Alternative choice(オルタナティブチョイス)

もう一つの、あなたの持続可能性を見いだすために

第3の選択 ALTERNATIVE CHOICE

中川信男
プレマ株式会社
代表取締役 中川信男
中川信男

プレマの歩みは、お客様の進化・成長とともにありました。今までも、そしてこれからも。

ずっと変わらない、だからこそ変えていかなければならないなにかを、一緒に見いだしていくお手伝いができるように、できる限りのヒントを提供していきます。

Alternative Choice(オルタナティブチョイス)企画について

オルタナティブチョイスという考え方は、「あれかこれかではなく、もう一つの何か」中庸の精神から生まれた概念です。西欧人が東洋から一生懸命学び取ろうとしているのはまさにこの考え方そのものであり、私たちが複雑な世界を眺めるときに、もっとも必要としている視座でもあります。

私たちがこの仕事を通じてお届けしたいのは、たんに「あれよりもよいこれ」「悪くないそれ」ではありません。大切なことは、その情報や品があなたにとって真に必要なものであるか、ないかをお客様自身でみいだしていただくための十分な材料を提供することだと考えています。その結果が「いらない」ということですら、私たちにとっては大切なことです。

なぜなら、私たちは先に説明したような画一的な判断を促す情報を提供したいわけでも、また単一で平板な答えを求めている訳でもないからです。 ほんとうに必要なことは、その判断がお客様の進化・成長に寄与するかどうかであって、それが満たされない限りは私たちが行うことのすべてに意味を持たせることは難しくなります。

世の中には十分すぎる情報やものが溢れすぎています。その中から、私たちプレマ株式会社が感じていただきたい何か本質的で大切なことを、オルタナティブチョイスの提案の中から、自ら見いだしていただけると幸いです。

~ 私たちがお届けします ~

企画スタッフ:矢吹 山崎 上ヶ谷 松本 堂尻

会社では、それぞれ違った役割をもっている私たちが、普段の違いを乗り越えて”チーム・オルタナティブチョイス!”を編成。ずっとプレマで紹介してきた品の魅力を再発見するため、生産者さんから改めてお話しを聞き直し、わからないことを確認しながら「これだけ」「いまだけ」「あなただけ」の情報をコーディネートしています。毎回大好評の本企画、オルタナティブ・チョイスの第十章です。

会議中

「生産者さんの情熱がしっかり伝わってきました。」
「以前、買ってはみたけど、それは知らなかった。」
「え!?そんな効果があったの??」

こんなお声を聞くたびに、ただ”商品”として販売するのではなく、それぞれの生産者さんの思いと情熱が注ぎ込まれた”作品”として私たちが捉え直す大切さを学ぶ日々。私たちと生産者さんがしっかりと手を取り合って、そこにお客様にも繋がっていただきたい。

これが、オルタナティブ・チョイスのほんとうの願いです。

オルタナティブチョイスでは、毎月1~2回
ピックアップした商品のキャンペーンを開催いたします。

今月のChoice・・・9月1日(金)更新

ナビゲーターは堂尻です!
choice22

プレマ製品の中で最強の健康食品

元気無限の素 誕生のワケ

元気無限の素

「万人に良い健康食品というものは存在しない」
より深刻な状態にあると診断した方に
おすすめしてきた経験から生まれた

元気無限の素

「元気無限の素」誕生までと、その理由

プレマ株式会社
代表取締役 中川信男

プレマ株式会社のお客様にはさまざまな健康上の理由がある方が多くいらっしゃいます。

創業から数年は私の健康相談をベースに必要な品の選択や、食や養生法のアドバイスからヒーリングなどの具体的なお手伝いをしていましたが、これもなかなかままならない状態となってきました。
もちろん、社内にも専門スキルを備えているスタッフがおりますが、それぞれにそれぞれの役割があり、具体的なコンサルテーションを提供できる機会は決して多くはありません。

その一方で、万人によい健康食品というものは存在しないというのが私の基本的な見解です。

体質や食習慣、現在の状態などを吟味して選択すべきものもあることは事実です。そんなご相談の経緯と経験の中で、より深刻な状態にあると判断した方におすすめしてきたのが本品のベースになっている黒酵母由来のβ-1,3-1,6-グルカンを多く含む健康食品でした。驚くような出来事に歓喜したことも少なくありません。

健康食品はあくまで補助であり、基本は理想的な食生活

(世間で広く知られているようなカロリーやビタミンベースの栄養学ではなく、もっと深く精妙な世界も反映したさまざまな見地からの「理想的」なものを指しています)

これは「プレマとつきあう人の五箇条」でもはっきりと宣言しているとおりです。

だからこそ、補助でありつつも、それが欠けると困るような健康食品が必要となる段階で適切な選択をしていただけるように、多くのドラックストア系健康食品会社などが脈絡なく膨大なサプリメント等の品揃えをおこなったり、単品通販会社が「これで何でも治ります」と謳ったりするような広すぎる、または狭すぎるラインナップを避けて、都度しつこいくらいの吟味を重ねています。

