三七人参(田七人参)入り・三七花貴人

EM栽培でパワーアップの三七人参(田七人参)
三七花貴人と三七サポニンス

EM農法でつくられた高品質の三七人参(田七人参)


EM関連商品 EM応用スキンケア商品「プロハーブシリーズ」 / EMクリーンチップ/電子レンジ用プレート / EM浄水器
檜と備長炭の癒し枕 / EMシャンプー / EMセラシリーズ / EM-X / EMスキンケア
こだわりの洗濯+キッチン用マザータッチ / EM栽培で育てられた安心安全なりんご


雲南省の霊宝庫から出てきた
聖なる三七人参(田七人参)

三七人参(田七人参)は、古来から中国の人々に使われてきました。
ベトナム戦争で北ベトナム軍が、三七人参(田七人参)の塊を岩石などに擦って
粉末にして三七人参(田七人参)の粉を塗り込み、使用していた三七人参(田七人参)です。
しかも高麗人参よりも栄養度がとても高い!!


三七花貴人 三七サポニンス・三七人参100%のカプセル 三七花葉サポニンス・三七人参100%の錠剤
三七花貴人
▼買い物かご
三七サポニンス
▼買い物かご
三七花葉サポニンス
▼買い物かご



希少価値の高い三七人参(田七人参)の驚異の力!


幻の聖薬「三七人参(田七人参)」の歴史

三七人参を栽培
三七人参(田七人参)を栽培している畑

三七人参(田七人参)はウコギ科ニンジン属の多年生植物で、高麗人参と植物分類学的には同じ仲間ですが、一部の含有成分は高麗人参を遥かに上回るものです。

それを口にできたのは貴族や特権階級の人だけに限られていたほど高価なもので、珍重されていたのです。それだけ稀少なものであったため、黄金に換えられないほど貴重なものという意味の「金不換」と呼ばれていた「幻のお金に換えられないもの」だったのです。

1971年、周恩来首相の指示で三七人参(田七人参)は庶民にも開放されました。ベトナム戦争時には北ベトナム軍が三七粉を使用していたため、その素晴らしい効果がアメリカ軍関係者にも広まったと言われています。しかし、中国政府は、その効果の高さと稀少性を理由に、長年に渡り三七人参(田七人参)の国外への持ち出しを禁止してきました。原料としての輸出は1960年代の初頭から行われていたものの、製品の輸出は中国政府によって許可されておらず、1977年輸出が認められて、初めて三七人参(田七人参)を使った商品が日本にやってきました。

三七人参(田七人参)の名前の由来

三七人参を発見した李時珍
本草綱目の著者

三七人参(田七人参)という名前の由来については、さまざまな説があります。一般的には、「茎が3本あり、それぞれに葉が7枚手の平を広げたように付いているため」と言われていますが、いまから約400余年前、1590年の明朝時代、李時珍により刊行された生薬の本「本草綱目」には「葉が左に3枚、右に4枚あるから三七人参(田七人参)と名付けたと言われているがそうではなく、本名を山漆といい、それは漆が物を粘着するように融合させる働きがあるところに由来する」と書かれています。

また「本草綱目の中で三七人参(田七人参)という記述が登場して以降、三七人参(田七人参)と言われるようになった」 という説や、「山漆が三漆(サンシー)と言われるようになり、三七人参(田七人参)(サンチー)となった」 という説もあり、本当のところは分かっていません。
田七(デンシチ)、田三七(デンサンシチ)人参と呼ばれることについては、三七人参(田七人参)の産地に広西省田陽、田東があったためではないかと言われています。

希少価値の高い三七人参(田七人参)の産地、中国雲南省文山

三七人参(田七人参)の生産地は、中国の南、雲南省から広西省にかけての海抜1200〜1800メートルに限られ、ミャオ族という少数民族によって栽培されるようになったと言います。産地の中でも、雲南省文山県は広西省より土壌が豊かで良質の三七人参(田七人参)が育ち、全体の9割を占める産出量を誇る産地となっています。三七人参(田七人参)はニンジン属の中で最も原始的な植物と推定されており、高山植物が平地で育たないのと同様に土壌や日照条件などに対して非常にデリケートで、この地域以外では栽培できない稀少な植物でもあります。

