ローで低GIのオーガニック甘味料「鉄平ブルーアガベシロップ」

「鉄平ブルーアガベシロップ」で簡単おいしいレシピ

クセのない甘みはどんな料理にも飲み物にもぴったり。酵素が生きてる
ローフードのオーガニック天然甘味料が血糖値の上昇を防ぎ、ダイエットに味方します。

「鉄平ブルーアガベシロップ」販売終了いたしました。
ご愛顧ありがとうございました。

ブルーアガベシロップ、いかにもおいしそうな響きです。
そのままだと、きりっと、くっきりとした黄金色の甘さ。
でも甘いだけでなくて、深いコクがあるんです。
正直お料理には使いにくいかな?、と思っていたのですが……
いざ使ってみると、全くそんなことはなく
むしろとっても使いやすい!

液体だからどんなお料理にもサッと馴染み、
ボトルタイプでそのまま使えてとっても便利!
お砂糖知らずの毎日です♪
みりんすらもいりません。
みなさんもぜひ、色々なレシピでお楽しみくださいね。

ブルーアガベシロップ関連ページ
アガベショッピング
天然甘味料ブルーアガベシロップ
ショッピング
アガベレシピ集
アガベを使った簡単レシピ
アガベレシピ集
井沢敬さんインタビュー
鉄平オーガニクス社代表
井沢敬さんインタビュー

鉄平ブルーアガベシロップで作る簡単レシピ

大学いも

大学いも

〈材料〉(2人分)

さつまいも 中1本
なたね油 適量
アガベシロップ 大さじ1/2強
しょうゆ 小さじ1/2

〈作り方〉
1. さつまいもは蒸しておきます。
2. 型崩れしない程度まで冷めたら、乱切りにします。
3. フライパンになたね油を多めに入れて、乱切りにしたさつまいもを揚げ焼きします。
4. さつまいもの表面にこんがりとした焼き色がついたら、キッチンペーパーをしいた皿の上に移します。
5. フライパンに残った余分な油はキッチンペーパで拭き取り、(4)のさつまいもを再びフライパンに戻します。
6. フライパンの予熱を利用して、アガベシロップとしょうゆをからめてできあがり。

おいし~おいし~お皿までなめまわしたくなるほど!
生のさつまいものまま揚げても良いですが、蒸してから揚げ焼きにすると油が少量で良いのでおすすめです。
おかずにも、子どもたちのおやつにも大人気の一品です。


切干大根の煮物

切干大根の煮物

〈材料〉(2人分)

切干大根 25g
250cc
にんじん 1/4本
しいたけ 2枚
油揚げ 1/2枚
なたね油 大さじ1/2
お酒 大さじ1
アガベシロップ 大さじ1/2強
しょうゆ 大さじ1.5
少々

〈作り方〉
1. 切干大根は分量の水に10分程度浸して戻しておきます。
※戻し汁も使用するのでとっておきます。
2. にんじんとしいたけは細切りにします。
3. 油揚げは湯抜きをしてから細切りにします。
4. 鍋になたね油を熱して、にんじんとよく絞った切干大根を入れて炒めます。
5. 全体に油が回ったら、しいたけと油揚げ、大根のもどし汁を加えます。
6. お酒とアガベシロプを加えてひとまぜし、煮立たせます。
7. 煮立ったらしょうゆと塩を加えて、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。

定番の常備菜、切干大根の煮物。アガベシロップを使えば、お砂糖にもみりんにも頼らずおいしく仕上がります。切干大根の戻し汁も余すことなく栄養満点♪


きゅうりとわかめの酢の物

きゅうりとわかめの酢の物

〈材料〉(2人分)

きゅうり 1本
少々
わかめ 大さじ2
じゃこ 大さじ1
米酢 大さじ2
アガベシロップ 大さじ2/3
しょうゆ 小さじ1/2

〈作り方〉
1. きゅうりは小口切りにし、塩をふってしばらく置いておきます。
2. わかめはたっぷりの水で戻しておきます。
3. ボウルに米酢、アガベシロップ、しょうゆを入れてよく混ぜます。
4. (3)にぎゅっと絞ったきゅうりとわかめ、じゃこを加えて全体に味をなじませます。
5. お好みでごまをぱらりとふりかけてできあがりです。

