携帯電話向けイヤホンマイク EM-MODE

マイクはなんと耳の中! 騒音にも強く、電磁波対策に最適! 理想的なハンズフリー通話が実現します。

「携帯電話向けイヤホンマイクEM-MODE」販売終了致しました。
長らくご愛顧ありがとうございました。

耳に入れるマイクです! EM-MODE(エムモード)、注目の新技術

「EM-MODE」は、人が話すときに口から発生する音声信号と同時に、
鼓膜からも音声信号がでていることに着目することで誕生しました。

マイクをイヤホンと一緒に耳に入れる
まったく新しい携帯電話・PHS向けイヤホンマイクです。


 うちの愛もご機嫌(^.~)  ●

騒音・風きり音をシャットアウト! クリアーな通話を実現


マイクとスピーカーが耳の中という密閉空間に入るので、
騒音や風きり音を防ぎやすくなり、
クリアーな音で通話が出来ますから、
周囲に迷惑な大声を出す必要が無くなります。

電磁波対策にも最適

携帯電話で長く通話していると、頭が熱くなったり痛くなったりすると言います。
それは携帯電話が発する電磁波の影響だと言われています。
頭を電子レンジの中に入れたのと同じ状態だと言うのです!

イヤホンマイクを使えば、携帯電話が発する電磁波を頭部に直接浴びることなく、
安心して通話することができるでしょう。
イヤホンマイクは ヨーロッパでは既に、広く一般に使われている電磁波対策商品なのです。



新人スタッフ高村、EM-MODEを初体験!
EM-MODE用変換ジャック

「口元にマイクがないのに会話ができるとは!!」

「すっごくクリアに聞こえます!」

「私の携帯もこれで使えます!」


EM-MODEが使用できる
携帯電話・PHS


D504i、N504i、SO504iなど
EM-MODEだけでは使用できない
携帯電話・PHS


最新のFOMAもアダプタでOK!
  左の写真のように差し込み口が平型の機種も、イヤホンジャック変換アダプタをご一緒にお求めいただければ、問題なくご使用できます。

変換アダプタ

 

着脱が片手で簡単
聴診器の様な形のタイプ
小さくて目立たない
幅広い年齢層の方に!
おしゃれでスポーティーな
ヘッドホンタイプ

 

 驚きのイヤホンマイク誕生! 秘密はLSI「MM2000」!

人間は音声を出す際に口から出るレベルの30分の1ながら、耳からも音声信号を発信しています。耳からも音声信号を発信しているのならば、通 常はスピーカーとして耳に装着している振動板に、マイクの振動板の機能も附随させ、耳孔内のエアー伝導を利用し、音声を相手側に送信、同時に受信処理も出来る一つの部品にできないかと考えました。

この技術が実現すれば密閉された耳に装着するため、周囲の雑音を拾うこともありません。
また大声で 会話をする必要もないため、公共の場での携帯電話使用にも問題は起らなくなります。そのアイデアを元に「モノリシックリニア集積回路」である「MM2000」が誕生しました。

携帯電話用のイヤホンマイクに留まらず、ハンズフリー・カーナビ・音声認識システム・ゲーム機器・PDA・無線通 信システムなど、さまざまな最新機器への利用が見込まれています。

 

▼音質にすぐれ、電磁波対策にも効果 発揮! MM2000・6つの利点
1.クリアな音質
2.騒音に強い
3.安価に利用可能

発声時の体内における音波の空気振動を鼓膜振動を介してマイクが拾うため、小さな声での会話もクリアに伝達可能です。

 

耳の中だけでの音声信号処理により、周囲の 騒音・雑音に影響されず、相手側とスムーズな通 信が実現します。

 

マイク部品は不要、イヤホン部品のみで制作できるので安価です。しかも装着が容易で、骨伝導マイクのような強制固定は不要です。

 

4.イヤホンひとつでマイクもこなす
5.電磁波が回避できる
6.将来性大

ひとつのイヤホンでマイク機能、スピーカー機能を持ち合わせているので、ぶらぶらと邪魔なマイクが不要になり、快適なハンズフリー通 話が実現します。

 