三七人参(田七人参)の栽培

三七人参の原産地地図
三七人参(田七人参)の栽培地

三七人参(田七人参)を稀少なものとしているのには、種を蒔いてから収穫できるまでに3年という歳月を費やさなければならないことと、栽培の管理の難しいことが挙げられます。三七人参(田七人参)の産地・雲南省では三七人参(田七人参)だけで約6600万平方メートルの畑が広がっていますが、三七人参(田七人参)は一つの株で病気が発生すれば、1週間で畑全体に病気が伝染してしまうほど弱い植物でもあり、土の中で根に病気が発生しているのに気付かなければ、畑の全滅や、収穫してみたら根の中が空洞になっていることもあります。

もちろん、収穫までの時間を長くすれば、長くするほど、根自体も大きくなり、グラムも増えるため1個当たりの売値は上がりますが、その分、栽培コストがかかります。山間の農家にとって3年という歳月をかけて全滅の可能性のある三七人参(田七人参)を栽培することは、大変な苦労があると同時に大きな賭であり、かつては、三七人参(田七人参)を盗難から守るために畑の周囲に地雷を仕掛けていたという逸話もある程です。

三七人参(田七人参)が植わっていた畑は追肥によって虫がわき、病気になりやすくなるため、そのまま5年〜10年は使わず、自然のカで浄化させます。
また、同じ土地で三七人参(田七人参)を栽培できるのはせいぜい5回くらいと言われ、約40〜45年でその土地は使い物にならなくなります。それは、三七人参(田七人参)の根が土壌の養分をすべて吸収してしまうからだと言われています。

根から花までさまざまな効果のある三七人参(田七人参)

EM農法によって育てられた三七人参の花
三七人参(田七人参)の実

三七人参(田七人参)は高麗人参と同じウコギ科の仲間ですから、当然、その根が重宝されていますが、花、茎、葉にもそれぞれ違った効果があり、市場では各部毎に分けて取り引きされています。

乾燥した花は、濃い緑色で小さな菊のような形をしています(花が咲いた後に、実となり、種となります)。

根は、3〜6センチほどの長さの灰褐色の塊根で、石のような硬さです。根の大きさは頭数で示され、何個で500gになるかによって、十三等級に分かれています。

さまざまな品質の三七人参(田七人参)製品

「雲南白薬(うんなんぴゃくやく)」「片仔廣(へんしこう)」も 三七人参が主成分。
三七人参(田七人参)を使用した商品

三七人参(田七人参)は品質のしっかりとした物を選ぶことが重要です。
添加物を加えない、製造工程が明らかになっている製品を選び、皆様の真の健康づくりにお役立ていただきたいと思います。

▼買い物かご


今話題の農薬不使用、無化学肥料で作れる、EM農法とは?


EM(有用微生物群)を利用して土壌改良をし、農薬不使用無化学肥料で、作物を栽培する方法です。
EMを構成するこれらの有用な微生物は広く自然界に存在し、古来より先人たちが利用してきた、醗酵合成型の微生物です。
またEM農法で育てられた三七人参(田七人参)は、安全性に優れ、力がさらに増します。下の写真は、中国雲南省文山の三七人参(田七人参)EM栽培基地です。三七人参(田七人参)がすくすくと育っています。

世界に利用者が広がっている微生物群・EMとは?

還元力健康飲料EM-X

Effective Micro-organisms(イフェクテイブ マイクロオーガニズムス)の頭文字で有用微生物群の意味です。
EMは多収かつ農薬不使用無化学肥料の農業を実現するため、琉球大学農学部の比嘉照夫教授により土壌改良剤として開発されました。 開発以降これまで自然農法や有機農法実践者に支持され日本国内はもとより海外にまでその利用者が広がっております。
現在EMは海外80数カ国に広がるに至っております。EMのめざすものは安全・快適・ローコスト・高品質そして持続可能な社会です。 EMの統括機関であるEM研究機構を中心にして私たちEMグループの一員は、EM技術という安全、快適、ローコスト、高品質そして持続可能な技術を用い環境保全と健康などに貢献していきたいと考えております。

今EM技術は農業からはじまり食糧・環境・健康・工業など確実にその応用が広がっております。 また、いくつかの市町村においては地域住民による草の根的市民活動にEMが利用され、社会的弱者の社会参加と連動し、ほほえましい成果を上げております。
例えば生ごみのボカシ化によるゴミの減量運動や生じる生ごみボカシを使って街の花いっぱい運動、各家庭において米のとぎ汁を使用して作るEM活性液と河川の浄化など手軽に環境保全に役立つ手法として利用されております。

