スタッフが愛用してキレイ・元気になったアイテム

弊社のスタッフは何を愛用してそんなに元気なの?そんな質問にお応えします!


佐々田葉月
常務取締役の
佐々田葉月です♪

私は檜舞台になりたいなぁ。
私の上でたくさんの物語がくるくると展開されていくのを感じられるのなら、最高にHAPPY!!

舞台のたった1枚の板でもかまわないから、私の上でたくさんの想いを躍動させたいわ。

詳しいプロフィールはこちら>>
(プレマ株式会社 会社サイトに飛びます)

wow!bab プレミアムシリアルバー

wow!bab プレミアムシリアルバー
というわけで、京都オフィスに常備している「wow!bob」を撮影!

今回ご紹介をいたします商品はシリアルバーの「wow!bob」です。
このシリアルバー、HPにも記載されているのですが、冬季限定の商品です。 そのため、春を迎えようとしている今紹介するのも時季外れかな。。と思ったりもしたのですが、次の冬がくるまでに一度お口に入れてよろこんでいただきたいので、この度チョイスいたしました。

わたしは、パリパリと食べるよりもしっとりとしたものを食べることが大好きです。ふんわりしっとりのケーキややわらかクッキーなどなど。ですが、「遅延型アレルギーテスト」で卵白・卵黄のアレルギーがレベル6とデータが出てしまい、今はできるだけ卵を使ったお菓子類からは離れるようにしています。そんなわたしを満足させてくれるのが、このシリアルバー「wow!bob」なのです。

甘さとしっとり感がちょうどよく、もうたまりません。
3種類味がありますが、どれもそれぞれとてもおいしく大好きなので、注文をするときは必ず3種類をまんべんなく購入することにしています。が、こんなにおいしいともちろん子どもも大好きでして、チョココーティングされている“チョコベリー”は特に人気ですぐなくなってしまいます。

実は、この原稿をスタッフに頼まれたときに「愛用している写真もお願いしま~す!」といわれていたのですが、気がつけばモノがない状態・・・。ゴメンナサイ。
それくらい、わが家で愛されているシリアルバーなのです。 写真を撮る間がないほどすぐに口に入れてしまうこの「wow!bob」、今期の販売が終了する前にぜひお試しください。

Smallest Soup Factory トマトスープ

Smallest Soup Factory のトマトスープ
Smallest Soup Factory のトマトスープ

わが家の定番のお料理は、カレーです。 夫が大のカレー好きで、365日3食カレーでもOKというほど。そんな夫のDNAが受け継がれ、息子二人もカレー好きです。
大人用と子ども用の二種類のカレーを作るため少し手間なのですが、よろこんでたくさん食べてくれるならば、いくらでも作ります。

そんなわが家のカレーに欠かせないのが、SSF “思いっきりピュアでフルーティーな とまらないトマトスープ”です。
もちろん、カレー粉やスパイスなども重要なのでわたし仕様でいろいろと取りそろえるのですが、このスープを使うと味に深みとコクが何層にも増します。

以前は使っていなかったのですが、ある日、生のトマトを買い忘れたので、 その代用としてこのスープをたまたま使ったのがはじまりです。
その日「今日のカレーは、おいしいなぁ」と、夫がカレーを絶賛。 それからというもの、カレーには、このトマトスープが欠かせないものとなりました。

カレー好きが家族にいらっしゃる方もそうでない方も、一度使ってみていただきたいです。味の多層構造を体感できるはずです。

ピュアシナジー&TCグラス 

どちらの商品も、すでにスタッフのおすすめとして登場したことがあるのですが、 やっぱり今回はこの組み合わせを伝えたいです。

妊娠・授乳期に、わたしは「ピュアシナジー」を欠かしませんでした。 おかげで快適に生活ができていたのですが、ずっと「ピュアシナジー」に若干の飲みにくさを抱えていました。 そのため、次男の授乳が終わると「ピュアシナジー」から遠のく日が続いていたのです。

