自然な生態系に沿って栽培した「丸かじり!紅玉りんご」産地直送

化学肥料や除草剤は一切使用せず、農薬を極力使わず減農薬(青森県比9割減)栽培

皮ごと食べられる「紅玉りんご」

▼ご注文はこちら

プレマシャンティ®は、繋がりのなかで生まれます。

それは人であったり、自然であったり、商品であったりします。

ご紹介頂いたご縁を辿って各地を旅するうちに、その土地だからこその出会いもあります。

その土地でしか、その時期にしか出会えない味。

皆さんにご紹介したいけれど、生ものであったり、作る量が限られていたりと、私たちがお預かりするには難しい商品も決して少なくありません。

また作り手を身近に感じて初めて、より深い味わいが生まれる商品もあります。

プレマシャンティ®の開拓チームが、各地を巡り、作り手の目を見て、言葉を交わして惚れ込んだ数々を、桜のカードを添えてお届けします。

子どもと一緒に丸かじり!
甘酸っぱい、紅玉りんご

小さなお子さんとも、ためらいなく丸かじりできる紅玉りんごはいかがでしょうか。 紅玉りんごの真っ赤な果皮は、お子さんの注意を惹きつけるには十分。ウサギりんごにしても耳も食べられるうえに、焼きりんごやさつまいもとりんごの甘煮も、紅玉りんごが持つ程よい酸味と甘み、煮崩れしにくい果肉で「見栄え良く」仕上がります。

竹嶋有機農園のみなさん

育てているのは、津軽平野の中央に位置する藤崎町(ふじさきまち)で4代続くりんご農園の「竹嶋有機農園」さん。結実するまでの樹に成長するまでにも時間を要し、結実する樹木に育っても買い手がつく実を育てるのには更に手間と時間がかかるという、とにかく手間がかかるのが果樹栽培です。ですから果樹栽培は通常、「確実に」収入に繋げるために、使用回数から使用時期まで事細かく「指導」を受けて化学合成農薬や化学肥料を使っています。仕方がないことと云えばそれまでですが、果樹栽培の「常識」を仕方がないとは考えず、竹嶋有機農園は独自の道を開拓しました。化学合成された薬剤には、極力頼らないこと。化学肥料や除草剤は使用せず、昆虫と自然と共にくらすこと。マメコバチによる受粉など、生態系を乱さない果樹栽培を実践し、志を同じくする仲間たちを牽引する果樹農家のひとりが竹嶋さんです。

働き手は、昆虫~ハチと一緒に働く

りんごが実をつけるためには、「他家結実」という多品種の花粉で受粉・結実する性質を持つりんごは、自分の花粉がめしべについても、実をつけません。そこで必要となるのが、人工授粉。ひとの手を使い、めしべに他の品種のおしべからとった花粉をつけていく受粉方法です。昔ながらのやり方は、耳かきの反対側についたふわふわした毛玉にも似た道具に花粉をつけて、花の中心のめしべに受粉させるという方法です。最近では農薬散布に使うスプレーヤーという道具を使う方法もあるそうですが、いずれにせよ、手作業であることには変わり有りません。竹嶋さんの農園では、この受粉作業を「マメコバチ」が担っています。実は、「マメコバチ」に力を借りる受粉方法を日本で初めて発見し、実践し、普及に尽力しているのが竹嶋農園さんです。今ではりんごだけでなく、サクランボなどの果実にも普及し、多くの果樹園での受粉作業を軽減しました。

自然な生態系に沿って栽培

またりんごの栽培家にとっては、厄介以外のなにものでもないハマキムシを、ミカドドロバチの力を借りて駆除する方法を取り入れたのも竹嶋農園です。ハマキムシと呼ばれるハマキガ科の幼虫は、新芽や若い葉を好み、葉巻の名のとおり、葉を糸で縫い付け、あるいは丸めて内側に暮らします。ハマキムシが発生すると光合成が妨げられ、生育が遅れるだけでなく、つぼみや新芽、果実も食べてしまうのですが、さらに厄介なのは、その生態です。成長が早く、産卵期には一度に数十から数百の卵を産み、ふ化すると広範囲に散らばります。そのうえ活動期が長く、年に何度も発生します。少しでも発見が遅れると、被害が大きくなりやすい非常に厄介な虫です。ですがこのハマキムシを好んで食べる昆虫が、体長13ミリほどの「ミカドドロバチ」。民家の近隣でも多く見かける黒い身体に黄色の線がはいった小型の蜂の仲間で、ミツバチなどとは違い単独で暮らします。巣を壊そうとしたり、こちらから危害を加えたりしない限りは、他者を攻撃することもありません。

