山田剛氏監修の特殊なノイズサウンド

深い瞑想誘導CD「ピンク&ホワイトノイズ メディテーション」と直観力強化CD 「オラクルサウンド」


スピリチュアルテクノロジーが
あなたを深く癒し、意識の領域を広げ、次元上昇させる

「ピンク&ホワイトノイズ メディテーション」と「オラクルサウンド」は
マインドマシン・メンタルトレーニング研究の国内第一人者である山田剛氏が監修したCDです。
高度なテクノロジーを利用したサウンドが、あなたの意識領域を広げ、
潜在的に備わっているあなたの能力や可能性を十分に発揮できるよう導きます。
これらは、マインドスパと一緒に使うと相乗効果が得られ、
より効果的にご利用いただけるようデザインされています。

▼ご注文はこちら

意識をゼロエリアへ同調させる「オラクルサウンド」

直感力を強化するサウンドCD

オラクル(Oracle)とは

オラクルとは、「神託、託宣、神の言葉」などの意です。古くから人類は、オラクルによって進むべき道を選択・決断してきました。シャーマンや預言者は、自我を越えた次元とつながることで、この神の言葉を受け取ることができると考え、激しいビート音によるアプローチ、あるいは内観・瞑想などの心を鎮めるアプローチで、意識を拡大させたり、変性意識の状態になったりして、神託を受けとっていたのです。

「究極の直感」を受け取るためのCD

「オラクルサウンド」は「究極の直感」を受け取るためのツールとして制作されました。サウンドヒーリング「ハーモニック・レソリューション(HRT)」や多重感覚共振システム「ヴァイブラサウンド」の「感覚共振理論」などを基に、さまざまなサウンド効果が盛り込まれています。あなたが決断で迷った時、自我を超えた気づきとひらめきを受け取り、自己実現を達成したいとき、このサウンドCDは役立ちます。
感覚共振理論については、山田社長インタビューをご覧ください。

ゼロエリアへの同調でオラクルを受け取る

「オラクルサウンド」は、いくつものサウンドやリズムが音のタペストリーのように織り込まれた「活性化系パート」とゆっくり深呼吸ができる内観的な「瞑想系パート」を振り子のように誘導しながら、あなたの意識を、「ゼロエリア」という直感を受け取るための領域へと同調させていきます。この領域は、古代よりシャーマンや預言者が「神託(オラクル)」を受け取っていた意識領域にあたります。ここに意識を同調させていくことで、自我を超えた深遠なメッセージを受け取ったり、今まで想像もしえなかったビジョンやアイディアが沸いてきたりと、「オラクル」があなたの意識に流れ込んでくるでしょう。

【開発者 山田剛氏による「オラクルサウンド」解説】
【オラクルサウンドで利用されている理論や音】

バイノーラルビート
バイノーラルビートとは、異なる周波数を左右の耳に聞かせると、共振した周波数のビート(うなり)音が瞑想のヴィジョンの内に発生する現象です。これによって、心身活性化や意識変容を助けると言われています。

ホワイトノイズ
ホワイトノイズは、宇宙のソースともいえる音で、深い瞑想をするときなどに役立ちます。

宇宙と共振するキーノート
オーケストラのチューニングに使われる「A・ラ」の音階は、生命と宇宙の共振ピッチであると注目している研究者もいます。

ハーモニック・レソリューション(HRT)
HRTとは、バイオフィードバック・システムです。音声のバイブレーションから言霊サウンドを創り出すことができます。オラクルサウンドには、山田剛氏監修による意識を拡大するためのアファーメーション(肯定的な自己暗示の言葉)から制作されたHRT サウンドを加えています。

感覚共振カラーチャート感覚共振カラーチャート(※)による振り子理論
シャーマンたちは、激しい刺激による「トランス」と呼ばれる意識状態でオラクルを受け取ります。その一方で、瞑想や内観からのアプローチをする人々は、刺激を減らすことにより、静寂の中からオラクルを受け取ります。これらの動的・静的アプローチを振り子のように組み合わせることで、意識拡大や意識変容の境地を体験しやすくしています。

※物質から意識次元までの相関関係を、緻密に整理・チャート化したマンダラのようなもので、アメリカでは「VIBRATIONAL SCIENCE MANDALA」と呼ばれています。ヴァイブラサウンドの基本理論である「感覚共振理論」をベースに、今まで説明できなかった、ものごとすべての関連性を完全チャート化したものです。

【オラクルサウンドの聴き方】

「オラクルサウンド」は、3ステップのセッションになっています。最初の何回かは、1~3曲目まで続けて聴くようにします。サウンド効果に慣れてきたら、必要に応じて、各セッションを選んで聴くこともできます。

リラックスできる場所で、軽く目を閉じて楽な姿勢になります。各セッションとも、サウンド効果を利用して、あなたの意識を刺激していきます。リズムに合わせて呼吸するのがポイントです。

リズムの早いパートでは、リズムに合わせてすばやく呼吸してみましょう(苦しくなったら普通の呼吸に戻してください)。

穏やかなパートになったら、ゆっくりとした深呼吸に移行します。全身がリラックスして意識が広がっていることを感じるでしょう。体験中、リズムに合わせて身体を揺らしたくなったら、そのまま反応に任せて揺らしてみてください。

>>動的(活性化系)パート
>>静的(瞑想系)パート

※「オラクルサウンド」は、スピーカーで再生しながら体験することも可能ですが、サウンド効果を十分に実感していただくためには、ヘッドホンのご使用をおすすめします。(推奨ヘッドホン:プロユース・ヘッドフォンSW-HP10)

【収録内容】

  1. 現実 Real session 〔10分16秒〕
    低音、リズムを中心としたサウンドが、現実・肉体レベルのクレンジングを行ないます。
    現実 Real session
  2. 架け橋 Zone session 〔15分03秒〕
    低域から高域への音の変化が、現実とオラクル次元の通路を作り、直感を受け取るためのバランス調整を行ないます。
    架け橋 Zone session
  3. オラクル Spiritual session 〔25分59秒〕
    高音を中心としてさまざまな音・変化を織り交ぜたサウンドが、あなたの意識をオラクル次元へと同調させ、必要なひらめきやメッセージなどを受けとれる状態にします。
    オラクル Spiritual session

※さらにオラクルサウンドの効果的な聴き方について、詳細が知りたいという方は以下の項目をご参照ください。

  1. 活性化パートと瞑想パートの体験について
  2. リズムに合わせて、呼吸法を加えると・・・
  3. 思考パターンを脱ぎ捨てるということ
  4. 静と動の狭間にできる直感のための通路
  5. 何とも形容しがたい不思議な音の集合体でした-体験者の声
  6. 単調なリズムで、意識を変容させる
  7. 理想と現実を繋ぐもの
  8. 意識と共振するサウンドとは