やっと、納得のいく状態でこの黒酵母由来のβ-1,3-1,6-グルカン製品を提供できるようになりました。

元気無限の素 黒酵母菌

『元気無限の素』名前に込めたのは、あなたの無限の可能性を引き出すお手伝いがしたいし、できるような品であると確信しているからです。
ある種の人には飲みにくいβグルカン高含有品であるがゆえに、味の調整と組み合わせには難儀をしましたが、何らかのお役に立てるのではないかと期待しています。近代科学では証明できないような配慮も組み合わせています。そんなことはえせ科学だという話しになるわけですから、あえて科学的であるとは申し上げるつもりはありません。私は人間の創造力と想像力を信頼する立場にいます。

当然ながら身内や弊社のスタッフでも長年事業をやっておりますと、いろいろな状態で健康を損なうものがでてきます。

そんなときに合うと判断すれば優先順位高く進めてきたのが黒酵母由来のβ-1,3-1,6-グルカンを高濃度で、多めに摂ることです。スタッフや身内であるとはいえど無限の財布があるわけではありませんから、より安く、より効果的な組み合わせであることは外せません。当たり前のことですが、それは私にとっては大事なことなのです。弊社の名前で大量に作り、そして買い取ったうえで販売していますから、社員は他社から仕入れる他の品に比べ、安く買うことがしやすいのです。そこまで考えたうえで本品に取り組んだ、ということ、またそしてその理由をイメージして、ご理解いただけるでしょうか。

自社で思い切った投資をする背景には、こういう理由があります。

遠くの人に最善をもたらす前に、近いところからそれを成さねばならないのです。近くでできないことを、遠くでできるはずがありません。
適切な量や他との組み合わせは、ぜひ一度お問い合わせいただきたく思っています。

どうか、この品に出会ったあなたに無限の未来がありますように。

\\オルタナティブチョイス限定キャンペーン//
サンプルセットお試しプライス+送料無料!
さらに☆今だけ増量中!1箱ご購入で+5包プレゼント♪

今月のChoice・・・9月1日(金)更新

ナビゲーターは寺嶋です!
choice23

行き詰まりを感じて、

疲弊していませんか?

高周波×月のテンポで潜在能力を活性化ゼッテン116-AS

私たちは何かを達成するために、難しいステップをいくつも考えて、気づいたらやることだらけで疲弊してしまい、結局何をしたかったのかわからなくなってしまうことがよくあります。

しかし、何かを達成するためには、時間をかけて努力する必要があるというは、もしかすると幻想かもしれません。世の中には時間をかけずに成功する人もたくさんいます。

そういったスマートカット(賢い近道)をサポートするのが、ゼッテン116-ASが発信する高周波と月のテンポによる場づくりなのです。
もう行き詰まり感とはサヨナラしましょう。

潜在能力の活性化に必要なのは「場づくり」

私たちは視覚や嗅覚、聴覚、体感覚という繊細な感覚器を通して外の世界の情報を得ています。そして、感覚器を刺激する「場」の影響を常に受けていることも知っています。

だから、私たちはアイディアを出したいときや集中したいときにカフェに出かけたり、リラックスや気分転換するために自然の中に出かけたり、部屋でアロマを焚いたり、音楽を流したり、照明を暗くしたりしているのです。

私たちが心地良いと感じる場には、秘密があることがわかってきました。それを利用すれば、時間をかけずに能力を活性化するための特別な場づくりも可能になるのです。

心地の良い場の秘密は「高周波」

葉のこすれる音、小川のせせらぎ、波、小鳥のさえずり、イルカの鳴き声など……。自然のなかの心地よいと感じる場所には、心地よい音があります。

これらの音の中には高周波帯の周波数が含まれていることが分かっています。神社にある鈴や柏手、お能で使われる能管と呼ばれる楽器、また、古来神道の大切なご神事で使われる磐笛も高周波がでることが分かっています。

私たち現代人が作ったCDやポータブル音楽プレイヤーのデータなどは、不可聴域の高周波をカットして作られています。つまり、自然音を録音した癒しのCDなどには、癒しっぽい音が出ているだけで、人が本当に癒しを感じる高周波は含まれていないのです。

成功者や達人など自己実現している人はみんなテンポ116
ゼッテン開発者の片岡氏とプレマ株式会社代表取締役 中川信男

テンポ116は、ゼッテンの開発者であり作曲家の片岡伸介氏が、企業に依頼されて作曲した生産効率を高める音楽の創作活動中に見つけたテンポです。

熟練者やその道の達人と呼ばれる人たちは、独自のテンポを持っていることを発見。それがテンポ116だったのです。イチロー選手も、テンポ116でバットを振っていました。

行き詰るのは自然のリズムから離れているから?

私たちの生活は1分が60秒で成り立っています。これをテンポにすると「120」です。

このテンポで生活している私たちですが、私たちの体内時計が持つテンポは116。生活のテンポと体内のテンポにズレがあるのです。テンポ116は、テンポ120に比べると少しゆっくりとしたテンポです。

このテンポのズレが現実と能力のズレを生んでいるのではないかとという発想から生まれたのが、ゼッテン116-SAなのです。

次のChoiceは 9月15日(金) ごろの更新を予定しております。

オルタナティブチョイス バックナンバー