りんごの収穫量グラフ

竹嶋農園さんではこの2種の蜂たちが、重要な役割を担っています。園内を自由に飛び回り、せっせと手助けしてくれる彼らとともに働き続けられるよう、害となる殺虫剤や殺菌剤、また生活の場を荒らしてしまう除草剤などは一切使用しません。「マメコバチ」や「ミカドドロバチ」も、もちろん生き物です。マメコバチはミツバチよりも気象などの条件が多少悪くても、活動できると云われていますが、それでも居住環境が好ましくなければ、自由に移動していきます。彼らが定着し、活動し、共存し続けていくには、暮らしやすく、繁殖できる環境を保つのもまたひとの仕事です。「マメコバチ」や「ミカドドロバチ」の生態を知ること。そしてなにより、自然を知ること。それが竹嶋農園で脈々と受け継がれてきた原点です。

町の木がりんごという藤崎町は、日本国内での生産量ナンバーワン、世界規模でも、もっとも生産量が多いとされる品種「ふじりんご」が誕生した地でもあります。農業に適した起伏が少なく肥沃な土地と、十三湖に注ぐ岩木川、平川、浅瀬石川といった豊かな水に恵まれています。雪深いイメージが強烈な青森でも比較的温暖であり、日当たりが良く、りんごやにんにく、米、大豆など農業が盛んで、市の約7割が農地と云う農業大国です。

りんごの原点?~希少な価値の「紅玉りんご」

りんごの収穫量グラフ

日本で西洋のりんごが栽培されはじめた明治時代当時に、持ち込まれた品種のひとつが「紅玉」です。 果皮が真っ赤で、見た目も「これぞ、りんご!」と絵にかいたような姿かたち。香りが良く、甘酸っぱく、味わいは濃厚。おとなの手のひらに収まるくらいの中玉で、1個まるごと頂くには丁度よい大きさのりんごが紅玉なのに、最近ではすっかり入手困難な存在になりました。
それもそのはず。農林水産省の統計によると、紅玉りんごの収穫量はすべてのりんごの収穫量の1970年代前半に16万トン近く収穫されていた紅玉も、約30年で16分の1以下に落ち込み、1万トンを下回っています。1万トンと聞くと多いように聞こえますが、りんご全体の収穫量と比較すると、わずか1パーセントにすぎません。

りんごの樹

他方で、有機栽培・無農薬が非常に困難とされているのが果樹栽培です。木村秋則さんが育てるりんごが「奇跡」と呼ばれるのも、りんごにはじまる果樹栽培がいかに薬剤と施肥に頼っているかを示しているのでしょう。日本のりんご生産の6割近くを占めている青森県が定めている普通栽培(慣行栽培)の基準を見ると、農薬使用回数は36回、10アールあたり15キロの化学肥料が使用されています。「特別栽培農産物」は、この数値から使用を5割以下に留めると認定されます。それでもわずか1パーセントの紅玉のなかで、「特別栽培農産物」認定の紅玉りんごに出会うのは稀です。竹嶋農園の紅玉りんごは、「減農薬栽培農産物(青森県比9割減)」で化学肥料は使っていない、更に希少な紅玉です。

りんご栽培管理表

りんごのイラスト

品種交配が進み、日本の果物が大きさや糖度で判断されるようになり久しい昨今。
“An apple a day keeps the doctor away(一日一個のリンゴは医者を遠ざける)”という英国の古い諺(ことわざ)が生まれた時代のりんごの面影を残しているりんごは、日本ではなかなか手に入らなくなりました。甘さが増したりんごは糖度が高く、1個のサイズもとても大きく、ためらいなく皮ごとまるごと頂けるりんごも少なく・・・。健やかに自然に委ねられ育ったりんごで、内側からリフレッシュ!歯ごたえのあるりんごを丸かじりする爽快感と、ひとり1個食べきる快感、そして酸味と甘みがバランスよく口内に広がる新鮮な味わいを、この紅玉りんごで満喫しませんか?

●お客様へ重要なお知らせ
ご承知のように、COVID-19リスクに対応する食料品や衛生品のまとめ買いや、催告のないテレビ放映などで、突然数千件の注文が押し寄せることもあります。弊社で販売する品の大半は、丁寧に心を込めて目と手で作られた希少性の高い作品です。そのため、「在庫あり」表示や「受注承認メール」配信後に入手不可能であることが判明する場合があります。この場合、ご用意できない品は弊社の判断にてキャンセル扱いとさせていただき、在庫が確保した品のみを可能なかぎり早くお送りしますので、ご理解をどうぞよろしくお願いいたします。

