線対策に役立つ、ナチュラルコスメ・雑貨

バリア機能を修復する「フラリ化粧品」

ビオソリスのオーガニックUVカット&ケアアイテム

強力UVケア「サンハイドクリーム」

陰陽調和 「いんやん倶楽部」

京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリーム

ビーバンジョア ジョアエコシリーズ

純白機能性化粧品「ビーバンジョア」

これぞ良質の「ローズウォーター」

EM配合のスキンケア「プロハーブ」

国産のヘンプのCBD(大麻)オイルとジェル

ジャスミンアロマティークのオーガニックスキンケアシリーズ

安心純石けんパックス(太陽油脂)各種

一覧ページへ
トップへ戻る
エコ情報
一覧ページへ
トップへ戻る
炭製品
一覧ページへ
トップへ戻る
エコロジー雑貨

【掃除洗濯】

イタリアのオーガニック洗剤 フォーリア(folia)

完全無害EM洗濯+キッチン用マザータッチ

メダカも泳ぐ安全重曹洗剤「バジャン」

エコパラダイス溶液を活用した『ピリカレ&エコパラダイス』

乾燥機にぽーんぽんと入れるだけ「らくなちゅらるウールボール」

天然ハーブ100% 多目的洗剤「エコ洗い」

水から生まれた除菌・消臭・洗浄できるスプレー『スイスイクリーン』

ご家庭で簡単洗浄!『スイスイクリーン エアコン内部クリーナー』

畳の洗浄ワックス「タタミの用心棒 椿三四郎」

天然ユーカリオイル配合「洗濯用仕上げ剤」

エコロジー洗浄剤 エコメイト

AURO(アウロ)フローリングワックスシート

尾山製材の木工・革製品用クリーム

レザーケアバルサム「バイオプロライン」

オーガニック洗浄剤「ソネット」

スウェーデンACT社のマルチクロス、マルチモップ

100%天然!「シリンゴル重曹」

アルカリ性汚れに!「クエン酸」

フリーマムの快適空間グッズ

お掃除が得意に!ユーカリプタススプレー

安心天然素材の家庭用ワックス「グラノス」

お肌つるつる台所用石けん「キッチンイオンジェル」

天然成分100%の食品洗浄剤「イートクリーン」

天然除菌洗浄剤 サーフセラ(安心やさい)

人にやさしいものは自然にもやさしい「シャボン玉石けん」

環境にやさしく、安心・安全。家族みんなで使えるエスケー石鹸

一度に楽々簡単お風呂掃除「湯ドロハンター」

安心純石けんパックス(太陽油脂)各種

浄JOE(じょう)|善玉バイオの洗濯洗剤

一覧ページへ
トップへ戻る
純せっけん
一覧ページへ
トップへ戻る
お風呂ケア
一覧ページへ
トップへ戻る
天然防虫雑貨
一覧ページへ
トップへ戻る
健康・エコ家電
一覧ページへ
トップへ戻る
すまい環境改善
一覧ページへ
トップへ戻る
有害電磁波対策
一覧ページへ
トップへ戻る
健康グッズ
一覧ページへ
トップへ戻る
ココロノトモ
一覧ページへ
トップへ戻る
能力開発

姿勢矯正椅子 禅チェア(Zen Chair)

