これでわかる!電磁波対策商品の区分表

これで一発解決!電磁波対策商品の区分表をご用意しました。商品選択の参考にどうぞ!

市場には多種多様な電磁波対策商品があふれています。
弊社ではこれらの中から商品を厳選し、適切に大きく分けて2つに区分してご案内いたします。
お客さまが希望される商品を適切に選択される一助になる情報になればと願っています。
プレマオリジナルの思考法による電磁波対策商品の区分表
タイプA
物理的電磁波カット・低減系
タイプB
ハイレベルエネルギー・高波動付加系
現時点で到達している現代科学で
明快に機序が説明できる
科 学 現時点の現代科学で機序が説明出来ない
または説明が非常に困難である
電磁波メータによって、確実に有害電磁波
(電場・磁場)の低減が確認できる
メータ 電磁波メータによって、確実に有害電磁波
(電場・磁場)の低減が確認しにくい/できない
その商品を利用した場合に電磁波の害が
低減している何らかのデータがある
データ その商品を利用した場合に電磁波の害が
低減している何らかのデータがある
有害電磁波そのものをブロックしたり、
アースしたり、遮蔽する
方法論 その商品を利用した場合に電磁波の害が
低減している何らかのデータがある
誘導体による遮蔽/アースを簡便にとるもの
住宅や家電製品そのものの改良
種 類 遠赤外線/マイナスイオン/ハイレベルエネルギー
ゼロ磁場などと呼ばれるもの
明快である 説 明 複雑で困難である
エルマクリーン/グランシェフ
Vest Tech製品/ラジエントヒーターなど
商 品 セラミック累/鉱石類/炭類
特殊加工類/天然繊維類など
WHY? なぜ2つのタイプを展開するのか? WHY?

タイプAの商品群だけでは対応できない
難しい状況が存在する場合がよくあるため

タイプAの商品群は対象物の有害電磁波を明確に減らしたりカットできたりするが、例えば人間は移動することが常のため、移動中に対策できなかったり、広範囲が有害電磁波に汚染されているために局所の対処では済まない場合や、携帯電話のように遮蔽してしまうと機能を果たさなくなる場合もある。

科学的未解決の事象であっても試したい
という新しい時代のニーズが存在するため

タイプBの商品群は、まだ広く学術界で認知されていない技術や説明を有するものだが、こういった技術を使って人体などへの影響を減らしたいとするニーズが日増し高まっている。ただし、電磁波メーターで検証できないようなことをするのは全く無意味とする説もあることは事実である。それで必要なことは、それらについてを明確に区分し、説明することは必須であると考えるため、この区分表を提供している。

 電磁波対策商品表に関するQ&A
Q. 私は結局タイプA/タイプBのどちらを選んだらいいのですか?
もし、お客さまが科学的な根拠を必要とされているのなら、迷わずタイプAをご選択ください。正しく活用すれば、客観的に電磁波の低減を測定することができます。科学的根拠や電磁波メータなどによる結果よりも体感を大切にされたい方はA/Bのどちらでも構いません。またいろいろな方法を駆使して有害電磁波から身を守りたい方には、対策したい対象物に合わせ、両方を組み合わせてお使いになることをお勧めします。
Q. 私はすでに電磁波過敏の症状を訴えていますが、そうすればいいですか?
この場合には有害電磁波がアレルギーの原因になっていることがはっきりしているわけですから、受ける電磁波の総量を劇的に減らすためにもタイプAによる対策からお始めください。かなりの変化が体感されると思います。外出時やどうしてもアースできない対象物がある場合には、タイプBの商品も少しずつで構いませんからためしてみられることをお勧めいたします。Bの商品によっても体が楽になるようでしたら、ぜひいろいろの対策を複合的におこなってください。私たちの願いは過敏症の方が快適な状態を作り出すことです。
Q. タイプBは読んでいるだけでも怪しそうに感じるのですが?
そうお感じになるのも無理はありません。学術的に広く認められている商品群ではないからです。ただ、どんなこともそうですが、当初、異端的に受け止められるものでも後に広く認められることが過去たくさんあったことも事実です。ただ、今は無理をなさらず、電磁波そのものが低減されるタイプAの商品でまずご自身の体を守られてみてはいかがでしょうか。本質的に云えることは、私共はそのお客さまが望まれないものを無理に購入することが残念でなりません。これについてはトップページの「プレマとつきあう人への5箇条」をご参照ください。
Q. 電磁波には有害性はないという議論をよく聞きますが?
確かにそのような議論を聞くことはよくあります。諸説が乱立することは私たちの住む社会が資本の原理で動いていることから無理のないことと思います。これに対する答えを強く主張してぎすぎすした状態を作り出すことは私たちの本望ではありません。お客さまご自身が五感の感度を高めていただいて、お感じになることがその方にとっても事実かと思います。何の影響も感じていないのに無理に危険だと思うことも必要ないと考えます。ただ、昔に比べて遙かに電気を使ったものがたくさん溢れており、それに関係して運ばれる電力の総量も飛躍的に増えています。これが人体にとって自然であるかといえば、私たちにはそのように捉えることはかなり困難だと云えます。
電磁波対策商品区分表の著作権は、プレマ株式会社および中川信男に帰属しています。
韓国KBSから、弊社の電磁波対策について取材を受けました

韓国では、電磁波の危険性(特に低周波)やその対策についての関心が高まっています。日本では絶対取材されない内容が、韓国国営放送の科学番組で放映されます。
ぜひ、この現実を見つめていただき、「自分の身は自分で守る!」という行動を検討してください。