携帯端末を頭部から離して利用できるので、端末が発する電磁波の害を回避できます。

携帯端末が必要不可欠な現代社会において、カーナビ・音声認識システム・ゲーム機器・PDA・無線通 信システムなど、使用範囲拡大が期待できます。

 

 

  便利でおしゃれな7つの秘密! 渋谷でも人気のEM-MODE

 「EM-MODE」は若者の間でも人気を呼んでいます。
 なんと「渋谷ロフト」における2001年10月の売り上げランキングで第2位 にランクイン!
 その人気の秘密は7つのキーワードの中に隠されています。

秘密その1「ストレス軽減」
 
秘密その2「着脱簡単・ハンズフリー」

両耳に装着することにより、片耳だけを使用しているハンズフリーイヤーマイクより、見えないストレスが軽減できます。
また、イヤホンマイクはぶらぶらするマイクが邪魔だったり、イヤホンに異物感があったりと言ったストレスもありました。しかし「EM-MODE」はマイクはスッキリ耳の中。しかもイヤホンの異物感も軽減しました。

 

「EM-MODE」は携帯電話・PHSの自動着信機能にも対応しているので、電話機に触ることなく通 話することが可能です。
中でも「D-198 Doctor Type」は片手での着脱が容易におこなえるので、運転しながらでも楽々ハンズフリー通 話ができます。
仕事をしながらでも、料理をしながらでも、両手を空けての通話ができます。この便利さは一度体験したらやめられないでしょう。

秘密その3「コードが絡みにくい」
秘密その4「疲れません」

今までのイヤホンマイクはコードが絡みやすいと言う欠点がありました。
しかし「EM-MODE」は絡みにくいコードを使うことで、この欠点を克服しました。

腕や肩を固定する必要が無いので、長時間通話しても疲れず、肩凝りに悩まされることがありません。

秘密その5「高音質・高感度」
秘密その6「雑音を拾わずクリアーな通 話が可能」

伝統ある「アシダ音響制作」の技術により高音質スピーカーが実現しました。また、マイクは高感度なので小声でもしっかり拾います。
ですから、公共の場所での大声電話などの迷惑行為をすることなくマナーを守って通 話できます。

マイクを耳の中に配置することで、風きり音やその他の雑音を防ぎやすいので、相手に音声がクリアーに伝わります。

 

秘密その7「おしゃれで、しかも実用的なデザイン」
なんと言っても魅力はそのおしゃれさと実用性を兼ね備えた3種類のデザイン。
片手で着脱簡単な「D-198 Doctor Type」、コンパクトで目立たずに使用できる「E-198 Ear Type」、スポーツなどで激しく動いてもはずれない「D-198 Neck Type」
色はそれぞれホワイト・ピンク・イエロー・ブラックの4色がラインナップ。お好みに合わせてお使い下さい。
「MAKI KUBO」が描いたパッケージのイラストも注目です。


 

  テレビ・新聞・雑誌、各種メディアが報道! EM-MODEは注目度大!

◆テレビ

TBS
2001/11/10日(土)「王様のブランチ」
12:40頃の「携帯baby」というコーナーで紹介。

MXテレビ
2001/10/31日(水)「モーニングTOKYO」


◆新聞
読売新聞
2001/11/20
“「携帯」使用時の肩凝り軽減”

産経新聞
2001/11/2
“ヘッドホンそれとも聴診器?”

毎日経済新聞(韓国)
2001/11/7
“マイクがないハンズフリーが登場”

 


◆雑誌

徳間書店
2001/9/26 「RV Magazine」

(RV Magazine)

 

KKベストセラーズ
2001/9/26 「一個人」
2001/6/22 「ケータイ王 夏号」

(ケータイ王 夏号)

 

毎日新聞社
2001/8/21 「サンデー毎日」

プレジデント社
2001/9/21 「プレジデント」

ダイヤモンド社
2001/8/10 「Car Driver」

京阪神エルマガジン社
2001/10/5 「SAVVY」
2001/10/1 「Meets Regional」
2001/9/25 「L-Magazine」