三七人参(田七人参)を栽培する際に殺虫剤を使用する代わりに話題の除虫菊を使います

殺虫剤の代わりに除虫菊が栽培されている
殺虫剤の代わりに除虫菊を使用
除虫菊(シロバナムシヨケギク)には古くから、殺虫効果があることが知られており、日本では明治時代に蚊取り線香として取り入れられ、日本各地で栽培されてきました。
蚊取り線香は、第二次世界大戦前までは盛んに生産され、日本から世界中に輸出されていたほどです。しかし、第二次大戦後はピレトリン類似化合物のピレスロイドが殺虫成分の主流となり、除虫菊の栽培はほとんどなくなってしまったのです。

「除虫菊」が再評価され始めたのは、1990年代、アメリカの4つの州で、農薬の空中散布が禁止されたことがきっかけでした。アメリカの農家は、農薬にかわるものを探し求め、古くから防虫効果が認められてきた白菊に注目したのでした。

三七人参(田七人参)畑をぐるりと囲むように除虫菊を植えたところ、虫にやられる人参が格段に減っていったといいます。さらに菊の植え方の研究をかさね、いまでは除虫菊のみで、ほとんど虫にやられることなく人参などの栽培を行うことができるようになりました。

除虫菊を植えると、100メートル近くにわたって、虫を寄せ付けないバリアができあがるといいます。まさに天然の農薬といえます。

三七人参(田七人参)の栽培から収穫までの工程

EM農法の三七人参
農薬不使用でのEM栽培
種まきは通常12月20日〜1月20日くらいです。
EM農法の三七人参
発芽し苗が育っています。
三七人参(田七人参)は直射日光を嫌う為、上に棚を作り、8割程直射日光を防ぎます。
EM農法の三七人参
一年目の三七人参(田七人参)
農薬や殺虫剤を使用しないので除草や虫に食われないように手入れが大変です。
農薬不使用、無化学肥料、EM農法で作られている三七人参の花
2年目の三七人参(田七人参)
EM農法によって栄養が蓄えられ、すくすく育っています。
EM農法の三七人参
三七人参(田七人参)の花が咲き始めました。
三七の花も薬用として使用されます。
三七人参(田七人参)は隅々まで栄養が沢山あります。
EM農法の三七人参
元気良く育つ3年目の三七人参(田七人参)
もうすぐ収穫です。


三七人参(田七人参)の収穫から加工までの工程


三七人参の根
やっと収穫されました、しかしまだまだ製品になるには時間がかかります。
三七人参を品質チェック
きれいに洗浄します
三七人参の加工工場
収穫された三七人参(田七人参)は、手作業で各部首に分け点検されます。
三七人参の各部分
収穫された三七人参(田七人参)の各部分
これから加工が始まります。
サポニン抽出機械
この機械でサポニンを抽出します
衛生完備された工場です。
サポニンを二重検査
現地での成分分析検査
サポニンを二重検査
日本での各種分析検査

三年の月日をかけようやく完成しました!!



三七サポニンス・三七人参100%のカプセル 三七花葉サポニンス・三七人参100%の錠剤

三七花貴人

三七サポニンス

三七花葉サポニンス

▼買い物かご


三七花貴人、三七サポニンス、三七サポニンス錠剤、商品測定結果


 
三七花貴人の商品測定結果表
三七サポニンスの商品測定結果表
三七花葉サポニンスの商品測定結果表


分析試験項目
結 果
検出限界
分析方法
ソルビン酸
検出せず
0.005mg/kg
・ガスクロマトグラフー質量分析法
・液体ガスクロマトグラフー質量分析法
安息香酸
検出せず
0.005mg/kg
パラオキシ安息香酸エステル
検出せず
0.005mg/kg
二酸化イオウ
検出せず
0.003mg/kg
TBHQ
検出せず
0.001mg/kg
財団法人 日本食品分析センター第302100614-002号、第302100514-001号、第302100614-001号