でも、開発者のミッチェルさんが来日されお話をきくと、やっぱり「飲みたい」とあらためて思いました。 「ピュアシナジー」には成分以上に、大いなるエネルギーと愛がたっぷりと注がれていると感じるからです。
普段はシェーカーを使って「ピュアシナジー」を飲むのですが、ある日、ちょっとしたきっかけで、 「ミソスグラス」に入れくるくるとかるくスプーンでかきまぜて飲んだのです。 すると“おいしい!”
どうも、わたしはシェイクしたときに出る泡が、なんだか好きになれなかった原因のようでした。

「ミソスグラス」に入れてゆっくりとかき混ぜ「ピュアシナジー」を飲むと、体にすーっと溶け込んでいくようでした。 いつも飲むときに体に少し力が入るのが、逆に力が抜けていっているのに気がつきました。

ずっと近くに「ピュアシナジー」も「ミソスグラス」もあったのに、 コラボレーションを今までさせていなかったことを、悔やんでしまいました。こんなに相性がいいなんて。
これで、少し距離ができていた「ピュアシナジー」を、ぐっとわたしに引き寄せることができました。

「ピュアシナジー」と「TCグラス」の相性のよさに、よろこびです。
おかげで今日も、気持ちよく過ごすことができています♪

TCエナジーデザインのガラス製品

梅干番茶

「今朝は、梅醤にしとこうかなぁ」と、夫が私によく言う言葉です。
以前は、コーヒーでない日はないくらい、毎朝挽きたてのコーヒーで始まっていた夫がこのところ口にするのは「梅干番茶」なのです。
男性は体が冷えることが少ないように思われがちですが、実は知らず知らずのうちに体を冷やしてしまっていることが多いもの。
それは、冬場だけではなくて夏場でもかわりません。

夫は、少し疲れ気味の時やいまいちすっきりしないときには、 必ず「梅干番茶」を飲んでいます。また、レトルトでお湯を入れれば簡単に梅醤番茶ができるということで、 出張にも持って行っています。特にお酒の席の翌日には、力を発揮してくれるようです。
ハードに動き回り、お酒のはいる外食続きの出張中には欠かせないアイテムになりました。

梅醤番茶がいいことは知っていても、作るのがめんどうで後回しにしてしまいがちなのですが、 「今、飲みたい!」と思った時にこのレトルトの「梅干番茶」はとっても便利です。 夫の体調管理に一役買ってくれているので、ありがたい限りです。

オータカラーゼ

「うわ~!食べ過ぎた・・・。喉のところまで目一杯食べちゃったよ・・・」
と、普段はかなり質素なお食事の私も、ガツンと食べてしまうことがあります。
それも、あまり食べない、動物性のお食事を多く摂ると「もう無理!! 」と、お腹が消化することを拒否してしまうのです。

食べ過ぎは、体は重たいし、気分も滅入ってしまいます。
せっかくおいしくいただいたお料理が、台無しになるのはもったいないことです。

こんな時に私が助けを求めるのが、『オータカラーゼ』です。 『オータカラーゼ』を飲むと、あれだけ動くことを否定していたお腹が、一気に活力を取り戻し消化活動が行われます。 そして、スーーっと気持ちも洗われたような気分に。

食べ過ぎること自体を控えるのが一番ですが、ついついやってしまったときには、とっても力強い『オータカラーゼ』です。
ただ、しっかりと消化酵素が働いてくれるために、「当分お食事はいらないわ」と思っていたのが、ウソのような状態になってしまいます。
次のお食事を心待ちにして、食べ過ぎないようにしないといけませんね。

いのちかがやく調和のミネラルスカイカルシウム

我が家でご飯を炊くときに必ず入れるのが『いのちかがやく調和のミネラル』[『スカイカルシウムです。
その他、オーブスの『DC3』や雑穀類も入れるのですが、はじめの2つは欠かせません。

今、声高に「ミネラル不足」「カルシウム不足」が叫ばれています。
しかしながら“ミネラルたっぷりサプリメント”“カルシウムを多く入れています”というものを闇雲に 体に入れればいいのかというと、そうではありません。

