γ(ガンマ)−リノレン酸配合
イッチノン・シリーズ

天然成分より作られたガンマリノレン酸(必須脂肪酸)とビタミンEが主成分

体にとってなくてはならない必須脂肪酸
γ−リノレン酸配合のイッチノンシリーズ

γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)は自然界では母乳と一部の植物(月見草など)にしか含まれておりません。つまり、身体にとってなくてはならないものであるにもかかわらず、体内でリノール酸から作り出さなければなりません。
現在、ビタミン・微量元素の不足やストレスなどで、スムースにガンマリノレン酸を合成できない人が増えています。

微生物発酵でつくられたγ-リノレン酸の登場

γ−リノレン酸(ガンマリノレン酸)は、身体になくてはならない脂肪酸

γ−リノレン酸(ガンマリノレン酸)というのは、私達の体にとって必ずなくてはならない脂肪酸(必須脂肪酸)の一つです。よく似た言葉で“リノール酸”というものがありますが、これも必須脂妨酸の一つで食用油などによく含まれています。
γ−リノレン駿は、このリノール酸から体内で作り出されるものなのです。作り出されたγ−リノレン酸は、私達の体の中で様々な働きをする物質に作り変えられていきます。その中の一つに、“ヒスタミン”を細胞の外に出さないようにするはたらきがあるのです。

リノール酸からγ−リノレン酸(ガンマリノレン酸)が作られる時に、必要な酵素があります。これがないと、いくらリノール酸がたくさんあっても、γ−リノレン酸は作り出せません。また、過剰なリノール酸は酵素の働きをかえって阻害してしまいます。
赤ちゃんやお年寄りも自分でこの酵素を十分に作り出せない、または作り出す力が弱ってきていると言われています。

母乳か、一部の植物にしか含まれていないγ−リノレン酸

γ−リノレン酸は自然界において母乳か、ごく一部の植物(月見草)にしか含まれていません。後は、自分の力でリノール酸から体内で作り出すしかありません。
つまり、この酵素が働かないとすれば、γ−リノレン酸を体外から補ってやる必要が生まれてきます。

γ−リノレン酸が母乳に含まれているということは、当然、生まれたばかりの赤ちゃんに必要です。
必須脂紡酸の一つでありながら、赤ちゃんは自分自身の力ではまだ十分に作ることができないのです。そのため、お母さんから分け与えてもらうようになっています。

γ−リノレン酸を摂取するには?

“身体の外から補ってあげる”には、どうすればいいのでしょうか。
こんな声にお応えして、バイオテクノロジーを利用した、γ−リノレン酸油が開発されました。
バイオのγ−リノレン酸油は、一般の月見草油よりもγ−リノレン酸を多く含み、リノール酸が少ないなどの特徴が見られます(リノール酸が多く含まれると、身体にとって不都合な過酸化脂質ができやすくなります)。
“バイオテクノロジーを利用して”とは難しく聞こえますが、簡単に言いますと、お酒の作り方と同じ“発酵法”と考えてください(お酒はお米を、γ−リノレン酸はブドウ糖を主原料としています)。

発酵法のγ-リノレン酸は、どこが優れているのか?

発酵技術を駆使して開発されたイッチノン

γ−リノレン酸は、母乳にくわえ、月見草、ルリチシャ、黒スグリなど植物のタネにも含まれていることがわかっています。ところが、このイッチノンは、微生物を発酵させてつくったγ−リノレン酸でできています。
微生物というとイメージが沸きにくいかと思いますが、酒や味噌、納豆を想像していただければよいでしょう。これらはいずれも微生物を利用してつくられている食品です。

微生物発酵法γ−リノレン酸が注目される理由

前述のように月見草、ルリチシャ、黒スグリからγ−リノレン酸を抽出することは可能ですが、栽培する地域や品種によって、含有量や成分組織にバラツキがあるだけなく、海外の生産地に頼るしかないため、供給も不安定です。事実、1997年のエルニーニョの影響で、それらの植物が不作となり、供給が困難になった経緯があります。

ところが、微生物発酵法γ−リノレン酸は、天然の原材料(ブドウ糖)、自然の微生物によって生産されるので、安定供給が可能なだけでなく、熱や酸化にも動じません。そしてなにより、γ−リノレン酸の含有量が他のものに比べて高いため、健康補助食品や化粧品のみならず、他分野の製品に利用されています。

γ−リノレン酸・シングルセルオイル生産菌の製造方法

原料(ブドウ菌)

↓
   

フラスコ培養

↓


γ−リノレン酸
γ−リノレン酸生産菌

タンク培養

↓

菌体分離

↓

乾燥

↓

乾燥菌体

↓
→

飼料用粉末

抽出

↓










 

脱酸、脱色

↓
 

脱臭

↓
 

精製油脂

↓
→

食品用油脂
(化粧品用油脂)

高純度化

↓

 破砕抽出・精製工程

高純度脂肪酸

→

医療用原料

イッチノンQ&A

Q1 イッチノンには何が含まれていますか?

