「かえる印のナチュラルかとり線香」

天然除虫菊を有効成分とした天然素材100%のけむりの優しいかとり線香です。

− むかしに帰る、自然に還る、暮らしを変える −

天然素材100%だから優しく懐かしい香り
「ココロもカラダも豊かになりたい」
そんな方々のために生まれました。

かえる印のナチュラルかとり線香

▼ご注文はこちら

天然除虫菊100%だから安心。

ALLナチュラル素材(天然除虫菊)使用、化学物質ゼロ配合だから安心です。

「かえる印のナチュラルかとり線香」
10枚ずつ包装されているので湿気にも万全!

使用後には速やかに環境中などで分解されることが知られている除虫菊は、お線香だけではなく、農業用途などの幅広い害虫防除用途としての利用が期待される天然植物資源の一つです。国際的にも、除虫菊は厳格な国際的評議機構の一つに数えられる国際有機農業連盟(IFOAM)においても有機農業資材として認められています。
日本では忘れられた存在の除虫菊なのですが、化学合成農薬が健康や環境に与える影響が指摘されている今、この除虫菊を使った製品はどんどん見直されていってほしいものです。もちろん、合成着色料や防腐剤などの化学物質も一切使用しておりません。
除虫菊の花から1%だけ抽出される有効成分は、昆虫類、両生類、魚類、甲殻類等に強い毒性を示しますが、哺乳類、鳥類にはまったく影響はございません。小さなお子様のいらっしゃるご家庭をはじめ、すべての方々に安心してご使用いただけるかとり線香です。

本商品は防除用医薬部外品認可を受けております

一部広告にて、合成のピレスロイドを含まないと(または、化学物質が含まれていないと)、防除用医薬部外品にはなり得ないと間違った解釈がされていることがありますが、これは間違いでございます。

弊社商品は100%化学物質不含有ですが、防除用医薬部外品としての登録が行われており、安心してご利用頂けます。また、蚊成虫の忌避の効果がございます。
防除用医薬部外品は化学物質を含まないと認可されないという情報は間違っております。
ご心配のお客様のためにお知らせさせて頂きました。

昔ながらの日本の伝統 除虫菊の効果が再び注目されています。

除虫菊の花

「かえる印のナチュラルかとり線香」に使用される有効成分ピレトリンは除虫菊という花から抽出されます。
除虫菊の原産地は、旧ユーゴスラビアのダルマチア地方といわれ、日本では明治時代より和歌山県有田市(ありだ)周辺で栽培が開始され、かとり線香や害虫忌避、天然農薬の材料として広く庶民の生活に根づいていました。
しかし戦後の高度経済成長のさなか、ピレトリンと同じ効果を持つ合成物質ピレスロイドが開発されてからというもの、除虫菊は忘れ去られ、日本ではその美しい花を見ることが出来なくなりました。

時代は流れ平成の世、除虫菊から採取したピレトリンは、即効性があり、残留効果が低く人体に無害であるとして、欧米では主に食肉の輸送時に使用する防虫剤として認可され、中国では上海政府が中国内陸部の農家の収入を安定させるため、除虫菊の生産を奨励・援助するようになり、中国産の除虫菊が安定して供給されるようになりました。
そういった経緯もあり、国内でもふたたび天然素材である除虫菊を見直そうとする動きがでてきています。

「かえる印のナチュラルかとり線香」は有田(ありだ)で生まれました

除虫菊を使ったかとり線香への情熱を一身に受け入れてくださることになった、和歌山県有田市のライオンケミカル様の工場へ、ほんもの総合研究所の所員がさっそく行ってまいりました!
「実は私ね、除虫菊が大好きなんですよ。」とおっしゃるライオンケミカル小高社長。
お部屋には乾燥した除虫菊の花や粉末、そして有田で除虫菊を栽培していたころ(当時の社名は大正除虫菊株式会社)の会社所有の除虫菊畑の写真など、社長の除虫菊に対する思いを裏付ける数々のものが飾られていました。