何を原料にしているのかが重要ですし、また、「カルシウム」単体を体に入れても、 吸収に必要なマグネシウムがなければ、だだ流れになってしまいます。

そういった心配を解消してくれるのが、『いのちかがやく調和のミネラル』と『スカイカルシウム』なのです。

ご飯を炊くときに少し入れるだけで、家族みんなが知らず知らずのうちに、 普段摂りにくい微量ミネラルやマグネシウムそしてカルシウムを、しっかりと体にとりいれることができます。
おまけに、ご飯はふっくら、甘く炊きあがりますので、お食事が楽しくて仕方がありません。

私がお食事を作る時、お水を飲む時、常に『いのちかがやく調和のミネラル』をポテポテと入れていましたら、 最近では息子がお水を飲む時などに自分でカップに入れるようになりました。お陰さまで、息子も元気にすくすくと成長しており頼もしい限りです。

「サプリメントを飲まなきゃいけない」という思う必要もなく、手軽に使うことができるのが、 日々無理なく続けられる何よりもうれしいことです。さらに、毎日使う量は少なくてすむので経済的でもあるのです。

プレマオリジナル ピュアホホバオイル

あまりにも身近にありすぎて、愛用していることすら忘れてしまっていた「ホホバオイル」。
この「ホホバオイル」が、今、私と息子の潤滑油になっています。

息子が生まれてから、毎朝オイルマッサージをするのが日課になりました。
朝陽の降り注ぐ中、はだかんぼうの息子を全身をマッサージしていると、なんともいえないあたたかく幸せな気持ちでいっぱい。
“お母さんになってよかったな”と思うひとときです。息子も安心するのか、“ほー”っという顔をしてリラックスをしているようです。

全身くまなくオイルマッサージをした後は、おっぱいを飲んで穏やかに眠ります。
最近では声をあげて笑うこともあり、日々、表情やしぐさが変化してゆくこの時間を、今は大切にしていたいなぁと、思うのです。

ホホバオイル」は、赤ちゃんとお母さんの“今しか感じられない”あたたかく幸せな時間 を作り出してくれるオイルです。
新米お母さんの私も、この時間を重ねることで「お母さん」が育っていきそうです。

ハンディ愛

今はみずみずしいお肌を誇っている?私ですが、以前はお水を多く飲むことができずに、いつも体への水分が少ない状態になっていました。

仕事中にお水を飲もう!!と思って机の上にお水を常備しているのですが、仕事が終わってもお水が入ったままのコップを置きっぱなし・・・。ということも多々あったんです。
理由はわからないけど、多分、お水を飲んでも「おいしい!!」って感じることができなかったんでしょうね。

ところが、ある日、沖縄サンゴ株式会社の北村社長と出会い私は「ハンディ愛」を知ることになりました。
お水の中に「ハンディ愛」を入れておくだけ。そしたらどうでしょう!!!

今まで口に入れたいとも思わなかったお水を、私の体がすご~く欲しがり、 そして体にいれたら、体がおおよろこびしているのがわかりました。 今まで乾いていた体の隅々にお水が“す~~~”って染み渡っていく感じですね。

実は、以前お肌の状態をスタッフみんなで見比べていたときに、私が一番の砂漠化となっていたんです。
直接その結果をみてかなり落ち込んでしまっていたのは数年前・・。

ところが、体が砂漠になっていた私は、一気にみずみずしい大地に変身!!です。
そしてこのお水を飲んで初めての夏の時にはびっくりなことが。。。

何かというと、夏場どこへ行くにも(もちろん仕事中も)薄手の上着を離せなかった私が、上着なしでうろちょろと元気に過ごすことができるようになったんです。今年の夏もみずみずしいお肌を太陽にいっぱいあてることができそうです。

そして、お水を体に無理なく「おいしく!」入れられるようになった私は、最近では「ハンディ愛」の他にオーブスの「DC3」も使いながら、ちょっと“ツウ”なお水の飲み比べをしたりして、楽しんでいます。どちらも体は大喜びでこのお水をがっちりと保ってくれているようで、みずみずしく過ごせています。

生命誕生は海から・・・。お水の大切さを感じる日々です。