雲南省の霊宝庫から出てきた三七人参(田七人参)Q&A


Q1

妊娠しています。カプセルと錠剤は飲んでいませんが、お茶は飲んでよいですか? 基本的には大丈夫ですが、妊娠中の方は自然な状態が一番だと考え、控えていただくことをおすすめします。
Q2 田七人参は聞いたことがありますが、三七人参(田七人参)と同じものですか? 同じものです。「三七人参(田七人参)」が正式な名ですが、他にもいろいろな別名があります。「三漆」、「金不換」、「人参三七」、「参三七」、「田三七」、「田七」などです。
Q3 三七生粉の輸入食品を見かけますが、違いはありますか? 弊社商品の特徴としては、サポニン率が高いことがあげられます。三七サポニンス、花葉サポニンスともに三七人参(田七人参)の根から得られたエキスを原料とし、さらにカプセルは根のサポニン、錠剤では葉のサポニンを加えることによリサポニン率を高めています。サポニン率は、一般の生粉、熟粉だけの商品の約6倍です。
Q4 前回の商品と、今回購入した商品は少し色が違うようですが大丈夫でしようか? 三七人参(田七人参)は天然物なので収穫の年や産地などにより根の色もバラつきがあります。弊社商品は安定剤などを使用しておらず、三七人参(田七人参)から雑繊維質などを取り除いたエキス(100%三七人参(田七人参)由来の原料)を使用しています。そのため温度や湿度などにより若干の色の違いがあるかと思いますが品質には問題ありません。安心してご利用ください。
Q5 子供には何粒づつ飲ませたら良いですか? 食事と同じように、年齢や身体の大きさによって量を減らしてください。

▲買い物かご



三七人参(田七人参)に関する詳しいうんちくについてご希望される方は、こちらよりお問い合わせください担当者より返信させていただきます。

【重要】 本品は医薬品・医薬部外品ではありません



株式会社サンシチファーム
三七花貴人・三七サポニンス・三七花葉サポニンス
1521

三七サポニンス

300mg×120粒

【期間限定8%OFF特価!】

希望小売価格 18,144 円のところ

税込価格 16,800

販売終了いたしました。ご愛顧いただきありがとうございました。

三七サポニンス・三七人参100%のカプセル

三七人参(田七人参)100%のカプセル

三七サポニンスEM栽培の三七人参(田七人参)の根を粉末にし、さらに根から抽出したサポニンスを加えることで三七人参(田七人参)が持つ健康パワーをさらにアップしました。

原材料/三七人参(田七人参)

●お召し上がり方●
1日2〜4粒を目安にお召し上がり下さい。

1522

三七花葉サポニンス

650mg×60粒

【期間限定8%OFF特価!】

希望小売価格 14,742 円のところ

税込価格 13,650

販売終了いたしました。ご愛顧いただきありがとうございました。

三七花葉サポニンス・三七人参100%の錠剤

三七人参(田七人参)100%の錠剤

三七花葉サポニンスEM栽培の三七人参(田七人参)の根の粉末を蒸すことによって熟粉にし、さらに根と葉から抽出したサポニンスをプラスした錠剤。心と体の元気をサポートします。

原材料/三七人参(田七人参)

●お召し上がり方●
1日2〜4粒を目安にお召し上がり下さい。





この商品情報を見た人は、こんなページも見ています♪
オーサワジャパンの自然食品約1400アイテム オーサワジャパンの自然食品約1400アイテム

無添加・無農薬オーサワジャパン約1400アイテム
ナチュラルパーフェクトフード「ピュアシナジー」 ナチュラルパーフェクトフード「ピュアシナジー」

オーガニック&野生の素材がなんと52種類丸ごと摂れる、パーフェクト・スーパーフード
良質の田七人参が激安! 良質の田七人参が激安!

特別の品質を廉価で提供いたします
EM飲料・EM-XほかEM関連製品各種 EM飲料・EM-XほかEM関連製品各種

EM-Xとは?EM-1・マザータッチもここで特別価格
遠赤マイナスイオン陶器「森修焼」 遠赤マイナスイオン陶器「森修焼」

食材本来の味を引き出し、鉛やカドニウムを含有しない安全な食器と、静電気フリーで快適な森林浴空間をつくるアーススタビライザーなど
ムソーの自然食品・雑貨など約1,000アイテム ムソーの自然食品・雑貨など約1,000アイテム

無添加・無農薬ムソー約1,000アイテム
プレマシャンティ トップページ プレマシャンティ トップページ

プレマ株式会社の新提案、「本来の日本食の良さ」と「四季移りゆく美しき国、日本の素晴らしさ」を心と身体の内側から感じませんか。
完全無害EM洗濯+キッチン用マザータッチ 完全無害EM洗濯+キッチン用マザータッチ

生活廃水が地球を救う!弊社は、超安全な洗濯・キッチン液「マザータッチ」日本一の販売店です。今では年間10,000本以上ご購入いただく人気商品となっています
商品2万円以上ご購入プレゼント 商品2万円以上ご購入プレゼント

商品2万円以上ご購入時でご希望を下から選択下さい。最高品質のローレルオイルシリア人が心を込めてすべて手仕込み、最高の使い心地のオリーブ石けんなど