除虫菊の花
乾燥した除虫菊の花。
有効成分ピレトリンが含まれます

小高社長
「除虫菊が大好きでね。」と
おっしゃる小高社長

大正時代の風景
お部屋に飾られていた、
大正時代の有田の風景

工場の中にて
配合するすべての原料の説明を
受けています

原料はすべて天然素材
原料はお茶の葉、おがくずなど
すべて天然素材

原料を混ぜるタンク
大きなタンクの中で、混ぜ合わされます

工場を走るダクト
工場を走るダクトの中を通って、
原料が移動

原料を見せる小高社長
原料が混ぜ合わさったところ

かとり線香を乾燥させます
成形後しっかり自然乾燥
(画像は着色料を含む線香)

ライオンケミカル株式会社

ライオンケミカル小高社長

明治28年(1895)和歌山県有田村(現在有田市)にて創業。
天然除虫菊より抽出した有効成分であるピレトリンを使用した液体スプレータイプとかとり線香のメーカーとして、太平洋戦争開始までは海外輸出にも力をいれていました。
その後国内初の合成ピレスロイド配合のかとり線香を発売。また、特許である打ち抜き技術によりかとり線香の量産を国内で初めて可能にしました。中国の除虫菊生産地の視察に参加されるなど、現在天然除虫菊のピレトリンを使用したかとり線香の普及活動にも熱心に取り組んでおられます。
このことから弊社中川とのコラボレーションで、中川の開発会社株式会社ほんもの総合研究所のブランド第一号商品として世に出されることとなりました。

中国雲南省の除虫菊栽培視察レポート

2003年4月 弊社社員の中川葉月がはるばる雲南省へいってまいりました!

弊社は「かえる印のナチュラルかとり線香」に情熱を注ぎ続けています。ある日私中川葉月は社長から直々に指令をうけました。
『中国の雲南省までいって、除虫菊に魂を注ぎ込む人たちと交流してこい!』SARSの嵐が吹き荒れるほんの少し前、私は関空から中国の秘境、雲南省へ飛び立ってゆきました。
この見渡す限りの除虫菊畑。日本では考えられない広大な土地で、除虫菊は栽培されています。もちろん農薬不使用。
ここは、中国雲南省紅河州濾西県にある、除虫菊畑です。今お届けしている「かえる印のナチュラルかとり線香」は、この花からできています。

中川葉月の『除虫菊生産現場視察記』はこちらから!>>

除虫菊

中国の提携農家で栽培されている除虫菊の花です。香りがよいだけでなく見た目にも美しいため、観賞用としても利用されています。

除虫菊を運ぶ

除虫菊はすべて、現地スタッフによって丁寧に手で摘み取られ、こうやって集められ工場へ運ばれてゆきます。

摘み取られた除虫菊

除虫菊の花から1%だけ抽出される有効成分は、哺乳類、鳥類にはまったく影響はありません。

除虫菊の粉末

粉末化された除虫菊になります。これがかとり線香の原料です。

安心・安全な蚊取り線香を求める方が増えています。

蚊取り線香に対する意識調査を行ったところ、この調査の結果、数ある蚊の駆除、忌避製品の中でも蚊取り線香への関心は高く、化学物質が入っている製品に対して不安を感じる人が感じない人の4倍という結果になりました。合成防虫剤の恐怖にもあるように、私たちの身近にある蚊の駆除、忌避製品は危険なものであふれかえっています。
日常使うものだから、安心で効果のあるものを使いたい。
『かえる印のナチュラルかとり線香』は、今の時代にとてもふさわしい蚊の駆除、忌避製品です。

蚊取り線香に対する意識調査(回答数 298人)

>>Q1:蚊の駆除、忌避によく使う製品は何ですか。(複数選択可)
蚊取り線香 170人
電気・電池式蚊取りマット 84人
電気・電池式リキッドタイプ 150人
エアゾール式殺虫剤 55人
虫除けスプレー 104人
天然ハーブ類 31人
その他 8人
 
>>Q2:蚊の駆除、忌避製品を選ぶときの基準はなんですか。(複数選択可)
手軽さ、便利さ 227人
CM、広告 27人
メーカーの規模 15人
パッケージ、デザイン 23人
内容成分、安全性 129人
価格 142人
その他 14人
 
>>Q3:化学物質(着色料、防腐剤を含む)に対する不安を感じることがありますか。
はい 244人
いいえ 54人

ノーマット系、臭いのしない、長期間使えるなどの防虫雑貨に注意!