γ−リノレン酸とビタミンEを主成分にしたゼラチン軟カプセルになっています。

Q2

イッチノンに含まわるγ−リノレン酸の原料は何ですか?

ブドウ糖を原料に発酵方式で作られています。ゼラチンを除く中身には、アレルギーの方や腎臓の悪い方にとって気になるタンパク質成分を含んでいません。

Q3 γ−リノレン酸とは何ですか?
必須脂肪酸の一種で、母乳には含まれていますが、通常の食事から摂取することは困難な成分です。本来はリノール酸から、特殊な酵素によってγ−リノレン酸が身体の中でつくられています。この酵素の働きが弱くなるとγ−リノレン酸がつくられにくくなることが知られています。
Q4 γ−リノレン酸をつくるのに必要な酵素の働きが低下するのはどのような場合? 飽和脂肪酸やコレステロールあるいはリノール酸を過剰に摂取した場合、アルコールを過剰に摂取した場合、亜鉛やマグネシウムなどの微量元素やビタミンB6などの代謝異常がある場合。
Q5 カロリーはどの位ですか? ゼラチンも含めて1粒あたりの総カロリーは約3キロカロリーです。(ゆで卵1つは、約75キロカロリーです。)
Q6 1日にどの位、そしていつ飲めばいいのですか? 通常は大人の方で1日6粒がめやすとなります。油性成分の為、吸収のことを考えると、空腹時よりも食後のほうが良いでしょう。1日数回に分けて食事のあとにお召し上がり下さい。
Q7 小さなお子様の場合はどれ位の量をどのようにして飲めばいいのですか? 乳幼児の場合は1日2粒位、小学生児は3〜4枚位と年齢にあわせて漸次適当に増加していただいてお飲み下さい。カプセルのままでお飲みになれない小さなお子様の場合は、ゼラチンをお湯などで溶かして、中身のみをお使い下さい。グツグツ煮なければさしつかえありません。中身は無味無臭です。
Q8 ずっと飲んでいて大丈夫ですか? 一般食品の感覚で、健康維持目的としてずっと飲んでいただきたい成分です。その場合、スタート時の半分位の量で増減していただき、自分にあった量をお選び下さい。
Q9 医薬品と併用しても大丈夫ですか? 大丈夫です。
Q10 便がゆるくなりすぎたのですが‥‥。 個人差はありますが、飲み始めた最初の頃、腸の動きが活発になった為か、お腹が張ったり、ガスが出たりまたは便がゆるくなることが希にあります。元に戻るまで一旦止めて頂いて、再度飲み始めて下さい。
Q11 ピリピリとかゆくなったような気がするのですが‥。 最初一過性にかゆみを感じやすくなる方がいらっしゃいます。そのまま続けて飲んでいただいている間に、2〜3日で元に戻ることが多いようです。しばらく様子をみて下さい。

イッチノンADクリームQ&A

Q1 コンセプトは何ですか?

コンセプトは「使用感」と「効果」。使い続けていただくために、使用感を重視しながら効果のあるクリーム。そんなコンセプトでこのクリームが誕生しました。

Q2

通常の保湿クリームと一番大きなちがいは何ですか?

皮膚の保湿を考える際、油性の保湿成分と親水性の保混成分の両者のコンビネーションが重要とされており、イッチノンADクリームはまさにそのコンビネーションにこだわって理想的な配合と濃度が設計されています。
バリアー機能と皮膚機能をサポートする、使い続けて違いが実感できる、そんなクリームです。

Q3 使用感で一番こだわったことは?

さらっとしているのに、しっとりしている。そしてべとつかず、のびが良いことです。

Q4 1日に何回ぐらい塗るのが良いのですか?

◇擦り込まないように塗ることが大切です。少し多めの量を指の腹などを使ってさっと塗るのがいいでしよう。

◇乾燥がひどくて、べっとり洗うクリームが必要なケースや、夜間就寝時のように次に塗るまでの時間が離れる場合などには、イッチノンADクリームだけでは物足りないケースがあります。そのような場合に限り、イッチノンADクリームを塗ったあと、白色ワセリンのようなべたつき度の高いクリームを重ね塗りすることをお薦めします。

◇刺激性は限り無く低いクリームではありますが、もしピリピリ感を感じるようであれば一時中断し、日にちをおいて再びお使いいただくことをお薦めします。バリアー機能が低下している、いわゆるドライスキンの人(敏感肌やアトピー性皮膚炎の人)にこそ使っていただきたい保湿クリームです。

