酵素特集

酵素はわたしたちが生きていく上で必要不可欠な命の力そのもの

酵素特集

生命のあるところには必ず酵素があります。
わたしたちが元気で生きていくには、酵素の力が必要不可欠です。
酵素は体内で作られますが、酵素学の権威である米国のエドワード・ハウエル博士は
「生命体が一生の間に作ることのできる酵素の総量は決まっている」と発表しており、
体内酵素(潜在酵素)が生命体の運命を握っているとも言い換えられるでしょう。

酵素が不足すると体が弱り、病気の引き金となるため、酵素不足は万病の元とも言われています。
健康と若さを保つために、体内酵素の浪費を避け、足りない分は食物酵素でうまく補っていきましょう。

酵素関連ページ
酵素特集
生きていく上で必要不可欠
酵素特集
発酵特集
微生物のミラクルな力!
発酵特集

酵素についての予備知識

酵素とは

「酵素」とは、わたしたちの体内で化学反応を起こさせるために、触媒(※)の役割をする「たんぱく質分子」のことを言います。 ※特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないもの。

酵素の種類
消化酵素 消化酵素とは、食べたものを吸収できるように消化分解する役割を持つ酵素です。 消化酵素により分解された栄養素が小腸で体内に吸収されます。
代謝酵素 体内に吸収された栄養素を実際に働かせるのが代謝酵素です。呼吸をする、運動をする、けがを治す、細胞分裂させる、肌の新陳代謝を行うなどなど、人の生命活動のあらゆる場面で数々の代謝酵素が働いています。
食物酵素 食物酵素とは、食材に含まれる酵素です。消化酵素を助け、より良い消化活動を補助する働きをしています。

酵素不足気味の現代人

私たちは酵素がなければ、話すことも、呼吸をすることもできません。
それは、死を意味します。

以前は、体内酵素(潜在酵素)は、たんぱく質さえ摂っていれば体内で無制限に作られると思われてきました。しかし、近年の研究では、一生の間で作り出される体内酵素の総量は、遺伝子によって生まれた時に決められていて、それ以上は作り出せないのではないかと言われています。

現代人の生活は、潜在酵素を浪費する傾向にあります。
大きな原因としては、食品の調理方法、化学物質を使った加工食品、アルコールや過度の薬品使用、さらにはジャンクフ一ドを頻繁に食べるなどが挙げられます。また、風邪や発熱、過度の温度変化にさらされることでも潜在酵素を消費します。酵素が不足して体が弱ると、病気の引き金になりかねません。

酵素不足チェック

さて、あなたは大丈夫?酵素不足チェックをしてみましょう。
これらは体内酵素の減り方が慢性的に早い人の特徴です。

□オナラや便が臭い。
□便秘がち。
□食後は、体がだるく眠くなる。すぐ胸焼けがする。
□化粧のノリがよくない。肌がカサカサする。
□痩せにくい。ダイエットがなかなか成功しない。
□お酒が弱くなってきた。
□質の良い睡眠ができていない。なかなか寝つけない。
□風邪をひきやすい。
□頭が重いことが多い。
□体がむくみがち。下半身が冷える。
□肩コリ筋肉痛が起こりやすい。
□ひん尿。または尿の出が悪い。
□集中力がなく、落着かない。
□物忘れをしやすい。イライラ怒りっぽい。
□月経不順。よく月経痛が起こる。
□慢性的な疲労。
□血糖値が高い。

いかがですか。2〜3個当てはまるものがあれば、酵素不足を疑ってみる必要があります。

酵素の5つの特徴

酵素には以下のような特徴があります。

その1) わたしたちが生きるために必要不可欠なものである

酵素は、人間から植物まで、地球上の生物すべてに存在します。
栄養学の話になると、まずは、46種類の必須栄養素(ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸)や三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂肪)、そして食物繊維について語られることがほとんどです。しかし、「酵素」もまた、わたしたちが生命を維持していくために忘れてはならない大切な要素のひとつです。酵素の働きは食べ物を消化し、食べ物から栄養素を抽出し体内に吸収させ、さらにその栄養素を使って筋肉を動かしたり、呼吸したり、細胞の新陳代謝を行ったりといったすべての生命活動に関係しています。すべての生き物は酵素があるからこそ生きられるのです。

