ヴァータ・タイプ

アーユル・ヴェーダ体質別の健康維持法お教えします

ヴァータ・タイプ

基本的な性質は「変わりやすさ」です。
一定の型にはまらない多様性がヴァータ体質の特徴なのです。 思考は明晰で、聴覚や触覚の刺激に敏感です。 活発で興奮しやすく、想像力が豊富で、おしゃべりな性格です。 心や体のエネルギーは一気に出ますが、持続しません。
 バランスが乱れてくると、衝動的な傾向によって無理をしすぎることがあります。 十分な休息を取り、規則的な生活習慣を特に心がけることが必要です。

◆バランスをとるためのアプローチ

◇十分な休息を取る
無理のある過度の活動に気づいたら、5分間の休息を取ります。 また、毎晩十分な睡眠をとることも重要です。 瞑想から得られる深い安らぎは最高の休息となります。
◇暖かくする
ゆっくりと温かいお風呂に入ったり、温かい飲み物を十分にとります。
◇湿度を保つ
体が乾きやすいので、部屋の空気には十分な湿度を保ちます。
◇毎朝、胡麻油で体をマッサージ
乾いた皮膚をなめらかにし、ヴァータを静めさせます。
◇暖かくする
ゆっくりと温かいお風呂に入ったり、温かい飲み物を十分にとります。
◇規則的な食事
1日3回、必ず食卓について、食事をとります。
◇刺激物を避ける
コーヒー、紅茶、ニコチンなどの刺激物を避けます。
◇過激な刺激を避ける
やかましい音楽、暴力的な映画、長時間のテレビはヴァータを増悪します。
◇まわりを明るくする
ヴァータは日照と明るい色に好ましい反応をします。
◇愉快な気分でいる
気分を楽しくしてくれる人たちに会う、面白い本を読む、軽い娯楽番組を見るなど、 ヴァータ体質の本来の陽気さを引き出し、心配を軽減するものは何でも助けになります。

◆アンバランスの危険信号

◇心理面
悩みや不安、苛立ちが出てくる。注意が広く行き届かなくなる。 抑うつ状態。
◇行動面
不眠状態が続き、疲労感がある。 落ち着きがなく、衝動的な行動。食欲がない。
◇肉体面
乾燥し、あれた皮膚。便秘や腸内にガスが溜まる。 腰痛、月経痛、関節の痛み、鋭い痛み・神経などの痛み。 筋肉のけいれん、高血圧。体重の減少。

●お客様へ重要なお知らせ
ご承知のように、COVID-19リスクに対応する食料品や衛生品のまとめ買いや、催告のないテレビ放映などで、突然数千件の注文が押し寄せることもあります。弊社で販売する品の大半は、丁寧に心を込めて目と手で作られた希少性の高い作品です。そのため、「在庫あり」表示や「受注承認メール」配信後に入手不可能であることが判明する場合があります。この場合、ご用意できない品は弊社の判断にてキャンセル扱いとさせていただき、在庫が確保した品のみを可能なかぎり早くお送りしますので、ご理解をどうぞよろしくお願いいたします。