黒焼きについて

黒焼きの可能性について

黒焼きの可能性

さまざまな黒焼き

玄米の黒焼きは玄神として知られ昔からガンに効くといわれていた。

玄米以外にもさまざまな穀物や動植物が、黒焼きにすることで、もとの物質とは異なった薬効を発揮しているからおもしろい。

有名なところでは、梅干を黒焼きにすると下痢止めになるというし、昆布の黒焼きは気管支ゼンソクに効果があるといわれる。その他、髪の毛の黒焼きは止血作用、ナスの黒焼きは利尿、ノビルの黒焼きは扁桃腺炎、ウナギの黒焼きは肺結核、梅の核の黒焼きは腫れ物、といった具合である。

黒焼きは、焼かれる物質によってこのように効果が違ってくる。ではなぜ違うのかとなると、どうもよくわからない。

これまで、黒焼きの研究は薬学畑ではダブー視されてきた分野である。なぜなら、薬効々果の証明が困難だからである。しかし、その効果は、うまく使えばなかなかすばらしいものがある。

どの病気にどの黒焼きを用いるかは、まさに長年の経験からくる統計に基づくものであったろうと思われる。なぜ効くのか、という理屈は後でついてくることになる。要は、効けばいいのだから。

黒焼きをしていくと、元の物質から脂肪とタンパク質のかなりの量が失われ、多く残るのは炭水化物である。黒焼きとは、その成分のほとんどが炭水化物であり、加えて非常に少量のミネラル、ビタミンが残されたものである。

こうした成分のわずかな差が、薬効々果を著しく変えるというのも、不思議といえば不思議である。だが長年の経験というのは大したもので、それぞれの疾患に対応して、これでなければという黒焼きが確かにあるようなのだ。

黒焼きの新時代

古い書物だが、『黒焼き療法五百種』というものがある。大正時代から昭和の初期に書かれたと思われるがその中で、田中吉佐衛門という医学博士が次のように述べている。

「いわゆる黒焼きは、・・・(中略)・・・乾溜物すなわちタールというような複雑な化合物を含んでいるのはもちろん、なほ、加熱によって変化しかけた諸種の有機物質も含んでいることは容易に想像できます。恐らく、かかる変成した物質の中には、いかに精密に分析しても化学的には判らない物質も多分に含んでいるかもしれないわけであります。特殊の薬種(動物・植物)の黒焼きが特殊の病気に効く、といった事実から考えますと、右に述べましたような、化学的に証明できないような一種の物質を含んでいると考えて、一向差仕えないはずであります。単に、炭素とかカルシウムとか、タール様物質とかに限らないと考えていいでしょう。したがって、黒焼きが効くということは、それが効いた事実だけでたくさんで、その成分がわからないという理由で、これを一笑に附することはつつしまねばなりません」
田中博士のこの意見は、平成の現在でも通用すると思えてならない。化学的に証明できないというような、というのは未だにそうであるし、よく効くという事実も、これまた確かなことである。

リブレフラワーの技術が登場することによって、黒焼きはより簡単により良質のものができるようになった。黒焼きの新時代が始まったといってもいいのではないだろうか。

(「健康ファミリー」98年10月より)

ダウン症の僕が歩けた!

ボクにはブラックジンガーがあるもん! (東京都)金島栄穂君

平成七年八月、次男を出産した金島真由美さんは分娩台の上でとまどっていました。「部屋の雰囲気がなんとなくへんなんです。赤ちゃんは無事に生まれたはずなのに・・・。ただ赤ちゃんが私の体から出た瞬間、そこにいた人達がウッって息を飲んだんです」

真由美さんの赤ちゃんはダウン症でした。

赤ちゃんは栄穂(ヨンス)君という名前をつけてもらったのですが、二歳をとうに過ぎても、歩くことも、話すこともできません。笑うこともほとんどなく、話しかけても反応がないので真由美さんも次第にはなしかけることをしなくなりました。「だっこして買い物につれていっても、荷物をだいているようでした」と真由美さんは、ヨンス君の無表情ぶりを表現します。

今年に入り、それまでも時々利用していた自然食品店「足立ナチュラル」の近くに引っ越しました。この引越しがヨンス君にとって大きな転機となったのです。足立ナチュラルの店主・船橋正隆さんは、 「声をかけるのも気がひける様子だったんですが、このままじゃしょうがないと思ったので、玄米の黒焼き粉末を教えたんです」

こうしてヨンス君は今年の六月中旬から、200ccの牛乳や豆乳、酵母を入れた水などに玄米の黒焼き粉末を一袋ずつ入れて、朝・昼・夜の三回食べはじめました。変化はすぐにでました。「ヨンス君は全身の筋肉が弱いので便も月に五回しか出なかったんです。一週間に一回の排便のときも、妊婦さんがお産をするときのように苦しんで、それでも出ない時があり、綿棒にオイルをつけて肛門に塗ったり、たまには浣腸をしたりしてもう大変なんです。

それほどひどい便秘が、玄米の黒焼き粉末を食べだしてまもなく、三日おきに便が出るようになり、すぐに二日おきになりました。それも自分でちょっと力むだけで出るようになったんです」と真由美さんは語りながら、次第に目が輝いてきました。もともと美しい人ですが、黒い瞳に輝きが増すと一段と魅力的になります。ヨンス君もやがては友達に、母親を自慢するようになるでしょう。


歩いた! 笑った


便通がよくなると同時にヨンス君の運動機能も目覚めました。「三週間くらい過ぎたとき、一人でつかまり立ちしたんです。かつてない行動でした。そして、リハビリ施設の運動療法士の方は、つかまり立ちができたとしても歩くまでには時間がかかりますよって言ってたんですが、二十日くらいしたら二、三歩歩いたんです。

自力で歩けたあとは、歩くことが急におもしろくなったみたいで、歩いてはころび、歩いてはころびを、繰り返しやるんです。運動療法士の先生からも『今日はいい報告書が書けて有り難う』ってお礼いわれるようになりました。 それからの機能回復は日増しに目に見えて伸びています。「先日も、訓練場は三回にあっていつもは部屋まで私がだっこしていくんですが、その日はたまたま知り合いの婦人と入口の先でバッタリ出会い、立ち話になりました。

ちょっと長話しになり、それではと言いながらヨンス君をだっこしようと思ったら、さっきまで足元で遊んでいたヨンス君が見あたらないんです。突然部屋の中から大人の声がしたかと思ったら、ヨンス君が一人でドアを開けて出てきました。それを見てまた部屋の中から驚きの声が上がっています。重いドアを一人で開け閉めしているのです。

正直言って、ヨンス君の運動機能がここまで回復していたことに私も驚きました。運動機能だけでなく、知能の方にも進歩が現れはじめました。三月の時点ではまったくできなかった積み木遊びができるようになったり、おもちゃの車を走らせることもできるようになりました。

体型も、いままではグニャグニャだったのに背筋も通って、体が引き締まってきました」真由美さんのヨンス君自慢はとめどなく出てきます。本誌の取材中にも部屋から部屋へ、廊下の障子を閉めたり開けたりと、よく動いていました。そして、大人たちがからかったりすると、キャッ、キャッと言って笑いころげ逆に大人達を挑発したりするのです。

ブラックジンガー関連 驚異の極陽性エナジー食品・ブラックジンガー
微粉末化玄米・リブレフラワー
書籍リンク
中川絶賛・腸の権威、新谷医師の養生本