その2) ビタミン、ミネラルなど「補酵素」と呼ばれる栄養素とのコラボレーションによって力を発揮する

ビタミンやミネラル補給のサプリメントを飲んでいる方の中にも、今ひとつその良さを感じられないという経験をお持ちのかたも多いのではないでしょうか。
この問題を解く鍵が「酵素」にあります。実は、いくらビタミンやミネラルを単独で摂っても、酵素がなければ身体の中でこれらは十分に働けません。つまり、ビタミン、ミネラルは「酵素」があって初めて生命活動に必要な機能を果たすことができるということです。

酵素とこのような関係にあるビタミンやミネラルは、酵素が活動するときに欠かせないパートナーということから、補酵素と呼ばれます。最近、「コエンザイム(Co Enzyme)」という言葉をよく耳にするようになりました。「Co」は「補う」という意味で「Enzyme」は「酵素」という意味ですから、つまり「コエンザイム(Co Enzyme)=補酵素」です。

その3) ひとつの酵素がひとつの働きのみをする
消化酵素のアミラーゼはデンプンを分解しますが、たんぱく質は分解しません。たんぱく質はペプシンという消化酵素で分解されます。このように酵素は仕事が決まっていて、特定の相手にだけに働きかけます。これを「基質特異性」といい酵素の大きな特徴です。だから、たくさんの種類の酵素が必要なのです。現在、数千種類もの酵素が発見されています。

その4) 熱によって変性する (熱に弱い)
酵素はたんぱく質をもとにして構成されているので、他のたんぱく質と同様に熱やphに弱いという特性があります。一般的な酵素が耐えられる温度は50度〜70度ぐらいまで。それ以上になると酵素は機能しなくなります。つまり、加熱した食べ物に、酵素の働きはないということです。このため、普段の食生活において、加熱したものばかりたべず、酵素の入っている食品を摂るように心がけることも大切といえるでしょう。お味噌汁を煮立てないようにとよく言われますが、香りや風味が飛んでしまうばかりでなく、味噌に含まれる酵素がなくなってしまわないようにという意味も含まれているのです。

その 5) 発酵食品や生の新鮮な食べ物には酵素が豊富に含まれている
酵素は生の肉や魚、生野菜、果物などに含まれています。また、みそ、納豆、ぬか漬けなどの発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。この生の食べ物や発酵食品に含まれている酵素のことを食物酵素といいます。焼き魚には大根おろしがついていますね。大根おろしは、焼き魚と一緒に食べると食物酵素として消化を助けてくれる役割があります。

酵素を破壊しない 話題の食事法

ローフードできれい・元気・ハッピー

ローフードとは、お野菜や果物などを中心とする食材をできるだけ生に近い状態でいただく食事法。生きた酵素がたっぷりの、おいしくてヘルシーな新しい食生活を取り入れてみませんか。おなかいっぱいの満足感と、きれい・元気・ハッピーがあなたを待っています。

ローフード食事法について>>>

酵素がフルパワーで働いてくれるために

酵素が働きやすい体の環境整備をしよう

体内の酵素がしっかり働いてくれるには、環境整備が必要です。体の浄化をこころがけましょう。食べ物のカスをはじめ、体に有害な汚染物質や添加物など、体内で生じるゴミ(代謝産物や老廃物など)は速やかに処理され、排泄されないと、体内の酵素の働きは阻害され、さまざまな健康上の問題を引き起こすことになります。

定期的に行いたい断食

非常に効果的なデトックス法といえば「絶食」です。
フルパワーで働き続けている各器官をゆっくり休ませ、体内に蓄積している毒素や老廃物を分解・排泄し、すべての細胞が効率よく働ける状況をつくります。だれでも簡単に、安心して実行できるのが生ジュース絶食。体に負担をかけずに体のゴミの排泄をうながしつつ、体に必要な栄養素がたっぷり補えます。週一日だけ「生ジュースの日」にするだけでも、体調が良くなることが大きく期待できます。

せっかく生ジュース断食するなら「おいしい生ジュース」を
ローフード・生ジュース関連の書籍

酵素ダイエットで話題の竹下登美子さんによる「らくなちゅらる通信」連載バックナンバー

2011年08月【Vol.47】酵素ダイエット NO1>>>
2011年09月【Vol.48】酵素ダイエット NO2>>>
2011年10月【Vol.49】酵素ダイエット NO3>>>
2011年11月【Vol.50】酵素ダイエット NO4>>>
2011年12月【Vol.51】酵素ダイエット NO5>>>