Q5 イッチノンADクリームの訴求力は何ですか? 流行りの成分でもなく、概観やイメージや宣伝でもなく、中身そのものに訴求カを持たせました。使っていただければその良さが実感できる、そんな保湿クリームに仕上げました。だからこそ、保湿成分を吟味し、効果が引き出せて技術的に可能な最大濃度をバランスよく配合しています。
Q6 化粧下地として使っても良いですか? OKです。特に敏感肌と呼ばれている人たちは、肉眼的にはきめの整っている皮膚に見えても、実はバリアー機能の低下したドライスキンの状態です。外出時にはもちろんUV対策は大切ですが、皮膚にとっての外敵はUVだけではありません。乾燥も手強い敵です。だから、乾燥に対してしっかり保湿対策が必要です。イッチノンADクリームでしっかり保湿をして下さい。イッチノンADクリームはさらっとしているので、夏場でももちろん使えます。男性の場合には、ぜひ髭そりあとの皮膚ケアとしてご使用下さい。
Q7 にきびがある場合には塗らない方がいいのですか? いいえ。にきびは敏感肌のひとつとして考えられており、角質層の異常が引き金となって起こります。イッチノンADクリームはそんな角質層にはたらき、角質層のバリアー機能と密接に関わる角質細胞間の隙間を埋める成分がたっぶり含まれています。しかも皮膚表面を覆ってしまわないため、にきびの基礎ケアである洗浄のあとに、毎日ご使用下さい。
Q8 使い続けていると、皮膚がポロポロ落ちだした。止めるべきですか? いいえ。特に皮膚の乾燥がひどく、バリアー機能が著しく低下している人においては、皮膚の細胞のターンオーバー(新陳代謝によって皮膚が生まれ変わる)が狂っており、しかも角質層は緻密な構造を失っています。そんな皮膚が生まれ変わる際、一過性に一番外側の乾燥した角質細胞が落屑となって、ポロポロ落ちる現象がみられます。老化による皮膚の肥厚がある人においても同様です。もし痒みや熟感、赤みを伴わないようであれば、一過性の通過点としてしばらくご使用を続けながら様子を見て下さい。
Q9 かゆみ止めの効果はありますか? いいえ。かゆみ止めの成分は入っていませんので、直接的なかゆみ止めの効果はありません。イッチノンADクリームはバリアー機能にこだわった保湿クリームです。もしドライスキンゆえにかゆみが生じている場合には、保湿能力が上がったことでかゆみが少なくなる場合は当然あると思いますが、いずれにせよ、掻かずにおれない皮膚のかゆみがある場合には、抗ヒスタミン剤などの内服の併用をお勧めします。引っ掻くことは皮膚のバリアー膜を根こそぎ剥ぎ落とすこととなり、真皮に存在する紳経がむき出しとなって以前よりも痔みを感じやすくなるというitch-scratch-cycleが存在しますので、掻く行為につながるかゆみには、かゆみ止めなどを使ったかゆみ対策は必要です。

株式会社コーワテクノサーチ
Itchnon イッチノン

イッチノン

イッチノン

110粒入

価格 10,584 円(税込)

注文数
品番
MG1451
JAN
4562104520014

天然成分より作られたガンマリノレン酸(必須脂肪酸)とビタミンEが主成分。健康と美肌のためのサプリメントです。

原材料
食用油脂(ガンマリノレン酸含有油脂) 、ビタミンE、ゼラチン、グリセリン

内容量
1粒中 ガンマ-リノレン酸50mg、ビタミンE6mg

賞味期限
2年

お召し上がり方
1日3〜6粒を目安にお召し上がりください。

イッチノンQ&Aはこちら

イッチノン BCO<br>(ボディ用スキンオイル)50ml

イッチノン BCO (ボディ用スキンオイル)

50ml

価格 8,640 円(税込)

注文数
品番
MG1452
JAN
4562104520144
ボトルがスポイト型からプッシュ型に変更となりました。

「めぐり」がキーワード。あなたのウィークポイント、トータルケアにご使用ください。

全成分
ムコールシルシネロイデス油、スクワラン、ホホバ油、ダイズ油、ハイブリッドヒマワリ油、 トリオクタノイン、トコフェロール、カミツレ花エキス、マロニエエキス、カワラヨモギエキス、バニリルブチル、香料、グリチルレチン酸ステアリル

ご使用方法
適量を気になる部分に塗布してください。

使用上の注意
・お肌に合わない時は、ご使用をおやめください。
・傷、はれもの、湿疹等、異常のある部分にはお使いにならないでください。
・衣服等につきますとシミになることがありますので、ご注意ください。

イッチノン ADクリーム

イッチノン ADクリーム

50g

価格 4,104 円(税込)

注文数
品番
MG1453
JAN
4562104522018

保湿とバリアであなたをサポート「さらっとしていて、しっとり潤う」

原材料名
化粧用クリーム、セラミド3、ガンマリノレン酸

ご使用方法
適量を取り、肌になじませます。

成分
水、セタノール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)(羊毛)、オクタン酸セチル、グリセリン、トリオクタノイン、ペンチレングコール、PCA-Na、セラミド3、ムコールシルシネロイデス油、ヒドロキシステアリン酸コレステリル(羊毛)、水添レシチン、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、ステアリン酸ポリグリセリル-5、キサンタンガム、ジメチコン、バチルアルコール、メチルパラベン、プロピルパラベン

イッチノンADクリームQ&Aはこちら