ノーマット系=常に合成薬剤を揮発させる仕組み
臭いがしない=殺虫剤を使っているという実感がない
長期間使える=長期間、無意識に薬剤を吸い続ける

この数年、臭いがしない、長期間使えるという触れ込みの防虫剤が、恐ろしいほど普及しています。

たとえば、ガスはそもそも無臭です。なのに、ガス臭いのはなぜかわかりますか?
危険なので、臭いがつけてあり、その臭いで、ヤバイと分かるようにしてあります。

逆に、どうして、防虫剤の臭いがしないようにしてあるか、分かりますか?
それは、理由を述べなくても良いと思いますが、
できるだけ意識しないようにして、よく売れるようにしてあるのです。

ご覧下さい
POISON(毒)

海外で購入した蚊取り線香です。忌避に薬剤を使用するものには「POISON(毒)」の記載があります。
日本の製品にはこのように記載する法律はありませんが、世界的には蚊取り線香やリキッドを用いる蚊取りにはこの記載があることが多いのです。

おかげさまで大好評!「かえる印のナチュラルかとり線香」

「かえる印のナチュラルかとり線香」ご愛用者から喜びの声続々!

「かえる印のナチュラルかとり線香」ご使用の皆様からのご感想をご紹介します。
文意を損ねないために、いただいた本文そのまま掲載いたしておりますので、その他の商品に関するご感想や、弊社へのご意見なども含まれていますが、「かえる印のナチュラルかとり線香」のご使用をご検討中の皆様のご参考になれば幸いです。

外出時の虫よけも、かえる印で安心

アルコール不使用の虫除けスプレー かえる印のハーブ・プロテクト

さらに使いやすくなりました!

改良点
●表示内容を変更しました
以前はノンアルコールを謳っており、製造時点では一切アルコールを使用しておりませんでしたが製造から時間が経過すると酵素が発酵して(天然)アルコール反応が生じる結果となっていました。よって、本製品は「製造時には一切アルコールを使用していない」という表記としました。
●酵素特有の茶色い液の色を透明にしました
酵素を使ってエッセンシャルオイルを溶解させている本製品ですが、酵素自体に天然酵素特有の茶色い色がありました。この色だけを除く製法を導入し、液体に色がなくなり透明となりました。これにより、衣服などへの着色の問題がなくなりました。
●スプレー部分をより安定した品質のものに変えました
以前の製品ではかなりの確率で噴射が不可能な製品がありましたが、このようなことが出来る限り起きないよう、スプレー部分のメーカーを変更しました。これに伴い、該当部分は従前の銀色から、黒色に変更となりました。

「アルコールを使わない」ハーブプロテクトは、愛する人へのやさしさから生まれました。

優しさいっぱいのハーブプロテクト、ついに完成ですね!

アースライフ株式会社 スビンさん

開発者はバンコク近郊に住むスビンさん。スビンさんの経営するアースライフ株式会社では、消臭機能のある酵素液を専門に開発しています。
スビンさんは、微生物学を大学で研究したのち、食品会社に就職。この会社で食品に使う微生物研究を専門に行いました。
そんなとき、スビンさんのお母様が寝たきりで介護の必要な状態となり、介護する奥さんは、介護臭に悩まされていました。そこでスビンさんはもてる微生物に関する専門知識をフル活用し、安全に介護臭を解決する酵素を試作し続けます。『香水は匂いを上塗りするものだけど、この考え方では介護臭は解決できない』と改めて認識した彼は、食べ物だけを由来とする消臭酵素液を完成させます。酵素で消臭し、アロマエッセンスでよい香りを添加する技術は、このとき完成されました。

代表取締役 中川信男

このスビンさんに私、中川信男がアプローチ。
すでに消臭液を数々販売し、急速にタイ国内での売上を伸ばしているスビンさんの会社なら、『安全な虫除け』を開発可能と直感したからです。
特に私がこだわったのが、通常このようなスプレーでは必ず使われる溶解剤であるアルコールを一切使用せず製造することでした。
アルコール不使用については特に女性からのご要望も多く、何とか実現したいとこの酵素の専門家に依頼することにしたのです。
そしてついに完成したのが、植物由来酵素だけで油性であるシトロネラのエッセンスを安定して溶解させる方法でした。これによって完成したのが、待望の『かえる印のハーブプロテクト』です。忌避効果のあるシトロネラにアレルギーのない方なら、安心してお使いいただける状態になりました。他は、すべて食べ物になり得る素材だけで作り上げましたので、是非ご活用下さい!