竹下 登美子(たけしたとみこ)氏
1958年3月生まれ。1999年3月にHBIサロンをオープン。
HBIは、Holistic・Beauty・Instituteの略です。
ビューティーヘルスエンザイムを開発し、現在、自らがダイエットモデルを務めつつビューティーセラピストとして若返りと健康美をサポートしています。
(有)HBI 代表 日本エステティック協会認定エステティシャン、AEAJ認定アロマセラピスト
姫のエイジレスブログ>>>

水をしっかり摂取しよう

とても安上がりなデトックスは水をしっかり摂取すること。水分摂取量が少ないと体内で発生する老廃物や外部からの有害物質を体外に運び出せません。十分に水をとって、老廃物をどんどん流し出すのがデトックスの基本です。
朝は浄化・排泄の時間帯です。寝ている間におこなわれる代謝によって、体内には多くの老廃物がたまっているので、まず朝起きたらすぐ、コップに1〜2杯分のミネラルウォーターで体内を目覚めさせ、スムーズな排泄をうながしましょう。しっかり水分補給することは腎臓の負担を減らすことにも繋がります。

せっかく飲むなら「安全&おいしくて力のあるお水」を


ハーブティーもうまく取り入れて

ハーブティーで体をクリーニングしたり、温めたりしておくことも酵素がしっかり働いていてくれるための体内環境整備に繋がります。日ごろからハーブティーを愛飲しておくと、いいことがたくさんありあそうです。

せっかく飲むなら「質のいいハーブティー」を


深呼吸で毒素排泄

ぜひ、生活の中に深呼吸を取り入れてみましょう。気分が落ち着くだけではなく、ゆっくりとした深い胸郭呼吸を心がけると、リンパ液を静脈へ戻したり、静脈血を心臓へと戻したりする働きがうながされます。そのことにより、老廃物の運び出しもスムーズになり、血液の浄化も進みます。朝起きがけや、お風呂に入りながらする習慣をつけると、無理なく毎日続けられそうですね。

せっかく取り込むなら「おいしくて新鮮な空気」を
おふろでリラックスしながら深呼吸

皮膚の刺激で水分や毒素の運び出し

皮膚は最大の排泄器官と言われています。朝起きた時やお風呂に入る時(あるいは入浴中)などのタイミングで皮膚を刺激することにより、組織内に閉じ込められた水分や毒素の運び出しをうながすことができます。手足の指先からリンパ節、あるいは心臓に向けて、全身をマッサージしてみるのもいいですね。

マッサージ・ほぐしアイテムといえば…
なめらかなマッサージをサポートする 『プレマオリジナル ピュアホホバオイル』・『アロマブレンドオイル

生活習慣も今一度 見直してみよう

酵素が体内で力を十分に発揮するためには、生活習慣の見直しも有効です。ごくごく基本的なことを今一度見直すだけです。これを機会に、少し意識して健康的な毎日を過ごしてみませんか。

早寝早起きをしよう

人間の体の中では、眠っている間に酵素が大量生産されています。その酵素を使って、体内では代謝活動が活発に行なわれているのです。「酵素栄養学」では、代謝の時間は午後8時から午前4時までと言われています。人の体はこの時間帯に、全身すべての臓器の点検、修理、入れ替え、補修作業を行っています。
つまり、夜更かしや徹夜をしてしまうと、酵素の生産が思うようにできません。その結果、代謝酵素が不足した状態に陥り、疲れがとれなくなってしまいます。さらには、老化しやすく、病気になりやすい状態になってしまいます。
酵素の生産効率をアップさせるには、質のよい睡眠をとることが大事です。

質のよい睡眠を

よく噛んで、ゆっくり食べよう

噛めば噛むほど、酵素は食物に働きかけることができます。酵素は、噛み砕かれた食物の表面にしか働きかけることができません。食物がより細かく砕かれた状態で消化器官を通ることができれば、それだけ多くの酵素を食物に浴びせられることになります。結果、栄養素は効率よく分解され、血液中へスムーズに吸収されます。このことが、酵素の無駄づかいを防止に繋がります。食べ過ぎは、消化に多大な負担をかけてしまいます。また、多くの消化酵素を無駄づかいします。食べ過ぎを防ぐには、ゆっくり噛んで食べることが一番です。よく噛めば噛むほど、満腹中枢が刺激され、早く満腹になります。

豊かな食卓でゆったりゆっくり食事を楽しむために
『ネイチャーズデザインのガラス製品』・『森修焼』 ・『TOMATO畑の木製食器』・『癒しのミュージック関連

食生活に発酵食品を

発酵食品は酵素の宝庫です。納豆、漬物、味噌、しょうゆなど、日本の代表的な食材を積極的に食生活へ取り入れてみましょう。