プレマシャンティ® からの贈り物
竹嶋有機農園の紅玉りんご

直送品のため、以下の点にご注意ください。

送料について
  • 送料サービス
    ※沖縄・離島への発送は行っておりません。
    ※九州地区の受注は2月末までになります(温度が上がると痛む可能性あるため。)
    ※その他の商品を同時にご注文の場合、弊社規定の送料をご負担いただきます。送料体系につきましては こちら>>
お届けについて
  • 速攻発送の対象外です(お届けまでに7〜10日ほどお時間を頂きます。)
  • 発送日:月曜日・火曜日(前週の水~木曜日の受付分)
    発送日:金曜日・土曜日(前週の金~火曜日の受付分)
    (発送は、祝日含む)
  • 常温での発送となります。
お支払い方法について
  • 代金引換便はご利用いただけません。
  • 請求書はコンビニ、郵便局、銀行振り込みでお支払いの方に限り、後日郵送にてお届けします。
サービス品について
  • ご購入金額に応じたプレゼント品はお付けできません。また、ギフト包装やお熨斗掛け、メッセージカードのサービスも対象外となりますのでご了承ください。
直送品

プレマシャンティ 竹嶋有機農園の紅玉リンゴ 1段(約4.5kg)

プレマシャンティからの贈り物
数量限定・秋冬限定(11月〜3月初旬受注分まで)

プレマシャンティ
竹嶋有機農園の紅玉リンゴ

1段(約4.5kg)

価格 7,251 円 (税込)

直送品となりますので、注意事項をよくご確認の上ご注文ください。
>> 注意事項

ただいま在庫切れです。申し訳ございません。入荷時期は未定です。

お気に入りに登録
品番
00101779
JAN
4573357400398
SB区分
R

紅玉りんご、丸かじり!

マメコバチなどの虫の力を借り、蜂とともに暮らす農園で、袋掛けをされずそだった紅玉りんごです。酸味と甘みのバランスがよく、果肉のしまったどこか懐かしい味わい。ひとりで丸かじりするにも丁度良い大きさです。リンゴの木が枯れてしまう病気(ふらん病)を防ぐために、りんごの花が咲く前に一度だけ石灰硫黄合剤を散布しますが、花が咲いてからは一切、農薬や化学肥料を使用せずに栽培しています。
※竹嶋農園では甘みを測定する「光センサー選果機」は導入しておりません。年により、樹により、実により、甘みや味わいが異なります。
※袋掛けをせず栽培していますので、果皮に小さなキズや斑点などがついている場合があります。

■原材料:紅玉りんご
■内容量:約4.5kg(18〜23玉/りんごの大きさにより玉数に変動あり)
■生産地:青森県南津軽郡
■賞味期間:7日

【ご注意】
※ご家庭では冷蔵庫(5〜8℃以下が目安)にて保存し、1週間を目安にお召し上がりください。
※保存場所が10℃以上になると傷みが早く進みます。

原料として含まれるもの

※アレルゲン表示ではありません。

直送品

プレマシャンティ 竹嶋有機農園の紅玉リンゴ 2段(約9kg)

プレマシャンティからの贈り物
数量限定・秋冬限定(11月〜3月初旬受注分まで)

プレマシャンティ
竹嶋有機農園の紅玉リンゴ

2段(約9kg)

価格 11,099 円 (税込)

直送品となりますので、注意事項をよくご確認の上ご注文ください。
>> 注意事項

ただいま在庫切れです。申し訳ございません。入荷時期は未定です。

お気に入りに登録
品番
00101780
JAN
4573357400404
SB区分
R

紅玉りんご、丸かじり!

マメコバチなどの虫の力を借り、蜂とともに暮らす農園で、袋掛けをされずそだった紅玉りんごです。酸味と甘みのバランスがよく、果肉のしまったどこか懐かしい味わい。ひとりで丸かじりするにも丁度良い大きさです。リンゴの木が枯れてしまう病気(ふらん病)を防ぐために、りんごの花が咲く前に一度だけ石灰硫黄合剤を散布しますが、花が咲いてからは一切、農薬や化学肥料を使用せずに栽培しています。
※竹嶋農園では甘みを測定する「光センサー選果機」は導入しておりません。年により、樹により、実により、甘みや味わいが異なります。
※袋掛けをせず栽培していますので、果皮に小さなキズや斑点などがついている場合があります。

■原材料:紅玉りんご
■内容量:約9kg(36玉〜46玉/りんごの大きさにより玉数に変動あり)
■生産地:青森県南津軽郡
■賞味期間:7日

【ご注意】
※ご家庭では冷蔵庫(5〜8℃以下が目安)にて保存し、1週間を目安にお召し上がりください。
※保存場所が10℃以上になると傷みが早く進みます。

原料として含まれるもの

※アレルゲン表示ではありません。