Alternative choice(オルタナティブチョイス)

もう一つの、あなたの持続可能性を見いだすために

第3の選択 ALTERNATIVE CHOICE

中川信男
プレマ株式会社
代表取締役 中川信男
中川信男

プレマの歩みは、お客様の進化・成長とともにありました。今までも、そしてこれからも。

ずっと変わらない、だからこそ変えていかなければならないなにかを、一緒に見いだしていくお手伝いができるように、できる限りのヒントを提供していきます。

Alternative Choice(オルタナティブチョイス)企画について

オルタナティブチョイスという考え方は、「あれかこれかではなく、もう一つの何か」中庸の精神から生まれた概念です。西欧人が東洋から一生懸命学び取ろうとしているのはまさにこの考え方そのものであり、私たちが複雑な世界を眺めるときに、もっとも必要としている視座でもあります。

私たちがこの仕事を通じてお届けしたいのは、たんに「あれよりもよいこれ」「悪くないそれ」ではありません。大切なことは、その情報や品があなたにとって真に必要なものであるか、ないかをお客様自身でみいだしていただくための十分な材料を提供することだと考えています。その結果が「いらない」ということですら、私たちにとっては大切なことです。

なぜなら、私たちは先に説明したような画一的な判断を促す情報を提供したいわけでも、また単一で平板な答えを求めている訳でもないからです。 ほんとうに必要なことは、その判断がお客様の進化・成長に寄与するかどうかであって、それが満たされない限りは私たちが行うことのすべてに意味を持たせることは難しくなります。

世の中には十分すぎる情報やものが溢れすぎています。その中から、私たちプレマ株式会社が感じていただきたい何か本質的で大切なことを、オルタナティブチョイスの提案の中から、自ら見いだしていただけると幸いです。

~ 私たちがお届けします ~

矢吹 山崎 上ヶ谷 松本 堂尻

会社では、それぞれ違った役割をもっている私たちが、普段の違いを乗り越えて”チーム・オルタナティブチョイス!”を編成。ずっとプレマで紹介してきた品の魅力を再発見するため、生産者さんから改めてお話しを聞き直し、わからないことを確認しながら「これだけ」「いまだけ」「あなただけ」の情報をコーディネートしています。

毎回大好評の本企画、オルタナティブ・チョイスの第十七章です。

会議中

「生産者さんの情熱がしっかり伝わってきました。」
「以前、買ってはみたけど、それは知らなかった。」
「え!?そんな効果があったの??」

こんなお声を聞くたびに、ただ”商品”として販売するのではなく、それぞれの生産者さんの思いと情熱が注ぎ込まれた”作品”として、私たちが捉え直す大切さを学ぶ日々。私たちと生産者さんがしっかりと手を取り合って、そこにお客様にも繋がっていただきたい。

これが、オルタナティブ・チョイスのほんとうの願いです。

オルタナティブチョイスでは、毎月1~2回
ピックアップしたアイテムのキャンペーンなどを開催いたします。

今月のChoice・・・11月29日(水)更新

ナビゲーターは矢吹です!
CHOICE32

創業74年。口の中で響き合うような

特別な味を目指して

Coteaux Nantais(コトー・ナンテ)

クリスマスやお歳暮など、大切な人を想いながら贈り物を選ぶ時間は幸せですよね。フランス最古のオーガニック果樹園である「コトーナンテ」のドリンクはそんな特別なシーンにもふさわしい一品。 美食の街で永く愛される味を、私たちが自信をもっておすすめします。

1943年創業「コトーナンテ」のはじまりとは?

1943年、CoteauxNantais(コトーナンテ)は、 ジャック・モローとルネ・デオルモーの2人により、2ヘクタールの小さなりんご果樹園としてはじまりました。 しかし、当時の農法では、りんご栽培には10日おきに薬品を含む化学処理を施さねばならず、ジャックもルネも心を痛めていました。

「このままではいけない」そんな強い思いを抱き、オーガニックの概念に魅せられた2人は試行錯誤をくり返し、ついに1970年、肥料や農薬を使わない有機栽培に切り替えます。 しかし、最初の年はなんと果実の80%が販売できないという、経営さえも脅かす大変厳しい状況に見舞われました。それでも、2人は決して諦めませんでした。

より自然に近い、バイオダイナミック農法へ

さらに試行錯誤をくり返すこと25年、1995年から、より自然に近い人智学者ルドルフ・シュタイナーによって提唱された農法であるバイオダイナミック農法(自然農法、循環農法の一種)へと転換し、さらに自然との関わりが深い果樹園と進化したのです。

コトーナンテはEUのオーガニック認証だけではなく、バイオダイナミック農法(シュタイナー農法)の有機栽培農家が参加する デメター認証を取得しています。

現在のコトーナンテ社長 Mr. Van Osselに聞いてみました!