アガベシロップは三杯酢にもピッタリです。お酢ならではの味を生かしつつも、マイルドに仕上げてくれます。
酢の物が苦手な方も、きっとこれならやみつきです。


ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き

〈材料〉(2人分)

ぶり 2切れ
しょうゆ 大さじ1
アガベシロップ 大さじ1
お酒 大さじ1
片栗粉 適量
なたね油 少々

〈作り方〉
1. ぶりは分量外の塩を全体にふり10分程度おいてから、流水で洗いキッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。
2. しょうゆ、アガベシロップ、お酒を混ぜ合わせておきます。
3. (1)のぶりに片栗粉をまぶします。
4. なたね油をひいたフライパンを熱し、(3)のぶりを皮が下にくるようにして焼きます。
5. ぶりの周りが白くなってきたら、ひっくり返して弱火にし蓋をして蒸し焼きにします。
6. 魚が焼けたら火を消して余分な油をふき取ってから、(2)のたれを加えて全体にからめます。

良い照りですね~とついつい言いたくなってしまうほど、きれいな照り焼きに仕上がりました。
ごはんが進む定番の一品ですね。


ちらし寿司

ちらし寿司

〈材料〉(3人分)

2合
干ししいたけ 2枚
にんじん 1/2本
油揚げ 1枚
れんこん 100g
1個
絹さや 5枚
えび 5尾
すし酢(ごはん2合分)
大さじ6
アガベシロップ 大さじ2
小さじ1
(A)
だし汁 1/2カップ
しょうゆ 大さじ1.5
アガベシロップ 大さじ1
(B)
25cc
アガベシロップ 大さじ1
大さじ1.5
少々
(C)
アガベシロップ 小さじ1/2
少々

〈作り方〉
1. 干ししいたけは水につけて戻しておきます。
2. 米は固めに炊きます。
3. すし酢の調味料を合わせておきます。
4. しいたけは軸を除いて薄切りにします。にんじんは3cm長さの細切りにします。油揚げは湯抜きしてから、細切りにします。
5. 鍋に(A)を煮立て、(4)を入れて煮汁がなくなるまで煮ます。
6. れんこんは薄いいちょう切りにします。鍋に(B)を入れて火にかけ、れんこんを加えて味を含ませます。
7. 器に卵を溶きほぐし、(C)を加えて錦糸卵にします。
8. えびは殻と背わたを取り、分量外の酒を加えた熱湯で軽くゆでます。
9. 絹さやはさっと茹でて、細切りにしておきます。
10. ごはんが炊き上がったら、すし酢を加えてよく混ぜ、そこに(5)と(6)も加えて混ぜます。
11. 器に盛り、錦糸卵、絹さや、えびをのせてできあがり。

すし酢にも具にも、アガベシロップが大活躍! ちょっとしたお祝いにも、いつもの食卓にもウキウキわくわくのちらし寿司♪ お好みできざみのりをトッピングしてどうぞ。


ごろごろイチゴのジャム

ごろごろイチゴのジャム

〈材料〉

イチゴ 300g
(いちご1パック分)
アガベシロップ 100~120g
レモン汁 大さじ1

〈作り方〉
1. 材料を鍋に入れて、2時間程度置いておきます。
2. 焦げないように混ぜながら、強火で5分加熱します。
3. 1/3量のいちごを一度取り出し、残りのいちごをさらに5分加熱しながらへらでつぶします。
4. 火からおろして、取り出しておいたいちごも加えて全体を混ぜます。

ジャムは手作りしたいけれどお砂糖はちょっと・・・ という方にはぜひ試していただきたいです!
アガベシロップの濃厚な甘さと、ごろごろイチゴの甘酸っぱさが口いっぱいに広がります

ブルーアガベシロップ関連ページ
アガベショッピング
天然甘味料ブルーアガベシロップ
ショッピング
アガベレシピ集
アガベを使った簡単レシピ
アガベレシピ集
井沢敬さんインタビュー
鉄平オーガニクス社代表
井沢敬さんインタビュー