ボディクレイの全製品詳細

ボディクレイの全製品詳細を紹介します。

製品詳細

ねんどの入浴剤
  • 全身用なので毎日の入浴に使っているといつの間にか・・・という感じで肌が確実に喜んできます。
  • お風呂のお湯が柔らかくなる、体がよく暖まる、肌の古い角質や汚れが粘土の吸着力で浮いてきて、取れやすい状態になる、モンモリロナイトの皮膜効果で入浴後も肌がなめらか、などの速効もあります。
  • 湯垢等は粘土に吸着されるので、お湯が汚れにくく、臭くなりにくい。
  • 浴槽の汚れや排水溝の汚れも粘土が吸着するので、お風呂掃除が楽になるというオマケもあります。

入浴剤は溶けにくい?


モンモリロナイトは静止状態では固まり、動かすと、ゆるやかになる性質があるので、容器から直接お湯の中に入れるとチューブから出たままの形で、溶かすのに苦労するこ とになります。洗面器などにまず入浴剤を出し、よくかき混ぜてからお湯を入れ、それから浴槽に入れるとよく拡がります。入浴剤を体に塗って浴槽に入り、お湯の中で落とすという方法もあります。
ねんどのソープ
  • 粘土分が古い角質や毛穴の汚れも包み込んで取り去ってくれます。しっかり洗えるのに肌に負担をかけないのは石鹸の汚れを取る仕組みと粘土のそれは全く違う働き方をする  からです。洗った後もモンモリロナイトの薄い皮膜が肌に残り素肌の 中にもともとある潤いを育むので健康な肌に導きます。
  • 使用可能な対象者は(乾燥肌、油性肌、アトピー、ニキビなど)や性別、年齢(赤ちゃんから高齢者まで)を選びません。
  • 洗顔には・・・水またはぬるま湯で肌をしめらせ手の平に少量のソープをよく泡立ててクリーム状にし、かるくマッサージする要領でていねいに洗う。メイクを落とすのも通 常これで大丈夫ですが、心配な方は二度洗いを。
≫トラブル肌、思春期のニキビ肌に特に好評!
  • 洗髪には・・・まずお湯でていねいに予洗してから、髪の長さ、量に合わせた適量のソープを泡立てて、マッサージするように洗う。二度洗いして、毛穴の汚れもしっかり落とすと頭皮が活性化してダメージ毛が減り、髪にハリとツヤが得られます。
≫ダメージ毛の気になる男性に特に好評!
  • 長い間、合成洗剤のシャンプー(市販の殆どのシャンプー)を使ってきた人が石鹸に替えると、しばらく髪がギシギシ、ベタベタしたり、まとまりが悪くなるなどのトラブルにみまわれたりします。髪や頭皮が合成洗剤の影響からするまで髪のためばかりでなく体のためにも環境のためにもめげないで頑張ってほしいです。
  • ねんどのソープで洗うと、石鹸の弱いアルカリのためキューティクルがやや開き酸性リンスで中和されると、キューティクルはもとどおり閉じる仕組みだそうです。石鹸シャンプー用の酸性リンス剤(あるいは木酢液や食酢、クエン酸、レモン など)で濯ぐと指通しがよくなります。ねんどのトリートメントを混ぜたり、併用するとよりトリートメント効果を期待できます。
ねんどのトリートメント

≫使ってみたらわかる!リピーターが非常に多い製品。男性にはひげそり時に好評です!