オッセルさんは、コトー・ナンテの社長になる前は何をされていたのですか?

オッセル氏:仕事に熱中している完全なビジネスマンでした。が、身体を壊したことをきっかけに、仕事だけではなく新しい生き方を模索しはじめたのです。自分の身体のために、フランスの伝統的な健康法である・・・

私たちスタッフも、この美味しさに感動しています!

矢田香織のイチオシ

普段、いわゆる「自然派ワイン」と呼ばれるワインを好んで飲んでいるので、コトー ナンテの生産法に興味を持ち、友人とのクリスマスパーティ用にシードルを購入しました。
友人との集まりに持って行く手土産には気を遣うもの。パーティでは華やかなスパークリングワインで乾杯したいところですが、お酒が苦手な方もいますよね。
これならお酒が苦手な方でも飲みやすいし、食にこだわりがある方にも自信を持って勧められるし、お酒が好きな方にもちゃんと満足してもらえる味なので、いろんな方が集まる場への手土産として最高でした!
りんごの香りがとても爽やか。飲むとスッキリするので、食前酒にもピッタリだと思います。

\オルタナティブチョイスキャンペーン/

お味見特価(一部)&ギフトセットの特別企画

ギフトセットは特別包装+送料サービス!
さらに!お味見特価(一部)アイテムは最大42%OFF

期間:~12/25(月)まで

今月のChoice・・・11月29日(水)更新

ナビゲーターは上ヶ谷です!
CHOICE30

風邪をひいたら病院のお薬が当たり前?

天然物質で元気力アップ

「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きることはできない。ハチがいなくなると受粉ができなくなり、そして植物がなくなり、そして人間がいなくなる。」
アインシュタインが残したと言われるこの言葉をご存知でしょうか。 

「天然の抗生物質」propolis/プロポリス

プロポリスの語源はラテン語のpro(プロ=前、正面)と、ギリシャ語のpolis(ポリス=都市)に由来し、ミツバチの巣を都市に見立てて「敵の侵入を防ぐ城壁」を意味しています。蜂たちは、巣に持ち帰った蜜を加工して、巣を守るための壁を作ります。これがプロポリスです。抗酸化力、免疫力を高めるとして古くから重宝されてきました。

その他にも、抗アレルギー作用などが期待できヨーロッパやブラジル、海外では医薬品として認可されている国もあります。

お客様からの質問で一番多い「飲み方」

抗酸化力、免疫力をあげる以外にもたくさんの効果が期待できるプロポリスですが、独特の風味が苦手という方は多いかもしれません。 コップに入れて水で飲むのが一般的ですが、コップにヤニがついて困るというお声をたくさんいただきました。

マヌカ(マヌーカ)はちみつ

ニュージーランドでは、古くからマオリ族がマヌカの木の葉や樹皮から抽出したお茶やオイルを薬草としたり、ケガの治療に利用してきました。

「マヌカ」は、マオリ語で「復活の木」「癒やしの木」の意味。 マヌカはちみつは、高い抗菌作用(メチルグリオキサール)と抗酸化作用(シリング酸メチル)を併せ持っており、独自の指標であるUMFやNPAの数値により、抗菌力を数字で知ることができます。

NPAは、Non-Peroxide Activityの略称で、食品メチルグリオキサール(※)を意味する非過酸化水素のこと。数値が高いほど密度が高い、つまり抗菌力が高いことを示します。 マヌカハニーは、腸内の悪玉菌の繁殖を抑制したり殺菌するだけでなく、乳酸菌などの善玉菌の活動を活発化させる効果も期待できると言われています。

※食品メチルグリオキサールは、ピロリ菌をはじめ、大腸菌、黄色ブドウ球菌、O-157、ノロウィルスなど、さまざまな疾患の原因菌を効果的に殺菌できると言われています。

これ1つでもパワーがあるマクロヘルスのマヌカはちみつ

\オルタナティブチョイスキャンペーン/

正直、効果効能がありすぎてあまり多くを語れません。

プロポリスお買い上げで「ハチミツ1瓶(180g)」プレゼント+26%OFF!
さらに送料サービスも♪12/31(日)まで!
プレマのハチミツも企画限定20%OFFも同時開催

期間:~12/31(日)まで

オルタナティブチョイス バックナンバー