セルフケアのポイント

適所適量の熱補充で冷え知らずの健康体に。女性には嬉しいフェイスエステとしても大活躍。

セルフケアのポイント

基本のポイント

三井音節治療時の基本ポイント

■基本動作

  • 身体にはさむ
  • 身体をあずける
  • 温熱器をとめて身体を動かす

■バランスを考える

  • 左右
  • 上下
  • 前後
  • 深浅

■当てる部位

  1. そのままその部位
    [例] 肩こり、腰の痛み
  2. 関連部位を考える
    [例] 肩こり 腕、胸
    [例] 腹部のはり 脚の冷え
    [例] 首のはり 肩甲骨
  3. ポイント部位
    [例] ツボ(経穴)、トリガーポイント、リンパ反射、関節弛緩など

上半身のための温熱セルフケア(肩こり、呼吸器系のトラブルなど)

1.脇下への注熱
上半身の症状に適した方法です
  • 発熱面を身体に向けて温熱器を脇の下にはさむ。(胸骨に熱を入れる感じで)
  • 熱く感じたら発熱面を腕の方にひっくりかえしはさむ。
  • 肘に向かい3回繰り返す。

※終わったら肩を回して、最初の状態と比較して見ましょう。

2.上腕部の外側への注熱
  • 内側が温まり、筋肉が緩むと、今まで違和感がなかった腕の外側に違和感(動きが悪く感じること)を感じるようになります。
  • 左手を右わきの下にはさみます。
  • 腕の外側を、脇をしっかり締めるように注熱します。

三井温熱の治療で上腕部の注熱 三井温熱の治療で上腕部の外側へ注熱

今度も注熱が終わったら肩を回して、最初の状態と比較して見ましょう。

3.胸骨、鎖骨の注熱
  • 胸部の筋肉を温める前に、まず周りの骨を温めると効果的。
  • 胸骨をゆっくり温め、その後鎖骨を温めていきます。

三井温熱で胸骨、鎖骨の注熱治療

4.胸部の筋肉への注熱
  • 温熱器の持ち方を変えます。(温熱器を下から、親指と人差し指の間にはさむようにして持ちます。)
  • 鎖骨の下の筋肉部分に温熱器を当てて、肘をゆっくり後ろに引いていきます。

三井温熱で胸部の筋肉への注熱治療

※今度も注熱が終わったら肩を回して、最初の状態と比較して見ましょう。

5.肘、腕に注熱
  • 肩こりのポイント部位である肘に注熱!手首をゆっくり返しながら温めます。
三井温熱で肘の内側に注熱治療 三井温熱で肘の外側に注熱治療
  • 肩こりのポイント部位である肘に注熱!手首をゆっくり返しながら温めます。
三井温熱で手首を注熱治療 三井温熱で手のひらに注熱治療
6.肩、肩甲骨周りに注熱
  • 身体と枕(タオルなど)の間に温熱器をはさみます。

三井温熱で寝ながら肩に注熱治療

  • 肩甲骨と背骨の間に温熱器を持っていき、肘を真上にあげ、ゆっくりと小さな円を書くように動かします。
三井温熱で寝ながら背中を注熱治療 三井温熱で寝ながら背中を注熱して肩をまわす

※ウトウトに注意

背中に敷いて温熱器を使っていると、つい気持ちが良くて寝てしまいそうになります。 温熱器は1時間で切れますが、低温やけどをする恐れがあります。 就寝時の温熱器のご利用は、低温に設定の上使われることをお勧めします。

三井温熱で寝ながら背骨や仙骨を注熱治療

下肢のための温熱セルフケア(腰の痛み、ひざの痛み、便秘等の症状の基本)

1.大腿部裏(膝裏のすぐ上)への注熱
下肢の症状に適した方法です
  • イスの上にタオルを敷き、温熱器を置いて座ります。

三井温熱で太ももの裏を温熱治療

  • 蹴り上げるように足を動かすことにより、早く熱が伝わります。温熱器をはさんで、ゆっくり動かすことが大切です!
三井温熱で大腿部裏を温熱治療 三井温熱で大腿部裏を温熱しながら足を動かす
2.坐骨への注熱
  • 下肢のポイントは「仙骨」「坐骨」などの骨盤周り。
    寝る前だけでなく、テレビを見ながら、読書しながら温める習慣を。

三井温熱で坐骨の温熱治療 三井温熱で坐骨の温熱治療しながら少し動かす

今度も注熱が終わったら肩を回して、最初の状態と比較して見ましょう。

他にもこんな方法があります

「寝てやるやり方」と「立ってやるやり方」のイラスト