  • 顔、髪、からだのトリートメントに。夜、洗顔後パックのようにぬってそのままお休み下さい。翌朝にはスベスベになっているでしょう。また、荒れた手足にもお試し下さい。粘土の効果に加えて、豊かな保湿成分が衰えた肌、傷んだ肌のケアに効果を発揮してくれます。
クリームとして使う場合

クリームとして使う場合は、ごく薄くのばして使うこと。厚くぬるとヨリが出てポロポロしてしまいます。そういう時はさっと洗い流してください。効果は残ります。(わざと厚塗りしてしばらくしてオイルをつけると粘土と一緒に皮膚の奥の汚れもポロポロと取れるのでピーリングクリームとして活用してもよい)

ねんどのローション
  • シルク、クィンズシード(植物の種の成分)、キューカンバーエキス(キュウリのエキス)、キチン、イリス、カモミール、NMFなどが、薄い粘土の溶液のなかに入っています。洗顔後や化粧下に好評ですが、かさつきがちの子どもや赤ちゃんの肌のケアにもお役に立っているようです。

ローションの沈降現象、粘土はシルクや和漢成分などの有機物を包み込むと重くなり下に沈みます。よく振ってからお使い下さい。

使用期限について強い保存料、殺菌剤を避けてマイルドな制菌剤を使用。植物エキスや水分は腐りやすいので開栓後は涼しい所で保管し、3カ月以内を目安に、早めに使いきって下さい。

ねんどのミルキーローション
  • 皮脂が足りない人、乾燥した季節などのためのオイリーなローションです。乳化剤(合成界面 活性剤)は使わず、モンモリロナイトの油分を包み込む力を利用しました。そのため、べとつかず、さらっとした使用感です。
  • ねんどのローションに比べると粘土の割合も多い。
ねんどのスキンミルク
  • スキンケアクリームとして、さまざまなトラブル肌にも納得して使えます。パックとしても使えます。
ねんどのハミガキ
  • ねんどを口に入れることに違和感をお持ちの方もいらっしゃいますが、粘土は泥でも土でもありません。粘土水を飲む療法もありますし(私の自然食リカ・ザライ─フランス)日本でも医療現場などに使われていて この粘土は食品添加物でもあります。それとは、知らずにあなたもきっと口にしていることでしょう。このハミガキは飲み込んでも大丈夫。赤ちゃんや寝たきりの方にも。
  • 粘土の微粒子はマイナスイオンに帯電。口の中の代謝物はプラスイオンに帯電。汚れをブラッシングで取りながら、粘土が歯の隙間に入り込んでイオン的に汚れとくっつき歯から離します。粘土に包み込まれた汚れは取り除かれ、その後も粘土の皮膜が歯をコーティングして守ります。
  • 虫歯や歯周病、口臭を防ぐだけでなく、口内の様々なトラブルにも有用。
  • 香料と表示のティートリーは制菌効果もあり口内炎や歯周病にも有効な精油

市販の歯磨き剤には一部商品を除き界面活性剤(ASなど)が1~2%入っています。ASは100ppm(0.01%)以上で蛋白質変成作用を示します。口内の粘膜から浸透し肝臓障害をおこす原因になるばかりでなく、舌の表面の味覚器官、味蕾を一時的に溶かし、味覚を失わせてしまいます。また、原料の苦み、渋みをカバーし、甘味を持たせるために、サッカリンが使用されています。サッカリンは発ガン性が疑われています。

ねんどのシンプルジェル
  • これ以上なにも減らせないシンプルなモンモリロナイトのジェル
  • ソープの弱アルカリにさえ反応するような過敏な肌の方の洗顔、洗髪に。
  • アロマヒーリングではキャリーオイルのかわりに使うと、べたつかないうえ粘土の効能も加わり、より効果をあげられます。
ねんどのパック
  • シンプルジェルとの違いは、こちらにはオイルや保湿成分が配合されており、このままで色々な用途に使えるというところです。
  • 何にでも使えるということがお客様をかえって迷わせてしまい、ボディクレイ全体の構成が曖昧になって商品説明が分かりにくいという声が多々あり、パックをボディクレイの基本的なラインアップから外すことにしました。パックには、熱心なリピーターのお客様もいらっしゃいますので、今後も受注頂いた分にはお応えできるよう生産は続けていきますのでよろしくお願いします。