CD「ガーディアンスピリット」〜守護霊〜

進化系マインドマシン「Mind Spa(マインドスパ)」

頭をリフレッシュ!『脳ヒーラーLCPヒーリングボックス』

「七田チャイルドアカデミー認定アイテム」で快適生活

「イメージ気功 実践編 出版記念ワークセミナー」レポート

聴覚を訓練・トレーニングする「リスニングDrとリラクゼーションCD」

聴くだけで目覚める「ミラクルサウンドボックス」

ひらめき活性化「超高速モーツァルト」

「オペラモーツァルト」「モーツァルト体操DVD」

7色のイメージングで願いを叶える『サクセスカラーイマジネーションCD』

未体験のクラシック!『快脳ブレインオーケストラCD』

CD「ハッピーシンクロ」幸せが連鎖する毎日を呼ぶ

CD 「スピリチュアルマザーズ」子どもとお母さんのための音楽

バイブレーションCD「うつくしい」美を叶えるための音楽

パワースポットの周波数で“気”の世界を表現するCD「太秦」

DVD「セレブリティマインド プレミアムスペシャル」

ヒーリング、能力開発、自己成長を実現 ゼロマザーズ製品

色と形が幸せをもたらす「ビューティー・マジック・プログラム」

アロマを超越した「サーキュエッセンス」

こころとカラダが喜ぶ音色『シンギング・リン』

超高速イメージトレーニングCD

七田チャイルドアカデミー:聖徳太子の耳養成キット

新しい自分への覚醒へ「チャクラ この神秘なる輝きDVD」

ハッピー、ラッキー、ラブリーなあなたに「ツキを呼ぶ99の幸せ言葉 ハピネスCDセット」

一覧ページへ
トップへ戻る
自然繊維製品・衣料
一覧ページへ
トップへ戻る
健康寝具
一覧ページへ
トップへ戻る
ペット食品・雑貨
一覧ページへ
トップへ戻る
フェアトレード
一覧ページへ
トップへ戻る
おすすめ書籍
一覧ページへ
トップへ戻る
ちょっとレポート

お手元に届いていますか?「らくなちゅらる通信」

らくなちゅらる通信 突撃隊長が行く!

私のお気に入り大集合!

スタッフオススメアイテム一挙公開!

地ぱんの大橋雄二社長インタビュー

ジャスミン・アロマティーク・オーガニクスの中村あづさAnnells社長にインタビュー

三井温熱の高木幸江社長インタビュー

ヘナのあれこれ うんちく集

ローズフェスティバルに行ってきました

原田博之社長と山下文江先生にインタビュー

自然食品店まほろばの宮下周平社長にインタビュー

浄活水器「エリクサーII」のスタッフ体験談

エリクサー開発ストーリー

世界が語るエリクサー

HRT音声分析セラピスト 山田 剛 氏にインタビュー

中川が語る 「善デスクへ込めた思い」と「ぜひ伝えたいこと」

グリーンリフレッシャーの山本青史社長にインタビュー

平和圧力鍋の製造現場に突撃取材

「生命あふれる田んぼのお米」の小野寺實彦さんに突撃取材

オーブスの魅力を徹底解析!オーブス製品特集>>

宮古ビデンス・ピローサ取材レポート

「紅はるか」の故郷を訪ねました

村山製油さんを訪ねて

地の塩社取材レポート

人は、働くことで自分を確認できる!

プレマスタッフゆの里研修レポート

ベストアメニティ訪問記

フットテクノ ウォーキングセミナー

絶対テンポ116突撃取材

オーブス突撃取材

5本指靴下杉山ニット訪問記

高エネルギー陶器 森修焼訪問記

ラクティス訪問記

中井製茶訪問記

スタッフがおすすめする春アイテム

楽しく春を過ごす秘訣

紫外線対策インタビュー

おすすめ夏物アイテム一挙紹介

スタッフがおすすめする冬対策

めくるめくスープの世界を弊社中川が語る

海苔王国佐賀へ

癒しの抗酸化素材『エンバランス』インタビュー

お宅訪問!電磁波無料測定

電磁波シールド敷きパッド『森の目覚め』開発者インタビュー

松田のマヨネーズ 松田優正社長にインタビュー

本物のオリーブオイルを届けたい!

酵素たっぷり「酵素だもの」誕生秘話

生活アートクラブ 富士村社長にインタビュー

「アディオイフ」開発者、木村仁院長にインタビュー

おもちゃ箱さん取材レポート

ばんばさんに突撃インタビュー

赤裸々!今どきのスキンケア対談

京の五条坂で出会った「大照学園作・かえるの蚊遣り」

今すぐできる放射線対策

「イメージ気功 実践編 出版記念ワークセミナー」レポート

マルカワ味噌訪問記

生命あふれる田んぼのお米訪問記

幻の白いんげん 銀手亡訪問記

感動のスピーカー タイムドメイン訪問記

お香スプレーの長川仁三郎商店訪問記

つまようじの広栄社訪問記

大高酵素伊達工場見学記

北海道オンラインショップ訪問記

ありがとうの本質

この世に慶音がやってきました

弥栄が生まれました!

中国雲南省に除虫菊視察

ダニと不快害虫を知る

豆乳メーカーお試し隊が行く!

体質(ドーシャ)自己診断チェック

現在配信中の音声

一覧ページへ
トップへ戻る
かえる組セミナー
一覧ページへ
トップへ戻る